2年秋くらいで

それは秋の大会の、個人戦の時でした

和「全く、咲さんは一体どこに……」

私達は、迷子になった咲さんを手分けしてみんなで探していました

私も色々と探している途中

咲「―――」

京太郎「―――」

和「これは……咲さんと須賀くんの声?」

微かに聞こえた声を頼りに進み、あまり人の来なさそうな廊下に出ました

こっちにいるのかと思い、そっと覗き込むように見てみると、そこには予想していない光景が広がっていました

京太郎「疲れた……あぁもう嫌だ……」

咲「うん……うん、京ちゃん頑張ってるもんね」

そこに居たのはいつも見る、迷子になって涙目の咲さんと、それを呆れた顔をして連れてくる須賀くんではなく、

咲さんの肩に顔を埋める須賀くんと、須賀くんの頭を撫でながらそれを受け止める咲さんでした

京太郎「どこだって清澄の男子だーとかで色々言ってくるし……俺は大したことなにのになんでこんな言われなきゃいけねーんだよ……」

京太郎「なんでもない振りして適当に言うのも疲れたし、清澄ファンとか言う奴らの相手も嫌だ……あぁ全くもう疲れた」

咲「うん……うん、大丈夫。みんな分かってるよ」

咲「京ちゃんだって頑張ってるし、色々ある中で良くしてくれてる。他のみんなも、私もちゃんと分かってるからね?」

まるで縋るように弱音を吐く須賀くんに、それを聞いて慰める咲さん

すると、じっと見ていたせいか、咲さんに気付かれました

咲さんは少し驚いた後、須賀くんに気付かれないように、しーっとこちらに向けてジェスチャーしました

私はそれを見て、何も言えずにその場を去りました

戻って来た2人はいつも通りで、私の方が見たのは夢だったのかと思いました


カンッ!!