淡「んー、天気もいいし風も気持ちいいしさいこ~」

京太郎「そうだなー…このまま昼寝でもしたいくらいだな」

淡「あ、見て見てきょーたろー!ヘンな形の雲!」

京太郎「どれどr…!?」

京太郎(グボ○・グ○ロ…?)

淡「どしたの?」

京太郎「いや、なんでもない」

淡「ふーん?まぁいいけど」

淡「それにしてもお日様ぽかぽかで気持ちいいねー」

京太郎「もう春も近いしな」

淡「こたつでぬくぬくもいいけどこうやって日向ぼっこするのもいいよね~♪」ゴロゴロ

京太郎「そうだなーって何故上に乗る」

淡「んー?んふふ~」

淡「キョータロー♪」

京太郎「!?」

淡「んー」

京太郎(目を閉じて顔を寄せてきた…キスか?キスしろと!?)

京太郎(いいのか?しちゃっていいか?どうする、どうする俺!)

京太郎「っておバカ」ペチッ

淡「あたっ、何するのさー!」

京太郎「流石に外では勘弁してくれ、恥ずかしいから…」

淡「むー、淡ちゃんに対する愛が足りなーい!」ジタバタ

京太郎「おいコラ人の上で暴れるなっての!…仕方ないなぁ」ガシッ

淡「あわっ!?」

京太郎「今はこれで勘弁してくれ…」チュッ

淡「むー、おデコか…まぁいいや!後でいっぱいしてもらうもんねー!」

京太郎「マジスカ…」

淡「んふふ~♪」スリスリ

京太郎(…まぁいっか、嬉しそうだし)

淡「キョータロー!」


ーーーだーい好きっ♪



カンッ