咲「10年後の自分が見えるカメラですか?」

久「そうよ!龍門渕の技術力を結集して作ったらしいわ、すごいわね」

和「10年後が見えるとかそんなオカルトありえません」

まこ「まぁ聞いただけじゃと怪しいだけじゃのぅ」

久「そう?じゃあ早速撮ってみますか!咲!」カシャ

咲「ふぇ!?私ですか!?」

久「近くにいたんですもの、お、キタキタ」ジー

和「あ、その場で出来る仕組みなんですね」

久「はーい、これが10年後の咲よ」ピラッ

まこ「どれどれ……おお、少し大人っぽくなってるけぇの」

咲「へーこれが10年後の私……かぁ」ペタペタ

和(なんか凄く落ち込んでいますね)

久(少しは成長してると思ってたのよ、多分)

京太郎「ただいま戻りましたー」ガチャ 優希「じぇー」

久「あら、お帰りなさい。買い出しご苦労様」

京太郎「ん?何ですか、それ」

優希「なんかカメラっぽいじぇ」

久「これ?ふっふっふ、これはね、10年後が見えるカメラよ!」バァーン

京太郎「アーソウナンデスカースゴイデスネー」 優希「スゴイジェー」 

和(凄く冷めた声ですね) まこ(エイプリルフールの再発じゃと思っとるんじゃろ)

久「あら?信じてないのね、じゃあこれでもそう思える?」カシャ

京太郎「うおっ!まぶしっ!」

久「さぁ、10年後の須賀君はどうなってるのかしらねー」

優希「きっと犬は犬のままだじぇ!」

久「あ、来たみたいね、それじゃあ10年後の須賀君とごたいめ--」

写真(左手薬指に指輪をはめて子どもを抱っこしている京太郎)

清澄娘's「!!??」

京太郎「どうでしたか?へー結構上手く出来てますね」

久(こ、これはどういうこと!?)

和(10年後が見えるなんてSOAだと思ってましたがこれは…)

咲(幸せそうな京ちゃんマジかっこいい…じゃなくて!)

優希(左手薬指に指輪ということは10年後のあいつは結婚をしているハズ…)

まこ(それに子どもを抱っこしているという決定打、つまり…)

清澄娘's *1 )))ゴッ

京太郎「へーこのカメラ凄い再現度ですね、10年後の俺は結婚してるのかぁ…」

咲「京ちゃん!これは私と京ちゃんの未来だよ!さぁ一緒にあるk--」

和「待ってください咲さん、須賀君の理想に近いのは私です。つまり将来私と須賀君はk--」

優希「おーっと待つんだじぇ!10年過ぎれば私もナイスバデーになっているじぇ!つまりこれは私と京太郎の--」

まこ「おう待て待て、この中で京太郎を一番幸せにできそうなのはわしじゃろ?だから--」

久「ちょっと落ち着きなさいまこ、この須賀君は主夫っぽいでしょ?つまり須賀君を養っていそうなのは--」

ワーワーギャーギャー

京太郎「あ、お菓子これじゃ足りないな…すいませーんもう一回買い出し行ってきまーす」

京太郎「あ、そうだ、っこのカメラも持ってきますねー」

京太郎(10年後が見えるカメラねぇ…ちょっと色んなの撮ってみますか)

カンッ