《You occupy my thoughts 2》


京太郎「うぅ、あの時のことが頭から離れねぇ」



菫「君のことが好きだ。いつも君のことで頭がいっぱいになってしまうほどに」

菫「付き合って欲しい」

菫「君の心を射抜くまで尽くそう。それが私の愛情だ」




京太郎「駄目だ駄目だ!」

京太郎「でもあの時も結局返事を返せずに逃げちゃったしなー」

京太郎「どうしよう……」

菫「どうしたんだ?」

京太郎「くぁwせdrftgyふじこlp」

菫「どっから声を出してるんだそれは」

京太郎「す、すすす菫さん!?」

菫「そうだが……それで、考えはまとまったか?」

京太郎「あの、菫さんのことが嫌いじゃないんですが、そういうことは考えたことなかったので戸惑っていて……」

菫「わかった。……なら一度付き合おう」

京太郎「え?」

菫「それで無理なら、別れよう。だがそれで好きになったら全力で愛してくれ。それでどうだ?」

京太郎「えっと……その……ハイ」カオマッカ

菫「よかった」ホ

菫「それじゃ、これからよろしくな」

 チュ


カン!