京太郎「戻りましたー」ガチャッ

モブ男「おう、お疲れー」

モブ女「買い出しお疲れ様、須賀くん。今お茶煎れるね」

京太郎「お、あんがとモブ女」

モブ女「気にしないで」

モブ男「そういえば須賀、キャプテンと池田先輩が怒ってたぞ」

京太郎「げっ…マジで?」

モブ男「マジマジ」

京太郎「うわー…ばれない内に帰ってこれたと思ったのに…」アタマカカエ

モブ男「そら無理だって、あのキャプテンだぞ」

京太郎「いや、まあ、そうなんだけど…。俺達でやらないとあの人自分の時間削っちゃうじゃん…」

モブ女「そうだねー。私達よりも手際良いし、手伝うって言っても、さっさと自分で終わらせちゃうもんね」コトッ

京太郎「サンキュー…ふう。お茶が美味い」ズズーッ

美穂子「須賀くん? 帰ってきたの?」ガチャッ

京太郎「あ…キャプテン…」

美穂子「…須賀くん。私が言いたいことが分かるかしら」

京太郎「えっと、あの…」

美穂子「…あなたは麻雀を始めたばかりで今が一番大事な時なのよ? なのに…」

京太郎「でも、キャプテンだって今年が最後ですし…だったら、皆の練習相手になれない俺が…」

美穂子「須賀くん…気持ちは嬉しいけど、私は部の皆にもっと麻雀を楽しんでほしいの。それは勿論、貴方にもよ」

京太郎「キャプテン…」

美穂子「分かってくれるわよね?」

京太郎「…ごめんなさい。それでも俺は…」

美穂子「! 須賀くん…どうして…」ジワッ


ダッダッダッダッ…

華菜「須賀ァッ!」ドゲシッ!

京太郎「ぎゃーっ!?」

美穂子「か、華菜!?」

京太郎「何すんだ池田ーっ!」

華菜「先輩を付けろ! …ってそんなことより、またキャプテン泣かしてんじゃねーし!」ゲシゲシッ!

京太郎「いでっ、いでっ、一々蹴んな池田!」

華菜「だから先輩を付けるし! この鳥頭!」

美穂子「か、華菜! ダメよ暴力は!」

華菜「キャプテン…でも、こいつが…」

美穂子「華菜…お願い」ジワッ

華菜「うっ…ごめんなさい、キャプテン」

京太郎「へっへーん! 怒られてやんのー!」

華菜「オラーッ!」ゲシッ!

京太郎「いでっ! …池田ァーっ!!」

美穂子「須賀くんも! 華菜はあなたの先輩なのよ? ちゃんと先輩って呼んであげて?」

京太郎「うっ…でも、こいつが…」

華菜「こいつって言うなし!」ゲシッ!

京太郎「うぐっ! …池田ァーっ! 勝負だ! 卓につけーっ!」

華菜「上等だし! またぼっこぼこにしてやるし!」

京太郎「るせーっ! 今日こそ俺が勝つ!」

美穂子「ふ、二人とも! 喧嘩はダメよ?」アタフタ


モブ男「またやってるよ…」

モブ女「須賀くんも毎回トんでるのにめげないなー…」

モブ男「あの二人ってキャプテン好き同士なのに喧嘩ばっかだよな…」

モブ女「うーん…須賀くんはともかく池田先輩は色々複雑なのかもねー…」

モブ男「…え? マジで? そういうことなの?」

モブ女「多分だけどね」

京太郎「ぐおーっ!? またトんだーっ!」

華菜「ふん! 相変わらず弱っちいし!」

美穂子「もう! 二人とも! 仲良くしなきゃダメよ!」

カンッ