IF:もしも和のおもちが貧乳だったら


久「今年は一年は二人だけ、か…」

まこ「贅沢言うでないわ。部員が入ってきただけでもめっけもんじゃろ」

優希「のどちゃん、ぺったんこ同士頑張るじぇ」

和「ぺったんこは余計です!!わ、私だってもうちょっと成長すれば…」ペターン

久「……全国大会出場、最後のチャンスだったんだけど、な…」

京太郎「………」

京太郎「んー、麻雀部もどうかなって覗いてみたけど咲みたいなぺったんこばかりだなぁ…」

京太郎「ま、元々それほど興味あるわけじゃないしいっか。他行こ」


咲「京ちゃん、部活どこか決めたの?」

京太郎「ん?いや…ハンドボールで肩壊したから運動部は無理だし、文化系にでも

    行こうかなとは思ってるんだが…どうもイマイチしっくり来るのがなぁ」

咲「……よかったらさ、一緒に文芸部とかどうかな?席置いてくれるだけでもいいし」

京太郎「そうだなー…ま、考えておくわ」

京太郎「……そういえば、ここって麻雀部あったんだな」

咲「!! ……京ちゃん、麻雀する、の?」

京太郎「いや全然。さっきも覗いてみたけどあんまりしっくりこなかったし」

咲「そ、そうなんだ…ホッ」







玄「と、この様に和のおもちに惹かれた京太郎君が麻雀部に入らなければ

  宮永さんは麻雀部に入ることもなく、そして龍門渕の天江さんも莫逆の友も得られず

  歴史は大きく変わっていたのです!」

京太郎「おぉ…た、確かに言われてみれば」

玄「つまり結論!!和のおもちは歴史を変える力があるッ!のです!」

京太郎「すげー!!のどかっぱいすげー!!」


和「………」

カン