うたたん!うたたん!

《君に詠う》


京太郎「咏さん!」

咏「んー?なにさ?」

京太郎「えーっと……好きです!」

咏「……」ポトッ

京太郎「……扇子落ちましたよ」

咏「あ、あぁすまないねぃ」アセアセ

咏「それでいきなりどうしたのさ」

京太郎「扇子逆ですよ。そっちじゃ開かないです」

咏「……」

京太郎「それで、好きだから……告白しました。今二人きりだし、いけると思いまして」

咏「……なるほど」

 ポイ

京太郎「わっ、わっ。な、なんですかこれ?」

咏「うちの鍵。それが答えってことで」

京太郎「……え?」

咏「それじゃぁね」ヒラヒラ

京太郎「…………」

 ヨッシャーーー!!!



咏「私にもツキが回ってきたってことなのかねぃ」


カン!