霞「どう…かしら?」

京太郎「…」ポー

霞「京太郎君?」

京太郎「ああ、いや、うん…とても似合ってますよ。つい見惚れちゃいました」

霞「ふふっ、よかった。黙り込んでるから似合ってないのかと思ったわ」クスクス

霞「…ねぇ、京太郎君」

京太郎「なんですか?」

霞「あれから色々あったわね…」

京太郎「…そうですね」

霞「小蒔ちゃんが当主様に食って掛かった時は驚いたわ、平手打ちまでしてたし」

京太郎「当主さんぶっ飛んでましたね…人が平行に飛ぶの初めて見ましたよ、俺」

霞「まだまだ守ってあげないとって思ってたのに…今じゃ立派な依巫だものね」

京太郎「…何かあったんですか?」

霞「ううん、ちょっと…ね。ちょっと不安になっただけ」

京太郎「霞さん…」

霞「霧島を出ることを決めたのは私だけど、やっぱり少し怖かったの」

霞「それを誤魔化すために我武者羅にやってきたけど…一段落ついちゃったら、ね」

京太郎「…大丈夫ですよ」ギュッ

霞「京太郎君…」

京太郎「俺がついていますから、大丈夫です」

京太郎「だから…頼ってください」

霞「…そうね、一人じゃないんだものね」

『それでは新郎新婦、入場ですーーー』

京太郎「行きましょうか…霞」

霞「っ…はい」

ーーー末永くお願いします、あなた