淡「キミ、強いでしょ!!?」

京太郎「ファッ!?」

淡「う~むむむー…」ジロジロマジマジ

京太郎「あ、あの…」

淡「うん!キミ、絶対強い!」

淡「こうビビビーってゆーかジュワジュワ~って出てる!」

京太郎「えぇ…何なのこの子…」

優希「京太郎なんて雑魚雑魚のへなちょこだじぇ」

淡「えー」

京太郎「その通りだが、人に言われるとムカつくぞ」

咲「あははは…」

京太郎「俺だって経験を積めば、お前らほどとは言わんが、それなりに打てるようになる!…はずだ」

優希「え、あ、はい」

京太郎「そのリアクションはちょっとガチで傷つくからやめて」

咲「ほら京ちゃん、人には向き不向きってあるからさ」

京太郎「慰めになってねぇんだよぉぉ!!」

淡「……ふ~ん、わっかんないんだ~」

咲・優希「??」

淡「キョータローは強くなるよ!この淡ちゃんが保証したげる!」

京太郎「お、おぅ」

淡「てことでいまから私と打ちなさい!ほら行こ!」

京太郎「ちょっ、大星さん!?」

淡「淡って呼んでくんなきゃ離さーん!」グイグイー

咲・優希「」



ピタッ………クルッ
淡「……」ニヤッ

咲・優希「!?」

かん