小蒔「あむあむ…んー♪おいしーですー♪」パタパタ

霞「こーら、食べてるときに足ぱたぱたするのはお行儀悪いわよ?」メッ

小蒔「あう、ごめんなさい…ついやってしまいました…」

初美「かすみんは細かいのですよー。だから他人からお母さんって呼ばれ」ベキャァ

霞「…何か言ったかしらー?」ニコニコ

初美「私のログには何もありませんねー」ダラダラダラ

巴「あ、あははは…」

春「…」まふまふまふ

京太郎「まあまあ、美味しく食べていただけるだけでうれしいですから。ほら、小蒔さん。まだいっぱいありますよ」コトッ

小蒔「わぁぁ…」パァ

霞「京太郎くん…あまり姫様を甘やかしては…」

京太郎「いいじゃないですか。せっかくの誕生日なんですし。行儀とかよりも、ほら。霞さんも一緒に楽しんであげてください」

霞「でも…」

春「京太郎、黒糖まんもっとちょうだい」クイクイ

霞「春ちゃんまで…」

京太郎「いいんですってば。無礼講ってやつですよ」

霞「もう…わかりましたよ、わかりました。今日だけはあまり言いません!」

小蒔「霞ちゃん…!」

霞「そ・の・か・わ・り!せっかく羽目を外すんだからちゃんと楽しませてね?」

京太郎「ええ、もちろん!張り切らせていただきます!」ニカッ

小蒔「むー…京太郎さん!」ギュッ

京太郎「おわっ!?っととと…!」

巴「あらら、姫様が主役なのに放っとかれたからすねちゃった」

初美「姫様も女の子ですからねー。逆に取られたかすみんの方も寂しそうですー」ニヤニヤ

霞「えっ!?わ、私は別に…」ワタワタ

春「顔は口ほどに物を言う」まふまふまふ

霞「はっ、春ちゃん!」

巴「モテモテだねー」ツンツン

初美「女たらしなだけじゃないですかー?」ウリウリ

京太郎「あ、あははは…とりあえずご飯の続きにしましょう?」

「「むーー……」」

京太郎(気づいたら終わり、気づいたら終わり…!)

巴「はっちゃんはどっちに賭ける?私はなんだかんだで姫様かな」

初美「かすみんの母性をなめちゃいけませんよー。そこらの男ならいちころなんですから。はるるはどうですー?」

春「…」まふまふまふ…ごっくん

初美「はるる?」

春「…」ススススス…

京太郎「ん、どうした?春…」

春「ん…」ギュー

「「「「「!!??」」」」」

春「勝つのは、私…」ニヤリ…

カンッ