バレンタインインザ宮守



豊音「きょーたろーくーん!ハッピーバレンタインだよー!」

京太郎「と、ということは…!」

豊音「ふふー!ちょー力作だよー!はい、チョコレート!」スッ

京太郎「おぉ…!女神よ…!」ドサッ

豊音「ふえぇ!?いきなり崩れ落ちてどうしたのー!?」アワアワ

京太郎「あぁ、すみません…あまりの神々しさにひざを付かずにはいられなかったというか…」

豊音「??? よくわかんないけど喜んでくれたんだよね?」

京太郎「それはもう!」

豊音「えへへー…だったらちょー嬉しいよー」テレテレ

京太郎(おれは このために 生きていたんだなあ きょうたろう)

塞「こらこら、人生に未練が無くなったみたいな顔しないのー。私達はまだ渡してないんだからねー?」

京太郎「ダニィ!?」ガバッ

塞「おぉう、びっくりした…はいコレ、いつもお世話になってるお礼込み。味わって食べてね?」

京太郎「ありがとうございます!」

エイスリン「ツギハワタシ!」スッ

京太郎「おぉぉ…!」

エイスリン「チョコツクルノハジメテダカラオイシクナイカモシレナイケド、キモチイッパイコメタ!!」ふんす

京太郎「大天使ってレベルじゃねーぞオイ!!」

胡桃「次は私かな?チョコあげるのは君が初めてなんだからね?あげて良かったって思えるようにしてよね!はい!」スッ

京太郎「うっす!あざっす!生きててよかったぁ!!」ヒャッホーイ

白望「…」ジー

京太郎「どうしたんすかシロさん?こっちをじーっと見て」

白望「…ん、決めた」スッ

京太郎「!? そ、それはまさかチョ…!」

白望「…」ぺりぺりぺり

「「「「「!?」」」」」

白望「…」パクッ モッチャモッチャモッチャ

胡桃(自分で食べた!?)

エイスリン(ワケワカメ!)

豊音(あわわわわ、どうしたのシロー!?)

塞(…ほう、もしやこれは…?)

京太郎「シ、シロさん…?」

白望「…ん」クイクイ

京太郎「へ?どうしまし…」グイッ

白望「…ちゅう」

「おー」「ふぇえ!?」「ダイターン!」「カムヒア…って違ーう!」

京太郎「!!!!????」

白望「ん…れるっ…はむっ…ちゅ……ぷはっ」

京太郎「…え?今、え?」

白望「インパクトを求めた結果…美味しかった?」

京太郎「え?あ、はい……………えええええええええええ!!??」

白望「…大声、ダルい」

塞「これはこれは」

胡桃「私達はお邪魔かな!」

豊音「ほええええ、大人のちゅーだったよー…」テレテレ

エイスリン「アトハ、ワカイオフタリデ!」

ガララッ ピシャッ

京太郎「え、ちょっ!えぇぇぇ…」

白望「…」

京太郎「えっと…シロさん?」

白望「…なに?」

京太郎「…冗談でやったとかじゃ」

白望「押し倒したほうが分かりやすかった?」

京太郎「すみませんただ整理する時間欲しかっただけなんで止めてください」

白望「ダル…」

京太郎「…あー、えっと…俺もシロさんのことが好きです」

白望「…うん」

京太郎「あ、あはは…こういう時何て喋ればいいのか…」

白望「…ねぇ。もう一回、気持ちを聞かせて」

京太郎「…はい。俺は、シロさんのことがす」「待って」

白望「…」ぺりぺり

京太郎「シロさん?」

白望「…はい。コレで答えて」スッ

京太郎「…」

京太郎「…あむっ」


―――
――

塞「おー…おー…!!」

豊音「はわわわわわわ………!」

胡桃「これは…ハレンチ…!」

エイスリン「ダガ、ソレガイイ!」

トシ「あらあら、まぁまぁ」


おちもなくカンッ