京太郎「咲ー!」

咲「あ、京ちゃん」

京太郎「昼まだだろ?一緒に食おうぜ」

咲「…またレディースランチ?」

京太郎「良いだろ?今日のもスゲー美味そう何だよ。な?頼むよ!」

咲「もう…しょうがないなー」

京太郎「やりー!じゃ…お?悪いちょっと待ってくれ」ピロリン

咲「…うん」

京太郎「何々?『 今日はパスタ! 』か…おー…美味そうだな…」

咲「…淡ちゃんから?」

京太郎「ん?おお。淡からだ」

咲(呼び捨て…)ピクッ

咲「…そっか。随分仲良くなったんだね?」

京太郎「まーな!何か話が合うんだよ」

咲(…否定しないんだ)

京太郎「『俺は今から咲と食う』と…待たせて悪かったな!行こうぜ!」

咲「…うん」

咲(…ねえ?京ちゃん?)

咲(何で、そんなに優しい目でメールを送ってるの?)

咲(私にだってそんな目向けてくれないのに…)

咲(私はずっと京ちゃんと一緒に居たのに…)

咲(…ずるいよ、淡ちゃん…)

咲「ずるいよ」ボソッ

京太郎「ん?どうした?」

咲「…ううん。何でもない。行こう?」

京太郎「?そうか?」

咲「うん」

咲(…渡さないから。絶対に…)

咲(京ちゃんのお嫁さんは私何だから…!)

カンッ!