《誕生日》

京太郎「それじゃいってきまーす」

健夜「あ、ちょっとまって」

京太郎「ん?なんですか?」

健夜「今日の晩御飯は私が作ってあげるよ。だから帰りに材料買ってこなくて大丈夫だから」

京太郎「そうですか?わかりました。それじゃ任せます」

健夜「うん。帰ってくる前に連絡してね」チュッ

健夜「いってらっしゃい」

京太郎「わかりました。いってきます」

 バタン

健夜(……もしかして今日なんの日か忘れてるのかな?)

健夜(まぁいいや、買い物にいこう)

────────────

─────────

──────

───

京太郎(そういや、なんで健夜さん今日は気合入ってた感じだったんだろ?……まぁいいや)

京太郎「ただいまー」

健夜「おかえりー」

京太郎「ん?この香りって……」

健夜「あ、気づいちゃった?今日は……チーズフォンデュだよ!」

京太郎「おぉーー!!しかもこの専用の鍋、うちにありませんでしたよね?もしかして今日の為に?」

健夜「うん、買ってきたんだよ。誕生日おめでとー」

京太郎「あ、そっか、誕生日でしたね」

健夜「やっぱり忘れてたんだ」

健夜「まぁ食べ物がプレゼントって味気無いかもしれないけど、でもその分奮発したよ」

健夜「とりあえず、座って座って」

健夜「それじゃ、このノンアルコールワインも開けちゃおう」

 ポンッ

京太郎「そんなんまであるんですか。ホテルの料理なんて目じゃないですね」

健夜「まぁこれはそんな高いやつじゃないから」

 トポトポ

健夜「はい……それじゃ、きょーたろー君の誕生日を祝って、かんぱーい」

京太郎「かんぱーい」

 チンッ

京太郎「コクコク……美味しいですねこれ!ってすみません。一気に飲んじゃいました」

健夜「大丈夫だよ、まだいっぱいあるから。それよりこっちも食べて」

京太郎「あ、そうですね、こっちがメインですもんね」

京太郎「んー……じゃぁソーセージから貰いますね」

健夜「……」ドキドキ

京太郎「たっぷりつけて……あむ、モグモグ……これも凄く美味しいです!カマンベールチーズですか?」

健夜「え?わかるんだ」

京太郎「伊達にいつも料理してるわけじゃないですよ。でもこんだけ美味しいと次どれ食べようか迷っちゃいますねー」

健夜「ゆっくり食べて大丈夫だからね」

京太郎「はい!次どれにしよっかなー。えびかパンか……あ、ブロッコリーも外せないなー」

健夜「よかった喜んでくれて」ニコニコ

京太郎「ごちそーさまでした。いやぁごめんなさい、つい欲張っていっぱい食べちゃって」

健夜「ううん大丈夫だよ。あんだけ喜んでもらえたら用意した甲斐があったってものだよ」

京太郎「でも、健夜さん足りました?大半は俺が食べちゃった気がするんですけど……」

健夜「私もそこそこ食べてたよ?それに……実はデザートもあります」

京太郎「おぉ!」

健夜「そっち持ってくね」

京太郎「これは……カップケーキですか。可愛いですね」

健夜「ほんとは普通のケーキ作ろうかと思ってこーこちゃんに手伝ってもらって何回か練習したけど失敗しちゃって」

健夜「でも、これなら作れるからって」

京太郎「俺の為にわざわざ……ありがとうございます」

健夜「それじゃ……あ、あーん」

京太郎「あーん……んー!ベリーソースがいい感じです!」

健夜「よかったー」

京太郎「おかえしです。あーん」

健夜「あーん……ん、ありがと」

京太郎「いやぁ幸せですねー」

健夜「いい思い出になった?」

京太郎「もちろん!」

健夜「よかった……それと今日は夜……いいよ」ホオソメ

京太郎「……」ガタッ

健夜「あ、焦らないで。……もうちょっと後でね」チュッ


カン!