穏乃「来週からもう2年生かーはやいなー」

憧「ほんとあっという間の一年だったわね」

京太郎「いろいろあったからなー」

穏乃「あ、私たちが2年になるってことは新入生が入ってくるのか!」

憧「当たり前じゃない、何言ってんの」

穏乃「入部してくれる子いるかな!?」

京太郎「インハイであれだけ活躍したんだ、山ほど……とは行かなくても多少はいるだろ」

憧「実際、死活問題なのよねぇ。宥姉抜けて、いまのままじゃ団体戦出られないわけだし」

京太郎「来てくれそうな知り合いとかいないのか?憧の後輩で可愛がってた子いたろ」

憧「どうだろ、やっぱりなんだかんだ言っても晩成が第一目標になると思うし」

穏乃「男子も来るかもよ?」

京太郎「あ、あー……そういう可能性もあるんだな」

憧「ちゃんと打てるのが来ちゃったら、あんた立つ瀬ないわね」

京太郎「oh……」

穏乃「京太郎だってちょっとは打てるようになってるよ!ちょっとは!!」

京太郎「ちょっとを強調するのやめろよぉぉぉぉぉぉ!!」

憧「事実なんだから受け入れなさい」

穏乃「ちゃんと打てるようにガンバロー!」

京太郎「やってやんよ!見とけよ、来年の今頃はお前らにも勝てるようになってやるからな!!!」

穏乃「おー!その意気だよ京太郎!!」

憧「ま、ありえないわね」

穏乃「まぁね」

京太郎「ふぐぅ…!お前ら俺をいじめて楽しいの?」

穏乃「あははは……そ、そういえばクラス替えもあるよね!今度は一緒のクラスになれるといいな!」

憧「え、無理でしょ。あたしと京太郎は特進だけどシズは一般じゃない」

穏乃「あ、そっか……」

京太郎「来年もよろしくお願いします憧さん」

憧「来年もって、今年も別によろしくしてないけど」

京太郎「一緒に課題やったりしたろー」

穏乃「………ぃ」

京太郎「ん?」

穏乃「ずるい!!なんで二人だけ同じクラスで私だけ除け者なんだー!!」

憧「いや、だからさっき言ったじゃないの」

穏乃「でもずるい!京太郎だってふつーに考えたら勉強できるキャラじゃないじゃん!私側じゃん!!」

京太郎「失礼な。去年の夏までは晩成行くつもりだったんだぞ。憧と違ってボーダーではあったけどさ」

憧「まぁシズの言いたいこともわかるけどね」

京太郎「やっぱり俺そんな風に見られてんのかなぁ」

憧「いいじゃない、そういうギャップがあるほうが女子ウケいいわよ?」

京太郎「ふんふむ……ふむふむ、なるほど」

憧「スケベな顔になってるわよ。あ、元からか」

京太郎「そのスケベな顔した男の彼女はどこのどなたなんですかねー」

憧「ふきゅ」



穏乃「私を無視してイチャイチャするなー!!」

憧「してないわよ!?」

京太郎「そうだ!本気でイチャついたらこんなもんじゃねーよ!」

憧「あんたも何言ってんの!!?」

カン!