咲「…もう何日でしたっけ、京ちゃんが派遣で音楽部に入って」パチッ

久「忘れたわよ…そんなの」パチッ

和「今日で期間は終わりですよ」パチッ

まこ「焦りすぎじゃけぇ、それロン」パララララ

優希「まぁ、犬がいなかったので困ったのは雑用くらいだじぇ…寂しくなんかないじぇ…」

久「そういやその音楽部の部長から今日の夜、ライブやるから来てくれとか言われたから皆で行ってみますか」






数時間後……

久「さぁて来たわよ須賀君」

咲「京ちゃんは…パンフレットによるとベース担当らしいですよ」

和「いつも部活を縁の下で支えてくれてる彼らしい楽器ですね」

優希「犬の地味さも相まって似合ってるじょ」

まこ「コラ、そんな事言ったらだめじゃろ」

咲「あっ、始まるみたいですよ」

音楽部部長「今回は助っ人を1人呼びました…須賀京太郎君です!!」

京太郎「よろしくお願いします!!」ニコッ

キャースガクーン,コッチミテー,カッコイイヨー

京太郎「んじゃいきまーす!!曲はweather reportでteen town!!」

久「」←上手すぎて絶句

咲「」←同じく

和「」←同じ(ry

優希「」←同(ry

まこ「」←(ry





ライブ終了後…

京太郎「お疲れ様でした~、おっ、咲見てくれたのか?」

咲「うん…上手だったね」

京太郎「おお、良かった。あの…皆でどうしたんですか…このテンションの低さは…」

久「あんだけ上手かったら…音楽部に行っちゃうのかなってね…」

京太郎「へ?いやいや、もちろん俺は麻雀部なんで戻ってきますけど…」

みんな「!!」パァァ

優希「最初っから犬…ううん、京太郎は戻ってきてくれるって信じてたじょ!」ギュー

京太郎「そのわりにはさっき顔暗かったけどな…」

和「須賀君にはまだまだたくさん教える事がありますから。あと…ベース教えてくれますか?」

京太郎「もちろん、こちらこそご教授よろしくお願いします」ペッコリン

咲「じゃ、京ちゃん一緒に帰ろ」テヲニギリ

京太郎「そうだな、帰ろう」ニギリカエシ

カンッ