竜華「もうすぐ新年やねー」

京太郎「新年ですねー」

怜「……」スピー

竜華「……寝とる?」

怜「………はっ!!」

京太郎「眠いなら無理に付き合わず寝ててもいいですよ?」

怜「いやや! 新しい年になるまでは起きとるんや!」

竜華「ほら、ひざまくらしたるからおいで?」ポンポン

怜「竜華のひざまくらで新年もええな……ってあかん、絶対に寝てまうやん!」

京太郎「暖かい室内で深夜に竜華さんのひざまくら……寝ちゃいますよね」

竜華「テレビもおもろいのやってないからなー」

京太郎「紅白もつまんないですしねー」

竜華「じゃあ年越し麻雀でもする?」

京太郎「でも3人しかいないですし…あと1人欲しかったです」

竜華「怜はなにかしたいことないんか?」

怜「……」スピー

京太郎「……怜さーん?」コゴエ

怜「………はっ!?」

竜華「もうほんま寝てええんやで?」

怜「じっとしてたらあかん! 体動かしてめを覚まさせるんや!」

京太郎「外でも軽く走ってきます?」

怜「いやや寒いし、室内で身体動かしたい」

竜華「室内でできる運動か……あっ…//」カァァ

怜「顔赤くして何思いついたんやろなー」ニヤニヤ

竜華「別にエッチなことなんて考えてへんで!!」

京太郎「エッチなことなんて一言も言ってないんですけどねー」ニヤニヤ

竜華「あうっ…//」

怜「竜華はほんまむっつりやなー」

京太郎「ですよねー」

竜華「違うもん…//」

怜「ちゅうか今からおっぱじめたら姫納めになるんかな?」

京太郎「姫初めの逆ってことですか…でも今から始めたら新年までに終わらないですよね」

怜「姫納めが姫初めにもなるんか…」

竜華「3人繋がって新年かぁ……素敵やん」

京太郎「魅力的ですけど流石に普通に年越ししましょうよ」

怜「姫初めは明日の夜までお預けやね……竜華がまんできる?」

竜華「ひっ…一晩くらい我慢できるもん!」

怜「朝起こす時にちょっと…とかもなしやで?」

竜華「できるもん!」

怜「なんか話してとったら少し目が覚めてきたな……京太郎いまって何時なん?」

京太郎「……」

竜華「……京くん?」

京太郎「0時3分ですね……いま4分になりました……」

怜「……」

京太郎「メールはセーラさんからでした…今年もよろしゅうたのむでーって…」

竜華「あはは……やってもうたなー」

京太郎「えーと……ごほん」

京太郎「あけましておめでとうございます、今年もどうかよろしくお願いします」

怜「ああ、今年もよろしゅうな」

竜華「うん、よろしくおねがいします」

京太郎「なんか締まりませんでしたけど…年越しましたしそろそろ布団行きますか?」

竜華「せやね、怜も眠そうやったし」

怜「いやー話してたらもう完全に目が覚めてもうた…」

竜華「なら布団でゴロゴロしながらもう少しお話しよか」

怜「そうやな、今日くらいは少し夜更かししても罰は当たらんやろ」

京太郎「じゃあ明日からの予定でも話し合いますか?」

竜華「とりあえず明日は初詣行くやろ」

怜「デパートで新年セールやっとるしちょっと見に行きたいな」

京太郎「あとお正月ですし2人の着物姿とかちょっと見てみたいんですけど……」

カン!