2 名前: ◆RwzBVKdQPM[saga] 投稿日:2013/09/02(月) 01:55:56.38 ID:WEynw0Uyo [2/3]

【須賀京太郎】

<アイドルランク>(ファン人数)
  • Fランクアイドル(0~1000)

<容姿> B(54) <雀力> F(10) <歌唱力> F(13) <演技力> D(30)

<特技>
  • タコス作り

<担当>
  • 清水谷竜華(プロデューサー)
  • 花田煌(マネージャー)
  • 弘世菫(麻雀コーチ) 
  • 瑞原はやり(トレーナー)

<アイドル経歴>
  • 雑誌特集&パンフレット


      |.  G |  F |  E | . D |. C | . B |. A | . S | SS |SSS
―――┼―――――――――――――――――――――――――
容姿  |lllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllll
雀力  |lllllllllll
歌唱力|lllllllllllll
演技力|llllllllllllllllllllllllllllll

<須賀京太郎のファン>

  • 宮永照
  • 宮永咲
  • 蒲原智美
  • 愛宕洋榎
  • 愛宕絹恵
  • 江口セーラ




再開までもう少々お待ちをー

32 名前: ◆RwzBVKdQPM[saga] 投稿日:2013/09/02(月) 21:47:14.02 ID:PJaD7AMro [1/15]

 遅れてすまない




 この世には目には見えない闇の雀士たちがいる



 奴らは時として牙を剥き君達を襲って来る(主に婚期を迫られて))



 彼はそんな奴らから君達を守るため地獄の底(清澄)からやって来た――


               __  /⌒ヽ
                 ⌒\ ∨   ヽ___
              _, ----`      ∨   `ヽ、
           /´               |     \
          / ____    /  l|     | :.     \
            ///    /   |     |l |  :       ヽ
              /  /   //  ,∧    / ,イ  l| :.  .  .
          / イ / // : l  |    ' / !  从 |  :   :.
         .'/  ' ' /-|-{ {  |  /}/  | / } }  |    .
         }'  / |Ⅵ { 从  '  ,     }/ /イ   }     .
           / イ | l{   { ∨/      '    }   ∧ :   :.
          ´  | {|从三三 /   三三三 /  /--、| ∧{
                {从 |     ,            ムイ r 、 }} /} \
               |                ノ ' }/イ/
                {               _,ノ
                   人       _,..::ァ       r }/
                     `     ゝ - '   イ   |/
                        `  ーr  ´  ___|_
                     ___|     |//////|
                   {|___ノ  __|[_]//∧_
                 /// |____|///////////> 、
                     ///// |   /////////////////> 、
               /////// { //////////////////////}
             //////////∨///////////////////////|


 正義のアイドル。なのかもしれない……?



竜華「まぁ、違うやろなぁ」

京太郎「しどいっ!?」



 ということで




<<番外編 百鬼夜行の作り方 Part1>>



美穂子「!!」ガタッ

華菜「部長じゃないし、座ってろだし」

貴子「池田ァァァァァ!!!」ドドドドッ!

華菜「理不尽だしぃぃぃぃ!!」チュドォォォン



 始まるお



37 名前: ◆RwzBVKdQPM[saga] 投稿日:2013/09/02(月) 22:02:56.10 ID:PJaD7AMro [2/15]


【某日 宮守女子】



エイスリン「ふんふっふ~ん♪」カキカキカキ

豊音「うわっ、エイスリンさんご機嫌だねー」

胡桃「エイちゃん、何かいい事あった?」

エイスリン「ふふふっ」ニコッ

白望「すっごい笑顔」ダルーン

豊音「どうしてそんなにご機嫌なのかな? 気になるよー!」ウズウズ

胡桃「(そういえば塞がいない……)」

エイスリン「コレミテ!」ニコニコ

豊音「おぉぉー!?」

胡桃「(まぁいいか)」ベツニ

白望「何ー?」

エイスリン「ゼ●シィ!」バッ




:::: ̄ ̄~γ´  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
::::::    │ . ─────────────.. ┌───────────┐  |
::::::    │..゙王王王王王王王王王王王王:.: : : :.│奥様1,000人が選ぶ―― . │....゙|
::::::    │========<  >===._ , 、.=<: : : :.│お勧め式場ランキング .....│==|
::::::    │        /| |...../ィ--∨  :.- 、...:.:..└───────────┘  |
::::::    │... ̄ ̄ ̄.|  |..__/  , ,:   } l \:.||.:.:. :|  |..-―━..、―-..| |  |. ̄ ̄...|
::::::    │      l ` ー-, | /{ { l  | |  、゙:.:. :|. ミヾV:\/\/\::\....   |
::::::    │      l..゙/_/  | / 从 :  ,-}/、 |l |...:.:. : / :::::::::∧::::\:::::::::::::ヽ: : : :...... |
::::::    │      l...../   从ィ愛Ⅵ /ィ愛ク}イ {...:.:.../:::::::::::::| \:::::\〉:l:|:ハ: : : :  |
::::::    │.       ` ̄´ { {rI    ,}'    .} }∧ //:::::l::: l:|   .\{≧┤::ハ: : : :  |
::::::    │      l .:| | 从∧       八{... |:|:::::l::ト、从  y'´_)心}〉::/:ハ: : : : |
::::::    │..____| .:| |  |.ヾ\ ` ´  イ-=彡八{:::::|∧y'心  .V炒...l//. ハ: : : : |
::::::    │        \| |/...イ\ヽ _/ノV/ / /\八ハ`Vリ     .:::.//_/ハ: : : :|
::::::    │...=======.......</ |   ゝ、 xく  /Ⅳ / /: : : ∧ .:: ' ___  ///::::::::ハ: : : |
::::::    │......王゙.<     i  :!ヾく_∨YYY/|. / /: : : /::::.、  Vノ //イ:::::::::::ノ/ ).゙|
::::::    │..゙ハ        |   Vミ辷rvノ :! |.}| / /: : : /:::::::介:.. _..:´/:ハ,::::::::::/ /:..゙|
::::::    │..゙| ∧        .|   ∨ i|| ノ,ノ ト/_/才~/:::::::/.r≧s升¬リ必'" ̄/ /丶.|
::::::    │..゙| ∧     _;!    ∧,イ     乂     /jヾリ厂`ヾ r-一 必  ./ / /..|
::::::    │..゙| .:∧__/   `ヽ ///ハ   〈  > "´   /       必 /`ヽ   |
::::::    │.゙ハ/   .:         \///〉   У * 、    /   . *´ ̄`*必′ `ー′/|
::::::    │..../   /        ,.   ヽУ`*/    *ヽ、,、/./*     *必、 j (_ノ |
::::::    │゙/   /       .′    ∨! ∧      *Ⅳ/*       / ノ乂  ー.゙|
::::::    │...  /       / _     ∨_ ヽ       ノ::ヘ       イ / У*へ*.....|
::::::    │.._..′      ,イ ノ    ノ 八  j` ー<   ` ー一 ´ と⌒Y ヘ. l   |
::::::    │   ;       / / /)...イ/㌢ト、  / ノ        (` く`j l.: :∧ l.  |
::::::    │......i      / イ__///゙/㌢ .:l  く_∠三二ニー..、  (`ヽ ヽ !.: :.:∧!   |
::::::    │  l     .′ ー=彡/k㌢    :l  |ヾ{チ汽f}ニ二:.:.:ヽ 人ヽj__У___:ヽ |
::::::    │. l     .′   ...ノソ      :l  |  戈爻小. `V У ー:′:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:゙|
::::::    │....l     ムー─┬′      l  |  |: l: :l: ∧  Ⅵ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: |
::::::    │.゙{  ̄`ヽ′   :.         l  l  | :l: :l: : ∧  V ̄二ニー:.:.、.:.:.:.:.: |
::::::__│._______ _____________________..|
::::::──へ────────────────────────────´


エイスリン「スガクン! スゴイカッコイイ!!」キラキラ

豊音「うわぁ! 女の人もちょー綺麗だよー!!!」ムフー!

白望「……」ニヘラ

胡桃「これは、いい……かも」ゴクッ




41 名前: ◆RwzBVKdQPM[saga] 投稿日:2013/09/02(月) 22:12:18.82 ID:PJaD7AMro [3/15]

豊音「結婚かぁ……ちょー羨ましいよー」

胡桃「うん……いいよね」

白望「(このモデル、なんか誰かに似てるような?)」ウーン

エイスリン「ケッコン! ブライダル!」カキカキカキ

豊音「憧れるけど、私に合うサイズのウェディングドレスあるのかなー?」スン

胡桃「トヨネには白無垢が似合いそう」ウンウン

白望「概ね同意」ウンウン

豊音「そ、そうかなぁ? に、似合わないと思うよー!」テレテレ

エイスリン「ふふっ」キュッキュッ

胡桃「……? さっきからエイちゃんは何書いてるの?」

エイスリン「……コレ!」バッ


 |   _)i(_   |     ||((`. _..  -‐……‐-  .._      |   _)i(_   |      ||((`ヾ`7'\__/ム'γ´))||
 | ((⌒Y⌒)) |     ||-ャ.゙´             `丶、 ト<j‐、丶ヽ_ . )) |      ||-ャ‐=ヤニT ̄Tニア=-ァ-||
 | ` )Ii( ´ |.     /                 、   \\ ' , l lニミ.、丶  |      ||━`.┯゛┷r.┷ '━t'━||
 |   《´.`》   |     ||__}{_ノ ゝ==,r=`ュ..\  `、 ヽ、薔ー<.j )}. |      ||__}{_ノ ゝ==,r=`ュ||
 |   `.゚´   |.... /,     i    i、       `、  `、 薇=ニ'らノ.....|      ||´ ̄) ̄7'  ,{{  /  .{{ ||
 |       |.....//   i  |    「\ \       ゙,   ゙, ;:ノvrkヘ',... |      ||_/ヽ,/ ̄ ̄}}_/.___{{_||
 |       |...:'/ ,   i   |j     `、-‐…‐-ミ.゙.   Wハ ‐'彡ト、.|      ||`ヽ_,/  /`7' ̄}{ ̄.||
 |         / ,′,′ i   圦    、 ゙;:、   iハ :   【_Vハ',',.',`ー、.、.       ||  ,/l|_/  ,/(  .lL___||
 |       |..´ ;      /\   \ }iハハj止_ハ;   Г)、}|,.',',、ヾ、` 、..    || ,/ l|⌒ヽ__/ \_l|、 . ||
 |.     /   :;  ; i  ij jⅩ   `  ‐-- ,㌢゙⌒¨ ,′  Г  \ト'、` ', _,. >    ||/_.l|   | ,/   /l|`ヽ||
 |      {{   ; iiⅱ jⅣ     __    ″    /   ;     \、ヽ<`´、..   ||⌒ l|__i,/\/ lレィ'||
 |.      \   !iⅱi{ {い.:\  ,㌢⌒         /    ,゙    ;:.. `、     ',...  ||   l| .,/   j.  ,l|  j||
 |        ,‘リ从W辷} }::} #             .゙     /     ;゙;::. ゙,       ',.... ||、/l| ,/i_ノ ̄ ̄ト.=''.||
 |          /    .》'´ ノ人__        _,ノ  ;     / ,!  }ii ; }}  }       ', . ||_i!___ll/__!__ゝ_/'__.||
 |.         /     ,´ ,   厂}込、       .:;  .::/ ,;゙| ,ハj   /,       ', `  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ´
 |       /..   ,゙ /   .::/. :√ ` ._;ァ=‐‐ ´゙ :;  .;゙_jWル1 },゙ / ‘,         ',        _ ___      _ ___
 |.      /  ./  ; .゙i; .:::/{ : :{い- ‐‐、j     ,。:.  :{ }トミ」|__/イ}、   .',          ',       l「 l「 ̄ l     l「 l「 ̄ l
 |      /  {ノ ;; ii ;::::;゙{_V゛  '' "¨ ゚.o。。o ゚,.'リ   ゙、]       .',.   ',          ',....   || :|l  :l     || :|l  :|
 |__., '    i ‘i八{::i{'ヤ        ̄` § '"      、     _.ry!   ',          、.. }三.'_|l  :l.    }三.'_|l  :|
_r三三/   /.U ! \i                  .ト、nv、 r、゙、',i,'l    ',        ',_.||  __  |__.||  __  |
_,.. ''"     , '     /   「▽マノ                  .ii i//i⊂=>o<!.   .',  ,‘, ,.,.,!,.,.,.,.,.,.,!,.,.,!,.,.,.,.,!,.,.,!,.,.,.,.,.,.,!,.,.,!,.,.,.,.,!,.,.,!,.,.,
        , '     / i   l.V/※*v   ,r'    v******i゚、ヽ .;、、/.|゙、!    ',   ‘, ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
      /    / .l   ,/彡 ^^※※※※※※^^_∠- il゙、ゝ' `"^^'i  i    ',   ',
     /    /  l   /ヽ >‐'⌒ _   ,、 ,r'^) ,://,.、) i,         i  i   ゙、  ',
.    /     ./.   l  ,'-/・ ,.-、' r 、)-、`.゙、  .l ゙、 {、¨ノ ).',      i  i     ‘, .i. _______________
... , '    ./     l  i ゛'_,.ゝ、,ノ  _ノ   .,、,r`-、`ーニΞ-イ ',       i   i     ‘, i...~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
. , '     /     l   ', i ,r',、ヽ)ヽ・.。', f f´=)ヽ ', (r'o',r-、.',.       i.  i     ‘, .i
.'              l   ゙、 ゝ¨イノノf´`).丶ゝ.ト@ノノイ゚゚_,..' ・ °',      i.  i       ', i
.             l    \ミ彡' ヽ  .,``ゝー_'ノ‐' ,、    ノ  ハ       i  i       ', i
           l     .l ヽノ-‐' `ー' ;.  ¨( ゝ>` イ`ー.'"ゝ. ,' ',      i  i
.    /       l      .i.  ゙、             ノ      .,'   i,..-   l.  i
   /             /     ゙、                   i  , '      ,'.  i
.  /              /       i',                    〉 /      ./....i_
、 /            .,.'      ,' i              _ム      ./        ; 7- ._
 })           , '        /.'/i       _,..    .,r'        ,'     , 、ノ_   7‐-
44 名前: ◆RwzBVKdQPM[saga] 投稿日:2013/09/02(月) 22:14:28.30 ID:PJaD7AMro [4/15]

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
         ̄ ̄          .  ̄ ̄          ,,..-''"  ,,  |  |  |  |-''" ,,..-''"
______________.. /           、\ ,..-''".|| |  |  |  |-''"...||    ||
                  __  / /  /         ヽ ',..゙''"|| |  |..._. |  ||   ||    ||
__________ ||(l||l)|.゙/ ′/ /     ヽ  ヽ  .: -| || |  |// rf_f_l   ||    ||
              ||.└─ ,/|  , /| ′l|   | |  | | |  _人_.|... //....|| |.||   ||    ||
              ||.    ,: |i  l\ | | l|   | / | | |  `V´.|. //......||_|.||   ||    ||
              ||    l| ハ  | | ト   l|\イ ハ /| |//.. | || |  ´.   |..゙_ |   ||    ||
              ||.   /|{/ // /芹ミ八{ ィf笊ハヽi 〈/ |.   || |  |  |f_l_| /l . ||    ||
          _ ...... ||.    j 〈/ィ ト弋ツ    弋)ツノィ l|l|.  || |  |  |   //. ||    ||
______[l_l]___||.   / /{|ハ ,,   ,   ,,  /} | ;...... || |  |  |  レ..... ||    ||
___________]  : / | l| 人   、  ,   /,  //.   || |  |  |  ||__..||__..||
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|          /{  | |ト  { >  _ _ イ、/ // ___       fヽr─ 、
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ .「  ____..゙八 八_>ー/┏━━━━━[____]━━━┷//⌒ヽ
        |  L   __..゙人 `丶}}   /_ ┃| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄.(/⌒ ヽ
        |__..|| ̄[     ]....⌒ヽ\   f⌒ヽ                     (_/┃ ノ
        |   || ̄ || ̄ ̄||....../     f⌒ヽノ  ゼクシィを見て描いた花嫁姿  . |┃
             -――-.. ̄ . {      f⌒ヽノ       (上AA)            |┃  ̄ ̄ ̄""'''--....,,,,
━━━━━../::::::::::::::::::::::::::::::\━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
.      /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\             ,         _               -...==
..     /:::/:::::::/:::::::::::::::::\:::::::::::::::               〃-‐‐-----‐'/´.           :´:::::::::::::::::::::::::::`::...、
...    /:::/:::::::/i ::::::l\:::::::: |::::::::::::::::.          ,, - ''       ー '、.        /::::::::::::::/!::::::::::::::::::::::::::::ヽ
....   /:::::i:::::::/八::::::|  \::::|:::::::::::::::::|        ´             ヽ\     /:::::/:::/::::, !:::::,:::::::::::::::::::::::::∨
    {::::/|::::::i (_) \i (_) r‐、::::::::::::::|       /   /    |    |  ヽ \.   '::::::ト:::l!:::::l |:/ l:斗ヤl:::::::::::::.,
.   八/ :|:::(圦////\///}  }::::::::::::::\..  /   ,/     /|   l    _<.  |:::::从:::ミ:::! !/´ |/ |/l::}::::::::::::::!
.       |::/\\___ .ィ_ノ::::::::::::::::::::\ィ    /  十/┤  十ト l  ハ.   l::::::/んム`  /んムY/ノ:::::::::::l
.        :/: : ::У/l_∧_/: : :〉-- 、:::::`ト ::::  ̄|   {   示芸 \ |示芸!   }...  l::|:::l 辷:ソ    辷ソ l::::::;':::::::::!
     //: : :::/´ ノ/ |: : : ::{: : : ::|:::::: i  \:::.j   Y\|廴 リ    廴リ,!リ ノ   l::|:::| ,,      ,,   l:::::,::::::::::,
    //: : :::∧i/\/} : : : i: : : ::|:::::: |    /    廴          | }    i::!::ゝ   \/ u  .l::::,'::::::::/
... //: : : :/: : | ,/: : |: : : ::| : : : |:::::::::\   {/ヽ|\、, > ___ _-__,  イN/     |::|::_>  __  ィ:::/::::'_::;;/
.彡/ : : : : /\: !〈 : : : /|: : : ::∨: :|::::::::::: \       /  〉 | 〉、 ".          |/    ,-|   _,,! //´
.゙/: : : : : :::/: : : \:〉 ̄: ::|: : : : ::∨ リ::::::::::::::::::::\   /`ヽ::ヽ〈 V/l::ハ         >イ 〉 <´ .〉、_
_∨: : : : : {: : : : : : \: : : |: : : : : ::∨:::::::::::::::::::::::::::\....,'   |:::::ヽ「」/::::::ヽ,     x>´///! /Y ', /////ヽ、


豊音「ううぅっ……// ちょー似合ってるよー!」モジモジ

胡桃「(一部分がすごく割増されてるよーな)」アセダラダラ

白望「……」ジーッ



エイスリン「オヨメサン!」ドヤッ

52 名前: ◆RwzBVKdQPM[saga] 投稿日:2013/09/02(月) 22:26:37.96 ID:PJaD7AMro [5/15]

胡桃「ま、まだお嫁さんには早いっ!」

エイスリン「???」

豊音「そうだよー! 結婚しちゃイヤだよー!!」

白望「(やっぱりこの男の人、見覚えがある)」マジマジ

胡桃「とにかく結婚ダメ! ゼッタイ!!」

エイスリン「……?」

豊音「そういえば、このモデルの人須賀君だねー」マジマジ

胡桃「……」ジィーッ

豊音「?」

白望「胡桃?」

胡桃「な、なんでも!」アセアセ

エイスリン「???」


 ガラガラ


トシ「あら、勝手に人の雑誌を読んじゃダメじゃない」

豊音「熊倉先生!」

トシ「ほら、練習を始めるよ」

一同「「「はーい!」」」


胡桃「……」ジーッ

ゼ●シィ「」






【一時間後 本屋さん】


 ウィーン ラッシャセー!

胡桃「……」テクテク

ゼ●シィ「」

胡桃「……」ガシッ

 テクテク

胡桃「これください」

店員「ありやーす」


 ウィーン アザッシター


胡桃「……」バリバリ

ゼ●シィ「」バーン


胡桃「……」



53 名前: ◆RwzBVKdQPM[saga] 投稿日:2013/09/02(月) 22:29:21.44 ID:PJaD7AMro [6/15]


胡桃「須賀京太郎……」

           ____
      .....:::´::::::::::::::::::::::::::`:::::...<
     /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..`、
    /::::::::::::::::::::::::::∧:::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
    /::::::::::::::::::::::::::/  ,::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',.
   ':::::::::::、::::::/:::::::l  .!::∧:::::::::::::::::::::::::::::::}
  l::::::::::::::!ヽ`ト∧!  }/ 斗::::/!:::::::::::::::::::| ふふっ、充電充電……
  l::::::::::::::!z==ミ    x==ミ !:::::::::::::::::::!
  l::::::::::::〃んi刈    ん刈 》::::::::::::::::::::'
  l::::::::::|::| Vzソ      Vzり  |::::,':::::::::::/
   、::::::!/ ///      ////.:::::':::::::::::'
    从| > _   \/    ィ::/::::::/
     |/   =- ----  '" |/--'"
         {: : : : : : :_:}
        /"''ー―― '' " ∧
         / | <i=|=|=i>  / ∨
     .  /\.!   1 |   ,   |
       /   ! <i=|=|=i>  !   !

 テクテク


塞「胡桃?」

胡桃「あっ」

            __
           /i:i:i:i:i:i:\   ____
.          /i:i:i:i:i:i:i;斗ヤ:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:..
        {:i:i:i:i:〆i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:.
           ゞ〆i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:.
.           〃i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:.
        /:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:.
         /i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:从:i:i:i:i:i:i:i:i从:i:i:i:i:i:i:i:i:.
          |i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i| ̄ ̄   ̄ ̄ ̄   ̄ ̄|i:i:i|
          |i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i| ―‐-- 、    , --― |i:i:i|
          |i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:ix≦芸ミx     x≦芸ミ|i:i:i|
          |i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:爪 {   d     {  d 川i:i|
          |i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:iゝ乂__,ノ      乂__ノ |i:i:i:|
          |i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:|          ヽ     |i:i:i:|
          |i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:| し             イi:i:i:|
          |i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:>    ⊂⊃    <:::|i:i:i:|
        \/\|\|\|    > - <:::::/i/ |/l/|
          γ´  ̄ ミY´     `寸::ム/i/
           ,′     ゙x,,,,__________,,,i  `ヽ
.        ,′        ゙x,____i    ゚:,
          ,'      i     ゙x;::::::::::::::!      ゚:,
.         i       i     ゙x;::::::::;′   、  ゚:,
        i       i:.        ゙x;;/       ゙;.  ヽ
.       i      i:::..                  i::.  ヽ
.        !      i:::::::...              i::::..   ヽ

塞「どうしたの? 道の真ん中でゼ●シィなんで抱きしめて」コンワク

胡桃「」

塞「ちょ、どうしたの!? 胡桃!? 胡桃!?」ユサユサ

胡桃「」






鹿倉胡桃がファンになりました!!



65 名前: ◆RwzBVKdQPM[saga] 投稿日:2013/09/02(月) 22:38:20.80 ID:PJaD7AMro [7/15]

           ヽ.:.:.:.:ヽ  _,,_
\         _,,,,'i.:.:.:.:.:.:',彡=,,-_-  _      
.:.:.:ヽ     _,,-'''´  ,!.:.:.:.:.:.:i三ミ:-_7'iミニ、
、.:.:.:.:'i   /.:.:.:.:.:.:彡:ノ.:.:.:.:.::ノ≡ニ〈/.:.:iミミ、:`゙-、
..'!.:.:.:.:i, /.:.:.:.:.:.:_,, ,ノ.:.:.:.:.:::ノニニ/,;.:.:iミニミ、`:.:. ゙_
 i.:.:.:.:ヽ_I.:.:.:/.:.:.:_.:.:.:.:.:.:.:::.:i、、;:/.,::;:.:.:.:iニニミ-丶:゙`.    ※京ちゃんです
 ',.:.:.:.:.:.:,.!,/.:.:/,ッ:-::......:::::::_:::::´.::.:::.:.:_i三;;ニニ、ミ、.._
  \.:.:..::: イ/.:.:.:.:.:.:.:.:::::/.:::_>``
    '、/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:_ :::::)_,'=-
    /.:.:.:.:.:i-フ,⌒ヾ.:.::/,:
    i,-="ッ^ト、 ヽ'::'i`´/´     i|
    '´-、ヾ゙>-:ヽ,i::::'i;/リ  :i_|!i,,, ,i,,,,
       ヽ-゙- ゙i ::::::i ::i/i.,::ヤセャァ、i-''モエi !,::i´'i
        i、ヾ!;;;;;;ノノ::::.:.:ヾ゙',.'i  .i      !'_ ノ
        (_:-''''.:.:.:'´/.:_/.:iヽi '、.     .ノ'´ノ
        r´.:.:.:.:_,,.:-::''::´::.:.:.i i ゝ、'''ニ'''  / i'
        ヽ--'´''`´`i::: .:., - ´ ̄ヽ_,/   !ヽ
        /`''''- ,,,,../,,-つ ,/   _,,,,,/
    r<''-''´ /,'   '´ ̄/::::i /_rニッi ̄
,、,,ッ,''-,_,、,、_,、/ /   / ̄`''ヽ''´:::::::::::i     /


地獄アイドル
      タ~ロ~

 この夏、劇場版公開!!!






【一方その頃】



和「こ、これは!!」

ゼ●シィ「」



和「あ、あわわわ!!?」



淡「呼んだ?」ヒョコッ

和「呼んでません!!」





【のどっちハッピーエンド? の巻】





70 名前: ◆RwzBVKdQPM[saga] 投稿日:2013/09/02(月) 22:46:57.38 ID:PJaD7AMro [8/15]

和「これは、どういうことでしょう?」ポーッ

 私……確か東京行きの新幹線に乗っていた筈なのに
 どうして?



【京太郎のアパート 台所】



和「どうしてお料理してるんでしょうか?」トントントン

 しかもここは確か、須賀君の部屋。
 私……一体?


 ガチャッ

和「?」

京太郎「ただいまー」フー

和「須賀君……?」キョトン

京太郎「ん? どうしたんだ和。須賀君、だなんて」ハハハ

和「え?」

京太郎「いつもみたいに、アナタって呼んでくれないのか?」

和「ふぇ?」

京太郎「意地悪のつもりなら、やめてくれよ」チュッ


           ,∠、  /            ヽ
            /   |: :/                  \へ
     / ̄¨ヽイ     |:/ / / /||:! ! | !         .|
     !:   〈〈:     /:{: ': ,': ':::|::|: l::l: l::l  ,ィ: ! l    ,!
     ∨   ノ¨ト==イ: :! l斗十ナナノ.:|: /::l. /十ト、l:     i〉
      ¨フ´/ !: : : :! 、トト、!ィチ^:丁:::}/ :::}'::::::!ノ :: !: l   リ
.     /: 〃 |: : : :|ミソ :::〈 l{::::::::| :::::::::::::::rf示、 ノ ノ/ /
     レイ ト、_|: : : :l ヽ  弋:zソ       !::::}l }イノイヽ
     |.: : :|: : : : .: |     ::::::::      ,  辷リ !:. :. :.:ト、 \
     |.: : :|: : : : .: ト、            :::::: |: : : : | ⌒
     / : : :|: : .: .:  lミ、Y       ‐ -    ノ: : :. :.|
.    /, : : : |: : .: .:  l   !  ヽ           イ|: : !:.|
   //   : :|: : : :  :ハ  |   `  . _ x<: : |: :!: : :|:. :!
.  //  . :/!: : : :   ∧. !       |  |: : : :.|: :!: :. :.、|
  //   . ::/∧: : .:   ∧`ヽ.      l ヽl、:: : |: :l : : : : ト
. //  . ::/厶 ヘ.:     ∧  \   `ヽ.  ヽl : l : : : : | ヽ
//   , <   \      \  \    ∨  `|: :. :. :.|  
和「」

京太郎「それにお前ももう【須賀】なんだからさ」ハハハ

和「////」ドキドキドキドキドキ


 ああ、分かりました。
 理解しました。










 私は今日、死にます(京太郎だけに)

和「やりましたぁぁぁぁぁ!!!」ガッツポーズ

京太郎「和!?」ビクッ


82 名前: ◆RwzBVKdQPM[saga] 投稿日:2013/09/02(月) 22:55:33.42 ID:PJaD7AMro [9/15]


【十分後】


京太郎「うん、おいしいよ和」

和「い、いえ! これくらい……//」モジモジ

京太郎「いいお嫁さん貰ったよ、俺も」モグモグ

和「……」

 なぜか私は今……須賀君のお嫁さんということになっています。
 目の前の須賀君から聞き出した情報によると、結婚して二年目……
 どおりで須賀君が大人っぽくなっているわけですね

京太郎「和?」

和「あ、いえ! 私も素敵な旦那様がいて幸せです!」ニコッ

京太郎「そうか? 俺なんかよりもっといい男がいたんじゃないか?」

和「そんなオカルトありえません!!!」バンッ

京太郎「!?」

和「あっ」


 しまった、つい……


京太郎「ぷっ! あはははっ!」

和「え?」

京太郎「久しぶりに聞いたな、和のその口癖」クスクス

和「あぅ……//」カァッ

京太郎「覚えてるか? 俺が最初にお前に告白した日のこと」

和「告白?」

京太郎「ほら、結婚しようって言った日だよ」

和「……」コクリ

京太郎「おまえってば、いきなりSOA!! って怒鳴って逃げただろ?」アハハハ

和「(わ、私は何を……!!)」ドキドキ

京太郎「あれは確実にフラれたと思ったなぁ」シミジミ

和「……は、恥ずかしかったんです!」マッカッカ

京太郎「そうだな、和はいつも恥ずかしがり屋だ」クスクス

和「?」

京太郎「初夜の日なんて、最初はクローゼットに逃げ込んで――」アハハハh

和「も、もう!!」


 ああ、どうしてですか?
 どうして私――こんなに幸せなんでしょうか?




93 名前: ◆RwzBVKdQPM[saga] 投稿日:2013/09/02(月) 23:07:43.91 ID:PJaD7AMro [10/15]
和「もう、知りません」プイッ

京太郎「おいおい、怒るなよ?」

和「別に……怒ってません」ツン

京太郎「……」フー

 ギュッ   アスナロダキ

和「え?」ドキドキ

京太郎「ゴメンな和。からかいすぎたよな」

和「あ、えと……」ドクンドクンドクン

京太郎「和、俺……本当は怖いんだ」

和「怖い?」

京太郎「和と結婚して、アイドルとしても成功して……俺は今最高に幸せだ」

和「……」

京太郎「だからこそ、ふいに思うんだ」

和「思う?」

京太郎「これが全て夢なんじゃないかって。目覚めれば……なにも無かった頃の俺に戻るんじゃないかって」

和「!!」ドキッ

京太郎「もし、これが夢なら……俺は」ギュゥゥ

和「それは……私も同じです」ブルブル

京太郎「え?」

和「私も、これが夢なんじゃないかって怖いんです」ギュッ

京太郎「和?」

和「こんなに幸せなのに、こんなにも嬉しいのに……これが夢のように思えて仕方ないんです」ブルブル

京太郎「……」

和「……須賀君」

京太郎「なんだ? またその遊びか?」

和「……キス、してください」

京太郎「え?」

和「目覚めのキスです。これが夢なら、それで覚めると思うんです」

京太郎「……いいのかよ? もしそうなら、これで目覚めちまうかもしれねぇ」

和「……いいんです」

京太郎「どうしてだ?」

和「……だって、夢は夢ですから」ニコッ

京太郎「和……俺、本気でお前のこと」ギュッ

和「……その言葉、大事に取っておいてくださいね」スッ


 二年後の……私の為に




   チュッ






104 名前: ◆RwzBVKdQPM[saga] 投稿日:2013/09/02(月) 23:18:39.82 ID:PJaD7AMro [11/15]

【東京】

 シュウテン シュウテンデス

和「……」ハッ

駅員「終点ですよお客さん」

和「……やっぱり、夢だったんですね」

駅員「え?」

和「……」



【数分後 本屋】


和「こ、これは!!」

ゼ●シィ「」

和「あ、あわわわ!!?」

淡「呼んだ?」ヒョコッ

和「呼んでません!!」



105 名前: ◆RwzBVKdQPM[saga] 投稿日:2013/09/02(月) 23:19:37.21 ID:PJaD7AMro [12/15]
【京太郎のアパート近く】

淡「ふーん、そんな夢みたんだ」

和「はい……」テクテク

淡「ねー、どうして目覚めようと思ったの?」

和「え?」

淡「どーせ夢なんだから、もっと楽しめばよかったじゃん」

和「……」

淡「もうこんなチャンス、二度と来ないかもしれ――」

和「来ます」キッパリ

淡「え?」

和「来なければ、私が行きます」

淡「???」

和「そういうものじゃないんですか恋愛って?」フフッ

淡「……」ムスッ

 ピンポーン  ガチャッ

京太郎「よう、和。それに淡」

淡「私をおまけ扱いするなー!」プンプン

京太郎「いや、本当におまけだろ」

淡「ぐぬぬぬぬ」

和「お邪魔しますね、須賀君」スッ

京太郎「ん? どうしたんだ和。須賀君、だなんて」

和「え?」ドクンッ

京太郎「あっ……あれ? 俺、寝ぼけてんのか?」キョトン

和「……」ドクンッドクンッ

京太郎「さっき変な夢見たからだな、ははっ。悪いのど――」

和「!!」バッ

 ダキッ!

京太郎「うわっ?!」

淡「!?」

和「……」ギュゥゥゥ

京太郎「和……?」

和「絶対、叶えてみせますから!」ウルウル


 夢の中の私がどんなに幸せでも……関係ありません
 目の前にこの人がいるだけで、私は幸せなんです

 だから、何があってもどんな辛い道のりでも


和「今度は逃げませんよ? 告白からも、初夜からも」クスッ


 私は前に進んで行けるんです




 カンッ!   

123 名前: ◆RwzBVKdQPM[saga] 投稿日:2013/09/02(月) 23:32:18.86 ID:PJaD7AMro [13/15]
<<前回までのあらすじ>>

 新たなモデルの仕事もこなし、順調にファンを増やす京太郎
 そんな彼の前に現れたのは、長野に置いて来た筈の竹井久だった!!

 彼女の目的とは? そして……清澄で一体何が起こったのか!?





京太郎「ぶ、部長?」

久「久しぶりね、須賀君」ニコニコ

京太郎「……あ、あの?」

久「何かしら?」ニコニコ

京太郎「もしかして怒ってます?」

              ,....::‐─:::-..,
          ,.ィ"::::::::::::..........:::::`.、
           〃::::::::::,ィ‐,=‐,::::::::::::::::ヽ
       //:::::::://  /リヽリ::::::::::::',
       / ./:::::' ⌒`   ‐‐-、.|:........  ,
       ! 〃:,ィ゙ ____     __  .!::::::::::::::|
.   nn  ,゙::/::!'" ̄`   x==、レ:::::::::::,'
  .Yi.| | |   { ::::::! ""  '   "" /:::::::::::/
  |.i.| | | /} ', ::八  t ‐__ァ  ./:::::::://
.  !  , !'./ ヽ::::|\.  rf^ト、_, {:::::: //
  {  /  !   /:ノ:::|:|:i' |.! .!〉'/:|/:::::}:{_
  〉___./ ,ィ/ィ{::::/ィリ. } ' . }/:::::::ソヽリ
. .{ー─‐‐レ"|::ト从/::|__/  /゙/:,/:.:.:.:.>、
 /ー──' Y∨ヽ,.:.:.:|-{  ,ィ゙、:{/:.:.:.:.// ヽ
久「ええ。もしかしなくても怒ってるわ」ニコニコ

京太郎「……」アセダラダラ

久「ふふっ」ニコニコ

京太郎「……じゃあ、俺はこれで」

久「ちょーっと待った!!」ガシッ

京太郎「ひぃぃぃぃ?! 勘弁してくださぁぁぁい!!」

久「話を聞いて、須賀君!」

京太郎「俺は悪くねぇ! だってA先生が言ったから!」

久「だぁかぁらぁ! 聞きなさいってば!」

京太郎「うわぁぁぁぁ! 命だけはぁぁぁ!!」




久「話を、聞いてよ……」ギュッ

京太郎「え?」

久「……お願いだから」ウツムキ

京太郎「部長……?」

久「……」





【ドキドキッ! 久さんたまんねぇぇぇぇ!! の巻】







133 名前: ◆RwzBVKdQPM[saga] 投稿日:2013/09/02(月) 23:39:51.19 ID:PJaD7AMro [14/15]


【芸能事務所アクセル1 会議室】


京太郎「これ、お茶です」コトッ

久「ありがとう須賀君。もう、麻雀部でもないのにね」

京太郎「例え部長が引退しても、俺が清澄を辞めても……部長は部長ですから」ニコッ

久「……どうして、そんな言葉が言えるのかしら?」

京太郎「へ?」

久「回りくどいのは好きじゃないから……単刀直入に言うわ」

京太郎「……なんですか?」

久「……ごめんなさい」ペコリ

京太郎「え?」

久「私……自分の夢のことばかり考えて、貴方のこと……何も考えていなかったわ」

京太郎「え、ちょ? え?」オドオド

久「部長なのにね……ほんと、我ながらイヤになるわ」ブルブル

京太郎「ちょっと待ってください! 一体なんの話で――!」

久「知ってるのよ。須賀君が清澄を辞めた理由」

京太郎「え?」ドクンッ


 今、部長なんて……言ったんだ?


久「……全部、知ってるの」

京太郎「!!」ドクンッ

久「もう、ずっと前からね」






ロッカー「(まだ慌てるような時間じゃない)」ドキドキドキ




147 名前: ◆RwzBVKdQPM[saga] 投稿日:2013/09/02(月) 23:51:09.27 ID:PJaD7AMro [15/15]


久「須賀君が教師達の間で疎まれていたことは知っていたし、あの旅行のことだって……気づいていたの」

京太郎「そう、ですか……」

久「幻滅した?」

京太郎「いえ、別にそんなことは」

久「……だけど、それが私だったの。自分のことだけ考えて……須賀君に負担をかけることに何も感じなかった」


 むしろ、心地よかったくらい―― そう、部長は続けた


京太郎「……」

久「でもね……須賀君がいなくなって気づいたの」

京太郎「え?」

久「念願の全国制覇も、それで得た大学への推薦も……」




 コンマ安価↓3 ゾロ目で大成功


00~19 久「スガクンモスベテ、ワタシノモノニシナキャ……」ニゴッ

20~79 久「私一人の力じゃないんだ……って」トオイメ

80~99 久「須賀君がいないと、ダメなのよ」ポロポロッ




172 名前: ◆RwzBVKdQPM[saga] 投稿日:2013/09/03(火) 00:00:06.56 ID:/X5uvURDo [1/20]
168
 ほのぼの注意(大好物)



久「私一人の力じゃないんだ……って」

京太郎「それは……」

久「ううん。そもそも須賀君がいなきゃ、麻雀部だって存続していなかったわ」

京太郎「……」

久「咲だって部に入ることは無かった。全部――須賀君がいて、始まったことなの」

京太郎「そんなこと……」

久「ねぇ、覚えてるかしら? 麻雀部に入った日の事」 

京太郎「え?」

久「今思えば、あれが転機だったのかしらね」

京太郎「……」




【一年以上前 食堂】


 ガヤガヤ

久「はぁー、誰かいい子いないかしらねー」グテーン

まこ「何言うとるんじゃ。自分でクビにしておいて」ハァ

久「当たり前でしょ? 入部希望者の大半が原村さん目当てなんだから」



ムサイ男軍団「「「「「ぐぬぬぬぬ」」」」」



まこ「じゃがどうする? 最低五人はおらんと廃部にするって、言うとるんじゃろ?」

久「ああ、あの教師Aね。麻雀なんて無駄なことはやめて、受験勉強しろってうるさいのよ」ハァ

まこ「とりあえず頭数だけでも揃えればええ」

久「イヤよ。折角一緒に夢を追うなら、それ相応の仲間が欲しいじゃない」ニッ

まこ「わがままじゃのう」ハァ

久「いいじゃない、これくらいのわがままなら」フフフ

179 名前: ◆RwzBVKdQPM[saga] 投稿日:2013/09/03(火) 00:08:47.78 ID:/X5uvURDo [2/20]

久「ま、まだ期限はあるんだし。のんびり構えましょ?」

まこ「後でどうなっても知らん」

久「なんとかなるわよ」アハハ


 ガタッ


京太郎「ふー、腹減ったぁ」

嫁助「珍しいな、お前が俺を誘うなんて」

京太郎「仕方ねーだろ? 今日は咲が風邪で休みなんだよ」

嫁助「嫁さんがいないと辛いなぁ」アハハ

京太郎「うっせ!」



久「……?」キョトン

まこ「どうしたんじゃ? 隣の一年が気になるんかの?」

久「いや、そういうわけじゃないんだけど」


嫁助「そういやさ、別のクラスの原村和を見たか?」

京太郎「ああ。あのすばらなおもちの」

嫁助「麻雀部に入ったんだってさー! しかも元インターミドルチャンプ!」

京太郎「へぇ、麻雀ねー」

嫁助「いいよなぁ。麻雀も強くて、美人で、胸も大きい!」

京太郎「……麻雀って、言うほど面白いかぁ?」




久「!」ピクッ


嫁助「え?」

京太郎「あんなのつまらねーじゃん。ただ牌を引いて並べるだけだろ?」



久「……」ブルブル

まこ「お、落ち着くんじゃ」アセアセ



京太郎「麻雀なんてただの運ゲーだろ?」



久「」ブッチィィィィン!

まこ「気を沈めるんじゃ!」

久「できぬぅっ!」ガタッ!



京太郎「!?」ビクッ



187 名前: ◆RwzBVKdQPM[saga] 投稿日:2013/09/03(火) 00:16:01.34 ID:/X5uvURDo [3/20]


久「……」ズンズン


京太郎「な、なんだぁ!?」

嫁助「おい、あれ会長じゃねぇか?」ビクビク

京太郎「なんかこっちスゲェ睨んでる!? しかもこっちに来てるぞ!」ヒソヒソ



久「そこの君!!」

京太郎「ひゃいっ!」ビシッ

久「一年ね……名前は?」ギロリ

京太郎「しゅ、須賀京太郎です」ビクビク

久「今、麻雀なんて運ゲー。脱衣麻雀しか興味ないぜヒャッハーと言ったわよね?」

京太郎「いえ、後半部分は言ってないような……」

久「言ったわよね?」ゴゴゴゴゴッ

京太郎「い、言いました!!」ビシッ

久「よろしい。じゃあ、はいこれ」ピラッ


入部届け「オッス」


京太郎「へ?」

まこ「は?」

久「君に決めたわ」ニッコリ

京太郎「決めた???」

まこ「な、何を言うとるんじゃ!?」アセアセ

久「決めたの。この子がいいわ」

京太郎「あ、あのー? 一体何の話ですか?」オドオド

久「いいからサインする!」

京太郎「い、イヤだ!! 書いたら最後、希望の船に乗る羽目に……!?」

久「ならないってば!」

京太郎「じゃ、じゃあなんの書類ですか?」

久「入部届けよ、それも――」






久「我が麻雀部のね」ニッコリ

202 名前: ◆RwzBVKdQPM[saga] 投稿日:2013/09/03(火) 00:24:08.69 ID:/X5uvURDo [4/20]

京太郎「麻雀部?」

まこ「何を言うとるんじゃ? さっきこいつは麻雀を馬鹿にしとったんじゃぞ?」

久「あら、だからいいのよ。こういうのが欲しかったの」フフフ

京太郎「あの、イヤなんですけど」

久「拒否権は無し」

京太郎「えぇー!?」

まこ「やめんか!」

久「須賀君だっけ? 貴方、麻雀の楽しさを知りたくない?」

京太郎「麻雀の楽しさ?」

久「その感じだと、あまり打ったことないんでしょう?」

京太郎「いえ、多分打ったこと無いです」

まこ「打ったことないのに馬鹿にしとったのか」コンワク

久「ねぇ、麻雀のルールを知ってもっと楽しみたくない?」

京太郎「えー?」

久「それに、うちの部はこう美女揃いよ?」

京太郎「それはなかなか魅力的な……」グヘヘ

嫁助「嫁にチクるぞ」ボソッ

京太郎「角に刺されるので遠慮します」キリッ


久「角?」

まこ「角?」


京太郎「とにかく、俺は入りませんから!」

久「ぐぬぬぬ」

まこ「もうええ。諦めるんじゃ」

久「でも!」



 ザワザワ ガヤガヤ
 カイチョウガサワイデルゾー  チワゲンカカー?


京太郎「(騒がしくなってきたな)」

嫁助「やべぇ、やべぇよ……」


 スタスタ

教師A「なんの騒ぎだ!」


久「!」

まこ「!?」


215 名前: ◆RwzBVKdQPM[saga] 投稿日:2013/09/03(火) 00:32:40.55 ID:/X5uvURDo [5/20]



教師A「竹井……またお前か?」ギロリ

久「……」

教師A「また強引な勧誘か……懲りん奴だな」

久「先生には関係ないですよね?」

教師A「そうもいかないな。こう毎度騒ぎを起こされては」

久「っ!」

まこ「やめぇ!」ガシッ


教師A「ふん。この事は校長に報告しておく」

久「ぐっ!」

教師A「もともと4人しかいない部だ。これを機に廃部にしてやるぞ」

京太郎「廃部?」

久「そんな!?」

教師A「悪く思うなよ竹井。これがルールだ」ハハハハ

久「……」ブルブル

まこ「部長……」



教師A「今日中に部室を片付けておくんだな」ハーハッハッハッハ



京太郎「いやだなー何を言ってるんですか先生」ヒョコッ



教師A「ん?」

久「え?」

まこ「!?」


京太郎「四人じゃなくて、五人ですよ?」ニッ

教師A「誰だお前は?」

京太郎「ひどいっ! これでも先生の授業受けてますよ?」シクシク

久「え? え?」

教師A「あーはいはい。それで、関係無いお前がなんの用だ?」

京太郎「いや、だから! 関係あるんですってば!」ピラッ


入部届け「須賀京太郎」


京太郎「ね?」ニッ

教師A「なん……だと?」


久「!!」

まこ「なっ!?」

京太郎「今日から俺、五人目なんで! ハイ、ヨロシクゥ!」



236 名前: ◆RwzBVKdQPM[saga] 投稿日:2013/09/03(火) 00:40:58.93 ID:/X5uvURDo [6/20]



教師A「ふざけるなっ!」

京太郎「いやいや、ふざけてませんよ」

久「え? なんで……?」

教師A「こんなもの、認めるわけには――!」

京太郎「あれれ~? おっかしいぞ~?」テコリン!

まこ「!?」

京太郎「さっき先生が言いましたよね? 四人じゃダメ、これがルールだって」

教師A「!?」

京太郎「なら、俺が入れば万事解決ですよね?」ニコニコ

教師A「ぐっ……」

京太郎「ということで、これの受理。お願いしますね」

教師A「こんなもの!!」

教師B「先生、ちょっと!」

教師A「!?」

教師B「ギャラリーが多すぎます。ここでそれを受理しないわけには」ヒソヒソ

 ガヤガヤ ナンダナンダー?

教師A「」


京太郎「勿論、受け取ってくれますよね?」

教師A「あ、ああ。勿論だとも」ヒクヒク

教師B「行きましょう」

教師A「(須賀京太郎……!!)」ギリッ



 スタコラサッサー



京太郎「ふぅ……」

久「あ、あの!」

京太郎「はい?」

久「どうして? どうして麻雀部に入ってくれたの?」

京太郎「んーっと」

久「……」ジッ

京太郎「人が人を苦しめる理由なんて知ったこっちゃありませんが……」

久「?」



京太郎「人を助けるのに、論理的な思考なんて存在しないと思いますよ?」ニッ



久「っ!」ドキッ





246 名前: ◆RwzBVKdQPM[saga] 投稿日:2013/09/03(火) 00:49:57.78 ID:/X5uvURDo [7/20]

まこ「ははははっ! 面白い奴じゃのう!」バンバンッ

京太郎「いたたっ!?」

久「ありがとう、須賀君」

京太郎「いえいえ、どうせ暇な身なんで」アハハ


嫁助「これは嫁影様が黙っていませんね……」


京太郎「ということで、入ったのはいいんですけど」

久「?」

京太郎「俺、麻雀のルールてんで分からないんですよ」

久「大丈夫よ。これから私がみっちり教えてあげるから」

京太郎「じゃあこれからよろしくお願いしますね、部長」ニッ

久「ふふっ、ええ。よろしくね」

まこ「楽しくなりそうじゃな」



 こうして、須賀君は清澄高校麻雀部員の一員になった。
 それからしばらくは――


京太郎「ドラ?」

久「ドラも知らないの?」

まこ「前途多難じゃな」

優希「この優希様が教えてやるじょー!」

和「ゆーき、やめてください」



 麻雀の指導ばかりの毎日だったわね


京太郎「おお! 初めて上がれました!」

久「やったじゃない!」

京太郎「すげー! 麻雀っておもしれぇ!」

久「ふふ、そうでしょ?」

京太郎「はい! 俺、すっげー勘違いしてました!」キラキラ

久「……」ジーン

 どうせ全国優勝なんて無理なんだから、いっそこのまま……


久「次も頑張りましょ?」

京太郎「はい!」

 ずっとこんな日が続けばいい


 そう思っていた……



 あの日まで

251 名前: ◆RwzBVKdQPM[saga] 投稿日:2013/09/03(火) 00:59:28.50 ID:/X5uvURDo [8/20]

【とある日 清澄高校麻雀部室】

 バーン!

京太郎「カモつれてきたぞーっ」

咲「いや私……麻雀キライだって……」ナニガヒメダ


 その日から……全てが変わった



~~~~~


【一時間後】



優希「うぅ~」

京太郎「おいおい、大丈夫か」


まこ「あのゼロ子がおれば、行けるかもしれんのう」ボーッ

久「……全国に、行ける?」

 念願の全国。
 あれだけ憧れ続けて、諦めようとしていた全国に行ける?

久「……」ブルブル


 その日、私は須賀君の部長を辞めてしまったのかもしれない
 そして……変わってしまった

京太郎「部長?」

久「須賀君……」


:::::::::::゙l::゙l:゙l                     : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
::::::::::::゙l::゙l:゙l                          : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
:::::::::::::゙l::゙l:゙l                               : : : : : : : : : : : : : ;
::::::::::::::゙l::゙l:゙l                          i         : : : : : : : : :
:::::::::::::::゙l::゙|:゙l  `、                        イ         : : : : : : i
::::::::::::::::゙l:::l|:゙|   ヽ. ,,、                                 /
::::::::::::::::::゙l::lll:゙l    `、ヽ、                              /:::
ヽ::::::::::::::::|::||:ト     `、 `ヽ、                           /::::::
:::`、:::::::::::|::|ト:|       `、  `-、                        /::::::::
::::::`、:::::::::|::|:|:::`、      ヽ、    `ヽ、..._               ,,     爪::::::
:::::::::ヽ::::::|: /           ` 、_     ゙̄`'ー‐‐---------ゥ-‐''    /::/::::::;/,
::::::;;;;;;`、;;ノノ    `、       `ー--、......____,,,....,、、‐''     ,/::/:::::::/:/
二,,,、、_z      `、                           ,,,/:::::ク::::://
::::゙l::::|ト ハ       `、                      ,,,//::::::;":;;/ /
:::人::ハ::::::`、        ヽ                ,,,,,,,, ∠ニニ=== _ク/
::::::::Y::::\:::`、        `ヽ、,,,,,,,,         ,,,,,,/:::::::/::::ハ::::::::/
                    ゙゙゙゙゙゙゙'''''''''''゙゙゙゙゙゙゙
久「ちょっと、お使いがあるんだけど」ニコッ


 私を取り巻く、全てが……






(そして原作の流れに……)


271 名前: ◆RwzBVKdQPM[saga] 投稿日:2013/09/03(火) 01:09:54.19 ID:/X5uvURDo [9/20]


【アクセル1 会議室】


久「……」

京太郎「……」

久「思えば酷いことばかり押し付けてきたわね」

京太郎「……」

久「私って本当に最低の屑だわ」

京太郎「……それ、本気で言ってます?」

久「だってそうじゃない! 結果的に私! 貴方のこと利用しただけじゃない!」




京太郎「俺はそう思ってませんよ?」ホジホジ




久「え?」

京太郎「そもそも俺が弱いのがいけないわけですし、おすし」

久「え?え?」

京太郎「むしろ、みんなの優勝に貢献できてすっげー嬉しかったですよ?」

久「」

京太郎「それに……感謝もしてます」ポリポリ

久「感謝……?」

京太郎「だって部長……約束守ってくれたじゃないですか」

久「約……束……」

京太郎「俺、麻雀好きになれましたから」

久「あっ」

京太郎「今でも弱いけど、麻雀を打てることがすっごく楽しくなりました!」

久「……」

京太郎「だから、こちらこそ言わせてください」

                     ____
               ,. ´ __    `¨¨ヽ
            ,   ̄`  /  ヽ       `ヽ
           /  _     ,:   ∨   、    :.
          / /,´      /    |    ヽ     .
       / //'  ' /  ' /   l| | :  :  ∨   :
       l// / , / ' l| | |     | | |  |   |   |
     _/ ィ / { l |__|_{ |∧   }/ ' / l  |   ∧ 俺を部に誘ってくれって――
      ̄  {〃  Ⅵィ斧从 } /-}/-/、 , /-、 ∧}
          / ,  从 Vり ∨イ ,イ斧ミ、}/ /⌒ } |      ありがとうございます部長!
           / イ从 l ム        Vり ム'  ノ/}'
         ´    \∧  '        ,r ' /
               、  v   ァ    / 从/
                     \ `こ     イ  _|、
                  ` r  ´   //∧
                     /|     /////∧
                「  |   //////////> 、
              , </∧ /   {///////////////> 、
            , </////// ∨__∨//////////////////>、



久「うぅっ……ぐすっ……うん!」ポロポロ

291 名前: ◆RwzBVKdQPM[saga] 投稿日:2013/09/03(火) 01:20:38.03 ID:/X5uvURDo [10/20]


久「だけど、部を辞めて……転校したのは?」

京太郎「話せば長くなりますけど、俺にも夢が出来たんです」

久「それが……アイドル?」

京太郎「本当はそれ……最初は通過点のつもりだったんですよ」

久「通過点?」

京太郎「俺がみんなと並び立つ為の……」

久「須賀君……」

京太郎「だけど今は違う。俺の意思でトップアイドルになりたいと思ってます」

久「須賀君……!」

京太郎「すぐにみんなを置いていっちゃいますから、覚悟しておいてくださいね」ニッ



久「……やっぱり須賀君は須賀君、かぁ」フフッ

京太郎「え?」

久「敵わないって……思い知らされるわホント」クスクス

京太郎「???」

久「こっちがあんなに悩んで、苦しんでたのに……」

京太郎「部長……」

久「それ以上に苦しんだ筈の貴方が、こんなにあっさりしてるんですもの」ハァ

京太郎「そんなこと!」



久「実はね、ここに来る前に……大学推薦蹴ってきたの」

京太郎「え!?」

久「……ついでに、ムカつく野郎の股間もね?」ニッコリ






【一週間前】

教師A「」ビクンビクンッ!

教師B「せ、先生ぇぇぇ!!!?」

教師A「た、タマが……」



【現在】


久「お陰で一週間停学。推薦もパァね」アハハハ

京太郎「」

久「あ、一応セクハラされかけたってことにしたから問題ないわよ?」フフフ

京太郎「お、鬼や……この人鬼や」ガタガタガタ

303 名前: ◆RwzBVKdQPM[saga] 投稿日:2013/09/03(火) 01:27:57.10 ID:/X5uvURDo [11/20]

京太郎「でも、だからってどうしてアクセル1に?」

久「……須賀君、夢を見つけたって言ったわよね?」

京太郎「は、はい」

久「それ、私も応援したいの」

京太郎「!!」

久「今更虫のいい話だってのは分かってる。だけど、お願い」ペコリ

京太郎「そんな!? どうしてですか!?」アセアセ

久「私の夢はもう叶えて貰ったから」

京太郎「部長……」

久「だから次は私が貴方の夢を手伝う番、そうでしょ?」

京太郎「……」ジワッ

久「ダメ、かしら……?」ウワメヅカイ

京太郎「……」ゴシコシ

久「須賀君……」

京太郎「……」キリッ




選択安価 ↓3


1 京太郎「気持ちは嬉しいです。でも……」

2 京太郎「まだ……分かりません」

3 京太郎「これから、よろしくお願いします!!」





328 名前: ◆RwzBVKdQPM[saga] 投稿日:2013/09/03(火) 01:37:14.20 ID:/X5uvURDo [12/20]
京太郎「これから、よろしくお願いします!!」

久「須賀君っ!」パァッ

京太郎「ずるいですよ、俺が部長の頼みごと断れないの知ってるくせに」ジトーッ

久「ふふっ、教育の賜物ね」クスクス

京太郎「骨の髄まで躾けられてますから」アハハ

久「でも、これからは違うんじゃない?」

京太郎「え?」

            ,,, -='':::::::::::::::::::::::::::::::``:- .、
           ,;彡::::::::::::::::::::::::::::::ミ;:::::::::::::::::::::::::゙:: .、
        /::::::::::::::::::::::::::_;;;,z:''::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::゙:: ,
       /:::::::::::::::::::::;:: ''"/::::::::/:::::::::::;:::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
     //   :::::;/  / /l::::::: l:::::::::::::i:::::::::::::::::::::::::::::::::::゙,
    / /:::::::::::::;/    ″l:ハ::::::|:::::::::::::l:::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ
.   /  ,:::::::::::; '/"゙ヽ      ゙   \i     l ::::::::::::::::::::::::::::::::::::l
  /  j::::::::;イ/,;=、ヽ     -─‐-、゙::::..  |     ::::::::::::::::::::i
  l   l::::::/:i'l /):::}!       ー___  ゙i::::::: l::::::::::::..   :::::::::::::l
     i::::/::::! {:::。/    ,ィチ" ̄ミ、. l::::::!:::::::::::::::i:::::::...   ″
     l::/:::::! ゙-"        ;_):::::::::゙ハ l:::/:::::::::::::::l:::::::::::::::::../
     | !::::; "' ,       {:::::::c;/ノ }/:::::::::::::::/::::::::::::::::::/
.    ヽ`Y             ` ‐ " /:::::::::::::::::/::::::::::::::::::/
.      {   、_     "" , .::'::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::/
.       ‘、    ` ー   /:::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::/
.          \       /,l:::::::::/::::::::::::::/:::::::::::::::::/
.          ヽ     !; {::::::/:::::::::::::::::/:::::::::::::::::Y
           iー―┐¬、!::|::::::::::::::::::i:::::::::::::::::::::l
            /i:::::::::::|   ゙、|:::::::::::::::::l|::::::::::::::::::::{
          /' }:::::::::::l     |:::::::::::::::::|ヘ:::::::::::::::::::ヽ
       /'   /::i:::::::::|   /::::::::::::::::::l.:.ハ:::::::::::::::::::::}
      /,´  /:::/:::/j   /:::::::::::::::::从.:.:.:ゝ、:::::::::::::リ
      '、 /::::// ,ノ_/:::;;;;;;;;;;;;;;ノノ;;;ヽ.:.:..:.ヽ:::::::/
       /.:.//>─" ̄.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:}/
久「――私を躾けてくれるんでしょ?」

京太郎「~~~っ」カァッ

久「楽しみにしてるわね」

京太郎「ぶ、部長!! それより、もっと大事な話があります!」

久「大事な話?」キョトン

京太郎「大学は……行ってください」

久「え?」

京太郎「それが条件です」

久「でも、私推薦は……」

京太郎「なら、実力で入ってやりましょう!」ニッ

久「!」

京太郎「これが俺の初めてのお願いです、部長」

久「……」フゥ

京太郎「部長!」

久「あーはいはい! 分かったわよ」ムスッ

京太郎「それじゃあ!」パァッ

久「ずるいじゃない? 私が須賀君のお願い断れないの知ってるくせに」プクーッ

京太郎「教育の賜物――ですかね?」クスクス

久「ぷっ」

 ワタシノマネー?   ニテマシター?
 アハハハハッゼンゼンニテナイ!   ワラワナイデクダサイー!


335 名前: ◆RwzBVKdQPM[saga] 投稿日:2013/09/03(火) 01:43:11.33 ID:/X5uvURDo [13/20]
【そして数時間後】

久「あんっ……ダメよ、須賀君」ギュッ

京太郎「そんなこと言っても、俺……もう止まりませんよ?」ムニュッ

久「いやぁ…ん、ダメェ……」ハァハァ

京太郎「ふふ、部長のここ。硬くなってます」ギュゥゥウ

久「あ、ふぁ……」ゾクゾク

京太郎「もっと気持ちよくしてあげますよ」フフフフ

久「ほら、もっと強くやりなさい」グテーン

京太郎「は、はいぃぃ!」モミモミ


 ガチャッ


竜華「おは――って、何これ?」

煌「マッサージ?」


久「あ~生き返るわね~」ノホホーン

京太郎「(部長、いい香りがする)」クンクン

竜華「いや、なんで清澄の元部長が……」

煌「???」


久「……」ムクッ

京太郎「?」

久「ということで、よろしくねっ!」

京太郎「ええええええええ!?」

竜華「」

煌「」




京太郎「というか、なんで俺がマッサージしてるんですか!?」

久「いいじゃない、役得でしょ?」クスクス

京太郎「それはもう、堪能しました」グヘヘヘヘ


竜華「……」


京太郎「あっ」


竜華「少し、話そうか京太郎君」ニコニコ

京太郎「あ、いや、その! これは!!」


 コノチャンポランガァァァ! カクゴシトキィィィィ!

 フコウダァァァァァ!!!




久「ふふっ」



339 名前: ◆RwzBVKdQPM[saga] 投稿日:2013/09/03(火) 01:47:45.94 ID:/X5uvURDo [14/20]


【おまけ】


 フコウダァァァァ!!


ロッカー「……」



久「あははっ!」

煌「うわぁ、デンプシーロール」

京太郎「あばばばばっ!!」

竜華「おどれはアイドルの自覚あるんかぁぁぁぁ!!」ドゴォッ!



ロッカー「(京太郎君を驚かせる為に隠れていたんだが……)」


京太郎「許してくださぁぁぁい!」

竜華「できぬぅ!!」

久「ここは毎日が楽しそうねぇ」

煌「ええ、それはもう」クスクス



      /:./{ミミ:.:.:.彡≧:.:.\
     /:.:/´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\i
    /:./:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
   ′:.:/ :.:.:.:.:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:ヽ.:.:.:.:.:.:.:.:.
  , .:.:.:′.::.:.:.:.:.:.:.:.|:.|:.:.:.:.:.:|.:.:.:.:.:.:.:.:.::.
     .:.|:.:.:.:.:|:.:.:.|:.:.:|:.|:.:.:.:.:.:|:.:.:|:.:.:.:.:.:.::.
  i......:.:|.....:.:.|:.:.:.|:.:ハ|:.:.:.:.:.:| |:.|:.:|......... |   うーん
  |:.:|:.八 :.:./7:/|/ ノ|:.:.:. /| |:.|:.:|:.:.:.:.:.ハ
  |:.:|:.:.:.:.Tイ示气   ̄ 示气T:.:.:.:.:.:
  |:.:|:.:.:.:.:. ` ヒ...リ     ヒ..リ |:.:.:.|:.:.|
  |:.:|:.:.:.:.:∧           :.:.::.|:.:.|
  |:.:.\:.:.:.∧     '    .::\:|:.:.|
  |:.:.:.:. \:.∧    --    ム:.:.:.|:.:.|
  |:.:.:.:.:.:.:.:≧:.::..、     イ :.:.:.:.:.|:.:.|
  |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.| > <| :.:.:.:.:.:.:.:.|:.:.|
  |:.:.:.|:.:.::.:.:>-j     f\:.:.:|:.:.:.|:.:.|
  |:.:.:.|>イ  く       }l |:.:.:.|:.:.|
  |:/      \_  __|l i:.:.:.|\
 /\       \    /  |:.:. |  \

ロッカー「(出るに出られない!!)」ガビーン






カンッ!!



370 名前: ◆RwzBVKdQPM[saga] 投稿日:2013/09/03(火) 02:12:44.68 ID:/X5uvURDo [16/20]

【おまけのおまけ】

~京太郎が来る十分前~


 コンコン

菫「失礼します」ガチャッ

社長「おお、弘世さんか」

菫「はわっ!?」ビクビクッ

社長「今日は麻雀のレッスンの日だったかな?」

菫「ひゃ、ひゃいっ!」

社長「そうか。それなら会議室でゆっくりしていたまえ」

菫「しょ、しょうしゃせてもらいましゅ!」ダダダッ!

社長「そういえば竹井さんと挨拶を――って、あれ? 行ってしまったか」

 テクテク

久「どうかしたんですか?」

社長「ん? いや、なんでもないよ」ハハハハ



~~~会議室~~~


菫「危うくイキかけるところだった」ゼーゼーッ

 さて、後は京太郎君を待つだけだ

菫「……さて、どれくらいで来るかな?」ドキドキ

 折角だからどこかに隠れて彼を驚かせてみようか?
 今まで見たこと無い顔が見られるかもしれない

菫「ふふっ。そうと決まれば……」ガチャッ


 バタンッ

ロッカーin菫「暗くて狭いな」


 ガチャッ


ロッカー「(来たか!?)」


久「ここでいいのかしら?」

京太郎「ええ。お茶を用意してきますね」


ロッカー「(ん? 誰かいるのか?)」


久「……」


ロッカー「(アレは、清澄の部長?)」






371 名前: ◆RwzBVKdQPM[saga] 投稿日:2013/09/03(火) 02:14:06.38 ID:/X5uvURDo [17/20]


ロッカー「(どうする? 出るなら今のうちだが)」ウーン

 ガチャッ スタスタ


京太郎「これ、お茶です」コトッ

久「ありがとう須賀君。もう、麻雀部でもないのにね」

京太郎「例え部長が引退しても、俺が清澄を辞めても……部長は部長ですから」ニコッ

久「……どうして、そんな言葉が言えるのかしら?」

京太郎「へ?」


ロッカー「(なんだこの空気は?)」


久「回りくどいのは好きじゃないから……単刀直入に言うわ」

京太郎「……なんですか?」

久「……ごめんなさい」ペコリ

京太郎「え?」

久「私……自分の夢のことばかり考えて、貴方のこと……何も考えていなかったわ」

京太郎「え、ちょ? え?」オドオド

久「部長なのにね……ほんと、我ながらイヤになるわ」ブルブル

京太郎「ちょっと待ってください! 一体なんの話で――!」

久「知ってるのよ。須賀君が清澄を辞めた理由」

京太郎「え?」ドクンッ


ロッカー「(清澄を辞めた理由?)」ピクッ


久「……全部、知ってるの」

京太郎「!!」ドクンッ

久「もう、ずっと前からね」




ロッカー「(まだ慌てるような時間じゃない)」ドキドキドキ




374 名前: ◆RwzBVKdQPM[saga] 投稿日:2013/09/03(火) 02:21:08.97 ID:/X5uvURDo [18/20]

 ~そしてお話が終わり~

ロッカー「(須賀君! 君はなんて……なんていい子なんだ)」ポロポロ

京太郎「なんか、話してたら疲れましたね」

久「そうね。方が凝ってきちゃったわ」

京太郎「じゃあ、俺が揉みますよ」ニッ

久「あら? いいの?」

京太郎「肩くらいいつだってもみますよ」ワキワキ

久「いやらしいわねー」クスクス

 イチャイチャ  イチャイチャ

ロッカー「(え? 何この空気?)」ガビーン


 そして数時間後


京太郎「」ピクピク

竜華「ふん!」

煌「これまた派手にやられましたね」ツンツン

久「大丈夫?」

京太郎「ええ、なんとか」ピクピク

竜華「このままふん縛ってロッカーに閉じ込めたるわ!」

京太郎「いやぁぁぁロッカーはイヤだぁぁぁ!!」

久「ロッカー? うっ……頭が」ズキッ

竜華「いいから大人しく入って――」ガチャッ


菫「やぁ」


一同「「「「え?」」」」


菫「……ど、ドッキリ大成功ー!」


一同「「「「「……」」」」」

               ,. '" ,. 、\ ,. -‐ 、
             /  /  `    ´`  \
             /                 \ヽ
          ,.'    '    /  i !     ヾ
           / '    l  / ,'./   l. !|    !   ゙ l
         ' /    .l / //    'l l !    l !   !l
.           ' .'     l/ ー '-―_-' リ└- _!,!_   ! !
          ' l     l イ~~~下     ,.二、、ー,、/l! l
         l .l       l ヽ ノ     'i  リ ヽ.!    l  
.         l | !     l!          ` "   l    l
         l l ー- _!         ,     l    l.!
.        l  !     |                ト、    |!
       l l !    .l.ヽ      , ― 、    ,. |  ` ┘
        l   !     !.l 丶      ⌒     .イ !
         !  l    l ! .!           <   .!
.         l l  !     ゙、 i   `   ´       !
       l l   !    ヽ 、      .!    !    !
        l  /ヽ.    ヽ  \  l、   !    l
        l./  、 丶    ヽ.   \ヽ` 、 l
      ,.'     丶ヽ   ヽ    \_.ヽ、 ノ
.      l        ヽ\   \     ヽ ヽ\ 、
      l           \   丶    \ヽ   ヽ
.      l           i  ヽヽ.  \、.   ヽ .   l
     /          l   ヽ ヽ  ヽ.\.   ヽ  lヽ
カンッ!!

380 名前: ◆RwzBVKdQPM[saga] 投稿日:2013/09/03(火) 02:25:28.63 ID:/X5uvURDo [19/20]

【もう一つおまけ 今回出番の無かった照さん】


照「……」ボーッ

             __
           ´      ``ヽ
         /             ∧
       /             ⌒
.      /\ i :| |     | |    .:i
       ′ ̄|:| :| ト、 ::|人 :| |    .:|
    /_| ::| ̄ :|_,.\| えア ヽ ...:| 
     ̄  | ::|:| えア       r'   :|
        | ::|:| 人   '. -   / | i :|
        |i :ト、  .:>─┐ {ノ.:/ :ノ
.        八 :| \__ rァ'´  /\
        ヽ /∨|/⌒/-‐= \
         r' 人V_.∠-‐='/   \
         人__く_) ̄ ̄ |   _  /
         〉、_ //|   _./─〈_∨
       三=/:::/ :|   〈   |  |
.       三∧::::/:::/    '.   |  |
       三Ξ∨/       ′  |  |
       三Ξ       _.∧  |  |
        ノ/ニニニニ[]ニニニニ∧フ|  |
      /            / :. i  i
     /              /  _〉
    /                     :. ̄
.   /                      :.
  /                      i
  .′                     |
  \__                      }
   \ ̄ ̄| ̄ `\         /
     \  |    |二二==‐-ィ
       ー|ニニニニi|   |    |
         |ニニニニi|   |ニニニi|

淡「どうしたのテルー?」

照「さっき京ちゃんと結婚した夢を見た……」

淡「それで?」

照「妊娠したかもしれない」キリッ

            -‐==‐-
         ´            `
      /             ヽ    

     / ,      !   :  |   |     i
.    / |i  , ‐‐i|  .:ト、_|‐‐ |  :i|  |
    l :/:|i  | |/八 .:|     | |  :i|  |  へ?
    |/ :〔!|  N ○ \|  ○ |ノ  ,リ
.   〔 八! l圦 ,,   '   ,, l //  |
       N |  .  v ァ  . ∨/  .:|
        ヽ|:| l_≧=ァ≦ト /_,′  八
       ノ厂| l  〔,   / / `丶、 `
      /∧ i| |  「⌒ / /  /∧
    / イ′ j ト、∧  / ′´ .イ
   :'  /    | |\ハヒ/| |ニニ/   〉    :
  /  ノ〈    i i   >ニ| |  ´y'    !     |
  .' /   〉  / j / ノ<i| |  〔___!   ト、〕
. 〔′|  `ー‐'  ///  | |  i| Υ─|  | .′

照「にんっしんっ!」

淡「バカじゃないの?」



カンッ!  



383 名前: ◆RwzBVKdQPM[saga] 投稿日:2013/09/03(火) 02:32:15.36 ID:/X5uvURDo [20/20]


                  /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.ト、' , l lニミ.、丶
                 : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :∧薔、ー<.j )}
                /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : .,薇=ニ'らノ
                  /: : : : :〔 :/ !: : | : : :ト、: : : : | : : : : | : :i: : : ′ vrkヘ',
               ′: : : : ∨  | : i| : : :| ´ ̄ :}: : i| : }i: :|: : : : :.束‐'彡ト、
              .:: : |: : : : :〔´⌒ヽ八: : :|  ∨リ : : |: :八_|: : : : : .i',.',`ー、.、
.              /:: : :|: : : : i{   __   \{  ,ィjア苅、.〕/   }: : : : : :.,i',',、ヾ、` 、
             /__! ト、: : {ィ灯j芯ヽ    乂:ソ  ′ 人: : : : : :iiト'、` ', _,. >
.             /  ..八| \{ 乂(ソ    /////// ,r: :´: :|: : : : : :: : } i¨i ;  `、 幸せにしてね、京ちゃん……
           /      ./: : ∧///// `       ./: : i: : :|: : : : : :i.、ヽゝ.丶ー ;`、
             /       .′::/: : .      ャ .ァ     ._: : : :|: : j : :! : : l|            ',
         /       ..: : :/: : :个     `´   .イ〔_: : リ: /|: : |: : ::リ ,           ',
          /      /..: : : :l/ i|: :! : : : ≧ ‐ '  リ乂j \-― - 、イ/  ‘,          ',
.         /      / : : ::| /  {: ∧ : : : j     ,。゚         ‘,   .',          ',
         /     /   .〔′ , ' '' "¨ ゚.o。。o ゚,.'             ',.   ',        ',
       ., '     /   /  ,'.i/′     ̄` § '"             _.ry!   ',          、
     /   /   /   .i |               ト、nv、 r、゙、',i,'l    ',        ',
_,.. ''"     , '     /   「▽マノ                 ii i//i⊂=>o<!.   .',  ,‘,
        , '     / i   l.V/※*v   ,r'    v******i゚、ヽ .;、、/.|゙、!    ',   ‘,
      /    / .l   ,/彡 ^^※※※※※※^^_∠- il゙、ゝ' `"^^'i  i    ',   ',
     /    /  l   /ヽ >‐'⌒ _   ,、 ,r'^) ,://,.、) i,         i  i   ゙、  ',
    /     ./.   l  ,'-/・ ,.-、' r 、)-、`.゙、  .l ゙、 {、¨ノ ).',      i  i     ‘, .i
  ., '    ./     l  i ゛'_,.ゝ、,ノ  _ノ   .,、,r`-、`ーニΞ-イ ',       i   i     ‘, i
. , '     /     l   ', i ,r',、ヽ)ヽ・.。', f f´=)ヽ ', (r'o',r-、.',.       i.  i     ‘, .i
.'              l   ゙、 ゝ¨イノノf´`).丶ゝ.ト@ノノイ゚゚_,..' ・ °',      i.  i       ', i
             .l    \ミ彡' ヽ  .,``ゝー_'ノ‐' ,、    ノ  ハ       i  i       ', i
           l     .l ヽノ-‐' `ー' ;.  ¨( ゝ>` イ`ー.'"ゝ. ,' ',      i  i
.    /       l      .i.  ゙、             ノ      .,'   i,..-   l.  i
   /             /     ゙、                   i  , '      ,'.  i
.  /              /       i',                    〉 /      ./....i_
、 /            .,.'      ,' i              _ム      ./        ; 7- ._
 })           , '        /.'/i       _,..    .,r'        ,'     , 、ノ_   7‐-
ノ          /     ,.'" .,' ゝ..-‐ ''"       /,'.    ,__  lヘ 、      ;      ノ_,...
ゝ-''7         / __,,.. .‐'"     ,'            l. i  i.  ,'  .;`! ii. ヽヽ (ヽ'...,> て;
_,,. .-‐ '''""~ ̄             ,'         ,.'"   ヘ.', . i .l  ,' ノ ヽ'  ', \     人_ ア
                           ,.'"       v.、i l ,' /.'    ',  \<`、'    (
              _,..      ,.'"         l  J._.し‐''      ノ   ヽ   \,、ノ
               ,.'"        ,.'"              i   ´       /     ヽ  }  ;

           ○
          0
         o
      _ _。
  ./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..\
  /: :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: : : ヽ
 , :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
.  :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|:.:.:.:.\
|.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:|:.:.:.:|:.|.:.トー ≧             
|.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:|:.:.:.:|:.j从                   
.  :.:.:.:.|:.:.:.:.:.:|:.:.:.:{ノ/ ドゥフフフフ…….         
|:|.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|:.:.|:.|         __ ___.    
八:|:.:.|:{\:.:.l:|:.:.ハ|        /    /    /      
──────く ̄ ヽ   / ゼク / シィ /    
        |  l  ∧   /   /    /       
        |  |   、 ⌒ j l ^ テ ⌒ ̄
___ _  |  |   ノ  /  ノ´
 ̄`ヽ    |  |ー  l|  /  /
   |    |  |― イ /   '
   |    |  |ヽ  Y   /


京太郎「こんだけ胸があればなぁ」ハァ

照「」ガーン!


~ほんとの終わり~