京太郎「」ホゲー

咲「……京ちゃん?」

京太郎「ん?おぉ、咲か。どした?」

咲「どうしたはこっちのセリフだよ。何ボンヤリしてるの?」

京太郎「いや、別に。ただ無い頭使っての考え事をな」

咲「自分で言うんだ……ていうか、似合わないよ?」

京太郎「うっせ」

咲「……隣、いい?」

京太郎「おう」

京咲「……」

咲「……何考えてたか、聞いてもいい?」

京太郎「つっても、大したことじゃないぞ?」

咲「知ってる」

京太郎「おい」

京太郎「……全国終わってから、咲が遠くに行っちまったなー、ってさ」

咲「……そんなこと?」

京太郎「こっちは真剣なんだけど」

咲「朝、顔合わせたりレディースランチ頼んだりしてるのに?」

京太郎「物理的じゃなくてこう、精神的に?」

咲「……はぁ」

京太郎「……なんだよ」

咲「ばか」

京太郎「ひっでぇなぁいきなり」

咲「私は」
咲「離れたりしないよ、京ちゃん」

京太郎「……咲」

咲「今、こうして隣にいるし、それに」ギュッ

京太郎「あっ」

咲「手だって繋げるし、ね?」

京太郎「……だな」

咲「えへへ」

京太郎「……ありがとな。それと」

京太郎「これからもよろしくな、咲」

咲「こちらこそよろしくね、京ちゃん」

カンッ