京太郎「玄さん…俺、気付いてしまったんです…」

玄「きょ、京太郎君…?」

京太郎「どれだけおもちを愛そうともおもちは俺を愛してはくれない」

京太郎「なら…ならもうおもちなどいらない!」

玄「そんな…あの日々は嘘だったの…?一緒におもちの素晴らしさを語り合った日々は嘘だったの!?」

玄(このままじゃ京太郎君はおもちから離れてしまう…そうなったら私は…)

玄(ううん、そんなことは絶対にさせない!なら私にできることは…!)

玄「きょ、京太郎君!」

京太郎「玄さん…俺を止めないでーーー!?」フニュッ

玄「わ、私の…私のおもちを愛せばいいのです!」

玄「他のおもちが愛さないとしても私のおもちが京太郎君を愛すのです!」

京太郎「玄さん…玄さぁーん!」

玄「京太郎くぅーん!」

ガシッ


ーーーーーーー
穏乃「何やってるんだろ、あの二人…」

宥「わ、私も行ったほうがいいかな…?」

憧「いや行かなくていいから」

灼「わずらわし…」

※当人たちは至って真面目です