京太郎「えっと、これかな」カチッ

恭子「せや、京太郎も少しは牌効率覚えてきたんやな」

京太郎「へへ、恭子先輩がしっかり教えてくれますから」

恭子「ふふ、じゃあもっと練習せんとな」

京太郎「はい!」


洋榎「奥さん奥さん、あの二人なんか良い感じですよ」

由子「ええ奥さん二人でラブ空間作ってますよー」


恭子「・・・あの馬鹿二人は無視しや」

京太郎「は、はぁ」

洋榎「馬鹿二人とはひっどいなぁ」

由子「ひどいのよ~」

恭子「で、主将、なんなんです?今京太郎の指導しとるんですけど」ジトー

洋榎「いやウチらも今さっきまで打っていて少し休みついでにこっち見にきたんや」

由子「暇なのよ~」

恭子「ったく、こいつらは」

京太郎「・・・でも、本当に良いんですか?」

恭子「なにがや?」

京太郎「恭子先輩、俺に教えてくれてばっかで最近打ってないじゃないですか」

由子「そういえば最近恭子と打ってないのよ~」

恭子「なんや、そんなことかいな」

京太郎「そ、そんなことって・・・俺の所為で大会で結果だせなかったら・・・」

恭子「ふふ、大丈夫や、京太郎は心配せんでええよ」

京太郎「で、でも」

恭子「いいか?人に何かを教えられるってことはやな、自分でしっかり理解せんといかんのや」

京太郎「・・・聞いたことはあります」

恭子「つまりやな、これはウチにとって今までの復習でもあるんや」

京太郎「復習・・・ですか?」

恭子「せや、京太郎に色々教えているうちにウチの勉強になっているっつーことや!」

京太郎「・・・」

恭子「それにな、もしまだ思うことがあるんなら」

京太郎「あるのなら?」

恭子「夏の大会で結果だしてくれればええんや、それだけでウチは嬉しいんやから」

洋榎「(なんかもう二人の間入っていけんなぁ)」

由子「(さすがに空気よむのよー)」

恭子「どうや、京太郎?」

京太郎「・・・恭子先輩」

恭子「ん?」

京太郎「おれ、頑張ります、そんな簡単なことじゃないのはわかってますけど」

京太郎「絶対に、絶対に恭子先輩の期待に答えて見せます!!」

恭子「そか・・じゃあ今まで以上に厳しくいかんとね」

京太郎「はい!よろしくお願いします!!」

恭子「うん!めざせ一緒に全国や!!」

京太郎「おー!」




洋榎「・・・ウチら空気やな」

由子「のよ~」

カンッ