咲「私以外が京ちゃんにお○っこ飲ませるなんて許せないんだよ!」

京太郎「ふごっ! フゴゴッ!」ジタバタ

咲「だからこれから私ので京ちゃんの体の中をきれいにしてあげるからね?」ヌギッ

京太郎「おふっ!?」

咲「もう…そんなに見られたら恥ずかしいよ…//」カァァ

京太郎「はふぇろーっ!」

咲「よいしょっと…それじゃあ出すよ?」

京太郎「ふぁふふぇふぇーーーーっ!」

憧「させるかっ!」ゴンッ

咲「」バタッ

京太郎「~ッッ!!」

憧「京太郎大丈夫!?」

京太郎「はふっ…」

憧「……」

京太郎「はやふふぁふふぇふぇくれ!」

憧「恥ずかしいけどチャンスは今しかないわよね…//」スルッ

京太郎「ふぁっ!?」

憧「ほら、今からするからしっかり味わいなさいよ…//」

京太郎「ふごごごおぉぉぉぉ!!」ジタバタ

竜華「あたーーっ!」ゴンッ

憧「」バタン

京太郎「ふふふぁさん!?」

竜華「可愛そうに…いま解放したるからな…」

京太郎「はっ…はぁーーーっ…助かった」

竜華「よしよし…大丈夫か?」ナデナデ

京太郎「ふぇぇ…怖かったよぉ…」ガタガタ

竜華「ちょっと飲み物でも飲んで落ち着こうか……はい」

京太郎「ううっ…竜華さん…」グビッ

竜華「……ふふっ」ニヤリ