久「さぁ須賀くん!貴方にはたんまりと稼いでもらうわ!」

京太郎「なぁにぃ~?聞こえ……」ガシッ


グイッギュッバタンッ


京太郎「ロッカー!?ロッカー!?」

久「そう、各校の女子生徒たちを呼んでいるわ……一人一分一万円の超お得価格!」

京太郎「人でなし!人身売買!」

久「なんとでも言いなさい……これもすべて、須賀君のためなの」クッ

京太郎「んなわきゃねぇだろ!」

久「それじゃ一人目を呼んでくるわ」

京太郎「フ○ック!フ○ァァァァァックッ!」

はやり「朝酩女子高校の瑞原はやりです☆」

京太郎「一人目から女子じゃねぇぇ!」

はやり「あ?」

京太郎「ふぇ、なんでもないです」

はやり「それじゃあ」ニコニコ

久「あ、すみません」ガチャッ

はやり「なにかな?」

久「性的なことはダメですよ、健全な部活と健全なバイトなので」

京太郎「どの口が言うんだ!親の顔が見てみたい!」

久「え、あいさつ?」

京太郎「違う!」

久「ということでそれでは」ガチャッ

はやり「……さぁ」ニヤッ

京太郎「ファッ!?」

はやり「いただきま~す☆」ダキッ

京太郎「健全、健全だよ!健やかだよ!らめー!」

はやり「ハァッハァッ!若さ!若さってなんだ!」スリスリスリスリ

京太郎「ふりむかないことさぁぁぁぁ!」

はやり「じゃ、じゃあ前をしっかり向いておかないとね!ほら!」ギュゥゥッ

京太郎「や、やめっ!やめっ!」

はやり「フフフッ、インハイ会場で見たときから狙ってたんだよ☆」

京太郎「あ、あの時の悪寒はそういう」

はやり「ふふふふふ……!」ズキュゥゥゥゥンッ

京太郎「!!?」






数か月後…


久(あれから、須賀君が帰ってくることは無かった……)

久「今日も一人さびしく家に帰りますか……」

ガチャッ

久「あら、手紙……?」



京太郎「俺たち」
はやり「私たち」


―――結婚しました


久「」


カンッ