京太郎「インターハイ、行きたかったなー……」

真佑子「だねー……」

京太郎「……」

真佑子「……」

京太郎「え?誰?」キョトン

真佑子「なんで!?」ガーン

京太郎「いやいや誰ですか!まゆこ……?」

真佑子「私だよ!多治比真佑子!」

京太郎「多治比真佑子……あの白糸台の大星淡と地区大会決勝で戦ったあの!?」

真佑子「うあっ!?そ、その名前は言わないでぇ!」ビクビク

京太郎「ただでさえ白糸台にボロボロにやられたあげく、あの顔芸を披露したあの!?」

真佑子「そこそこ善戦したよ!顔の事は……もう言わないでよ!///」カァァッ

京太郎「松庵女学院2年生、個人戦の成績が割とスゴイらしいあの!?」

真佑子「そ、そうそう……って京太郎くん後輩だよね!?知ってるよね!?」

京太郎「いやぁ多治比先輩は存在がマイナーですし」ズバァッ

真佑子「ぅぐ……こ、個人戦で出るかもしれないでしょ!」

京太郎「さっきインターハイ行きたかったとか言ってたのに」

真佑子「団体戦が!ね?……い、今はいつなんだろう……?」

京太郎「そんなことより多治比先輩、今日もツインテールが似合ってますねぇ」

真佑子「え、そ……そう?ぇへ……///」カァッ

京太郎「誕生日は12月26日ですよね?」

真佑子「私の情報を小出しにしてるね……覚えてくれてたの?誕生日」

京太郎「そりゃあ……俺は多治比先輩が好きですからね」キリッ

真佑子「ちょっ!?///」ボフンッ

京太郎「おもちが無いのが残念ですけど~」

真佑子「……幻滅」ジトー

京太郎「地味可愛い多治比先輩ステキ!」

真佑子「ほ、褒めてるぅそれ……?地味ってねぇ、雑誌にも出てるからね私!」ドヤッ

京太郎「そんなオカルト……ってマジだった!」ペラッペラッ

真佑子(都合よく持ってるのね)

京太郎「荒川憩にちゃちゃのん、レベル高ぇ……お?この子は特に可愛いな!」

真佑子「むっ……だ、誰?」ズイッ

京太郎「大星淡」

真佑子「うぎゃあっ!?2ページ特集攻撃!?」ビクゥッ

京太郎「白糸台強かったですよねー……お、宮永照」ペラッ

真佑子「この人にも結構削られたよねぇ……なんかもう強そうなオーラが出てるもん」

京太郎「ははぁ、例えるなら熱湯みたいなものですね!」キリッ

真佑子「………………へ?どういう意味?」ポカーン

京太郎「ほら、水って見た目じゃ温度が分からないでしょ?」

真佑子「は、はぁ」

京太郎「でも沸騰してるお湯は見た目で熱いってのが分かりますよね」

真佑子(……分かりにくぅ)

京太郎「大多数の人は、多少の差はあれどただの水って事ッスよ」

真佑子「つまり京太郎くんはその大多数のぬるま湯打法ってこと?」ズバァッ

京太郎「辛辣!お、俺は逆に氷点下ですから!氷のK(京太郎)と呼んでください!」

真佑子「パクリじゃん!京太郎くん、個人戦ボロッカスだったよね!」ズババァッ

京太郎「ふぐっ!オ、オーラの話ですから…………」グスッ

真佑子「あぁゴメンゴメン!……じ、じゃあ私は何度ぐらいかな~?」

京太郎「多治比先輩は影薄いんで蒸発した気体ですね」サラッ

真佑子「ヒドっ!?」ガーン

京太郎「まぁ特徴が無いのも特徴ですから、頑張れば卓上から消えたり出来るかも?」

真佑子「そんなオカr……って私は影薄くないったらぁ!」プンスコ

京太郎「ある意味で、ね?」

真佑子「むぅぅ……実はアニメ、レギュラー出演!」

京太郎「たまたまでしょ~?」ニヤニヤ

真佑子「……ホントに私の事好きなの?なんかさっきからディスってない?」ショボーン

京太郎「いやいやその絶望顔!ベリグーですよ」グッ

真佑子「えぇぇ……落ち込むぅ……」ズーン

京太郎「まぁ、それも含めて大好きですよ?多治比先輩のこと」

真佑子「………………そういう事はさらっと言うよねー……///」カァァッ

京太郎(悪口も結構さらっと言ってるけどね)

真佑子「えー、ちょっ……そっ、すす好きってさー、冗談?……冗談!?///」ズイッ

京太郎「急に大声に……えーと、じゃあ冗談ッス」

真佑子「え゙ぇー!!?」ガガーン

京太郎「その顔いただき!嘘ですって、本当に好きですから」キリッ

真佑子「あ、あぅう無限ループじゃん!?くそぅ、私も自然に顔が熱くなっちゃうしぃ……!///」プシュー

カンッ