友香「リーチでー!」

京太郎「むむむ……これか」

友香「ローン!倍満でー!」

京太郎「うげっ!?」

友香「相変わらず京太郎は弱っちいでー」

京太郎「う、うっさい!次で挽回してやるっての!」

友香「へー?それは楽しみ……っ」

京太郎「んっ?」

友香「あ、足が痺れて……崩させてもらうでー」

京太郎「別に俺はいいけど……」

友香「うー、いつになったら慣れるんでー……」

京太郎「……おい」

友香「でー?」

京太郎「足崩すのはいいけど、膝立てんなよ。着物なんだし、見えちまうぞ」

友香「ははーん?もしかして見たいんでー?」

京太郎「バ、バカ言うなよ!?紳士の京ちゃんで通ってる俺がそんな……」

友香「いつも私の胸見といてよく言えるでー」

京太郎「き、気付いてたのかよ!」

友香「……本当だとは思わなかった」

京太郎「当てずっぽうかよ!?」

友香「あーあ、京太郎のおっぱい星人ぶりには幻滅でー」

京太郎「しょ、しょうがないだろ!俺だって男なんだし……」

友香「そもそも胸なんか見て何が楽しいんでー?ちょっと京太郎、着物はだけてみるでー!」

京太郎「うおっ!?や、やめろって!」

友香「……」

京太郎「お、おい」

友香「……なんか、わかったでー」

京太郎「は?」

友香「確かに……思わず見ていたくなるでー」

京太郎「いやいやいやいや、男の胸なんか見ても楽しくないだろ!?」

友香「きっと京太郎のだからでー……」

京太郎「ゆ、友香お前……」

友香「京太郎……」

京太郎「っ……」

莉子「あのー」

京太郎「うおわっ!?」

友香「り、莉子!いつからそこにいたんでー!?」

莉子「いつからも何も私達麻雀中だったよね?」

京太郎「あっ」

友香「そういえば……京太郎が私の誕生日のお祝いに来てくれたから部長が特別に部活に参加してもいいって……」

梢「…………2人共」

京太郎「っ!?」

友香「ぶ、部長……」

梢「仲がよろしいのは大変結構なのですが……節度という物を弁えるべきではありませんか?」

美幸「梢ちゃんスッゴい怒ってるよ、もー……」

澄子「部室であんな事をすれば当然です……」

友香「誕生日なのにこんなのあんまりでー!」

京太郎「俺に言うなよ!?」

梢「聞いているんですか2人共!!」

2人「ひぃぃ!?」