京太郎「あ゙ー疲れたぁ」

京太郎「…」ボー

ーーー皆アンタに惚れてるのよ?

京太郎(…俺なんかのどこが、なーんて言ったら怒られるんだろうなぁ)

京太郎(俺は皆につり合えるようになるんだろうかーーー)ピトッ

京太郎「ぬぅおあっ!?」ビクゥッ

??「うわぁっ!?」

京太郎「な、なんだぁ!?って穏乃?」

穏乃「あーびっくりしたぁ、驚かせるつもりだったのにー」

京太郎「十分驚いたっての…寿命が縮まるかと思ったぞ」

穏乃「あはは、ごめんごめん」

京太郎「全く…」

穏乃「…」ストン

京太郎「…穏乃?」

穏乃「んー…あー…」

穏乃「…だーっ!細かいこと考えるのはやめやめ!京太郎!」

京太郎「お、おう。どうした」

穏乃「えー、あー、あれだ!練習相手にならいくらでもなるから!」

穏乃「小難しいことは憧たちに任せた!」

京太郎「…ははっ、なんだそりゃ」ククッ

穏乃「うー…」

京太郎「…穏乃」

穏乃「う?」

京太郎「ありがとな」ナデナデ

穏乃「どういたしまして、ていっ」ピョンッ

京太郎「うおっと、いきなり飛びつくなっての」

穏乃「うへへー、よーし!このまま戻ろっか、京太郎!」

京太郎「はいはい、全く…仕方のないやつめ」


カンッ