京太郎「よーっす。今日も早いな、宮永」

咲「うるさい人がいたら本が読めませんから」パタン

京太郎「ああ、片岡とかな」

咲「あと馴れ馴れしく声をかけてくる先輩も」

京太郎「もしかして、俺のこと?」

咲「他に誰が?」

京太郎「……ぉう、昔はもっと可愛げがあったはずなのに」

咲「知りません」プイッ


優希「せんぱーい、ターコースー!」


京太郎「おっと、この火の玉娘め、しっかりと嗅ぎつけやがったか」

優希「当然だじぇ! それよりも早く早くっ」

京太郎「よーしよしよし。今出してやるからな」

優希「先輩大好きだじぇっ」

京太郎「はいはい、ありがとな」

咲「……ふん、別にいいもん」


和「おはようございます」


咲「おはよう、原村さん」

京太郎「はよーっす。一年生組の中では最後だな」

優希「んぐんぐ、のどちゃんは部員としての自覚が足りないじぇ」

和「優希はタコスのために早く来てるだけでしょう」

優希「それもあるかな?」

和「私の見立てでは八割方そうですね。それはともかく、他の先輩方は?」

咲「染谷先輩は先生に頼まれたことがあるって」

京太郎「久ちゃんは学生議会の用事だってさ」

咲「むっ」

和「どうかしたんですか?」

咲「な、なんでもない(あの人のことはそう呼ぶのに……)」

京太郎「面子もそろったし始めるか?」

優希「タコスも補給したし、今の私に敵はいないんだじぇ!」

和「そういうことは南場で失速しないようになってから言ってください」

京太郎「おっし、今日は負けねーぞ」

咲「飛ばされないように頑張ってくださいね。ゲームが終わっちゃいますから」

京太郎「俺だって日々成長してるってことを見せてやるよ!」



京太郎「」

和「せ、先輩しっかりしてください」

咲「……だから言ったのに」

優希「あ~、散々だじぇ。全部東風戦だったらいいのに……」


まこ「お、やっとるのぅ」


和「染谷先輩、おはようございます」

咲「おはようございます」

優希「おはようなんだじぇ……」

京太郎「ァ……うぅ」

まこ「……なんというか、結果が良く分かる光景じゃのぅ」

咲「須賀先輩はこんなですし、交代して打ちません?」

まこ「そうさな……ほれ、しっかりせんか」

京太郎「ぁう……まこっちゃん?」

まこ「仇は取ったるけぇ。なに、いつものことじゃ、少し休んどれ」

京太郎「はは、まこっちゃんはいつも俺の味方してくれるよな。嬉しいぜ」

まこ「大袈裟じゃ大袈裟。はよどかんかい」


咲「……むぅ」

優希「咲ちゃんどうしたんだじぇ? 不機嫌オーラがひしひしと伝わってくるじょ」

咲「なんでもないから……」

優希「そうか?」

――――――


久「さあ、楽しい部活の時間よ! ……ってもう始まってるか」

まこ「おう、ようやっと来たか」

和「おはようございます。ポン」

優希「むむむっ、おはようなんだじぇ」

咲「……おはようございます。カン……ツモ」

優希「あぁーまただじぇ!」

和「流石ですね」

まこ「点差が詰まってきたのぅ。こりゃうかうかしちゃおれんか」

久「なんか反応薄いわね……そういえば京太郎は?」

まこ「ベッドでお休み中じゃ」

久「あら、寝ちゃってるのか……こんな無防備な寝顔さらしちゃってさ」

まこ「くれぐれも悪戯はせんように」

久「わかってるわよー」


久「……でもぶっちゃけ暇なのよね」

久「ほっぺたつつくぐらいならいいかな?」ツンツン

久「……小学校の頃は柔らかかった気がするんだけどね」

久「にしてものん気に寝ちゃって……私まで眠くなっちゃうじゃない」

久「……横で寝るのもオーケーよね」


まこ「あいつはまた……」

優希「さ、さすがの私でもあれは無理だじぇ」

和「……そんなオカルト、ありえません」ボソッ

咲「――っ、カンっ!」


――――――


京太郎「んぁ……俺、寝てたのか?」

京太郎「なんか腕が重い……って久ちゃんかよ」

京太郎「どういう状況だよこれ」

京太郎「とりあえずベッドから出るか」

久「……」ギュウウウ

京太郎「……抜けない。てか起きてるだろ、久ちゃん」

久「あら、ばれちゃった?」

京太郎「力の入れ方が露骨すぎ。腕痺れたから放してくれよ」

久「やぁよ。部活中に寝てる不届きものへの処罰なんだから」

京太郎「そうか、ならしゃあないな」

久「てなわけでもう少し抱き枕になりなさい」

京太郎「部活中にこんなことしてる部長は許されるのかよ」

久「いーの。なんたって部長なんだから」


京太郎(なんか小学校の時とあんま変わんないな)

京太郎(でも、腕に当たる感触は変わったかな?)


久「あ、なんかエロイこと考えたでしょ」

京太郎「バカ言うな。久ちゃん相手に今更……」

久「ウソ吐くの下手ねぇ」クスクス

京太郎「……嘘じゃねぇよ」

久「そう? なら手っ取り早く確かめる方法があるんだけど」サワサワ

京太郎「ばっ、おまっ、どこ触ってんだよ!」

久「やぁねぇ、幼馴染同士のちょっとしたスキンシップよ」

京太郎「他のやつもいるんだぞ!?」

久「みんな対局に集中してるわよ。大きな声出さなきゃばれないから」

京太郎「そういう問題じゃねぇよっ」


――――――


優希「は、破廉恥だじぇ……」

和「これは、少しお話を聞く必要がありそうですね」

咲「あの人……もう我慢できないっ」


まこ「あー、もうどうなっても知らんぞ」


カンッ