色々改変ネタ注意


真深「あ゛ぁ゛~……」

京太郎「……とてもアイドルとは思えない声っすね」ぐりぐり

真深「今はオフだからいいの……あ、もうちょい右お願い」

京太郎「はいはい、よっと……!」

真深「くぁー……効くぅー……!」


はやり「あの……なにやってるんですか?」


京太郎「あ、はやりちゃん」

はやり「こんにちは」

真深「ちょっとマッサージをね……意外に上手くてさー、こやつ」

京太郎「意外とは何ですか意外とは……よっと!」

真深「うひぃっ!?」


はやり「真深さん、凄い顔……」

真深「はぁー。効いた効いた」ぐりんぐりん

はやり「そんなに気持ちいいんですか?」

京太郎「はやりちゃんもやってみる?」

はやり「あ、えっと……」

真深「小学生にセクハラかお前……」

京太郎「ちげーますよ」

真深「……ま、どこで習ったのか腕は確かだから。はやりちゃんも凄く疲れた時はやってもらうといいかもね」

はやり「はぁ……」


京太郎「……マッサージ受けたいのは俺の方ですけどね。どこぞの誰かさんが毎晩求めてくるせいで腰痛が……」

真深「な、おまっ」

はやり「腰痛?」


京太郎「あ、いや。何でもないから、何でも」

真深「そそ。はやりちゃんにはまだ早い――たく、このバカ」バシッ

京太郎「あいたっ」


はやり「よくわかんないけど……」

はやり「大人って大変なんだなぁ……」


カンッ