良子「んんぅ……」

京太郎「あ、起きましたか?」

良子「……あー、キョウタロウ?」

京太郎「はい。おはようございます」

良子「グッドモーニングですー。どうやら寝坊してしまったようですね……ソーリー」

京太郎「いえ、全然大丈夫ですよ。いま朝食作ってるところですから」

良子「そういえばそこはかとなく食欲をそそる良いスメルが……」

京太郎「すぐ食べますか?」

良子「そうですね。ふぁああぁぁ……えーと、何かドリンクないかなぁ……と」


京太郎「おっと、そのウイスキーのボトルから手を離してください?」

良子「ノープロブレム。迎え酒というやつです」

京太郎「駄目ですよ、それ結局酔って誤魔化してるだけじゃないですか。まだ飲むには早いですよ」

良子「アーリータイムズだけにアーリータイム、というわけですね……これは一本取られました」

京太郎「いや、別にそういうつもりじゃないですけど……」

京太郎「やっぱりお疲れなんですか?」

良子「いえ全然……」

京太郎「今年の仕事ハイペースで終わらせたらしいじゃないですか」

京太郎「これから年末年始は霧島神鏡でお手伝いもするんでしょ?」

良子「いえす。ちょっと今年は忙しいようですね」

京太郎「あんまり無理しないで下さいよ」

良子「だって……」

京太郎「うん?」



良子「だって、クリスマスくらいはアナタと……恋人と二人っきりで過ごしたいです」

京太郎「良子さん、そのために……?」

良子「これでも人並みにロマンチックなんですよ?似合いませんか?」

京太郎「いえ、可愛いですよ」

良子「おっと、随分ストレートですね」

京太郎「だって俺も嬉しいですもん。てっきり良子さんはこういうの関心ないのかと……」

良子「私のキャラクターだと、そう思われますね」

京太郎「ルーg……英語交じりの喋り方ですけど実際シャーマニズム溢れてますからね」

良子「ノーウェイノーウェイ」

京太郎「それじゃ、朝食済ませちゃいましょう。もう出来上がりますよ」

良子「グッド。では食べながら今日のプランを決めちゃいましょう」


良子「それにしてもラッキーでした、うまいこと休みとクリスマスが重なって……」

良子「ムム、なんだか素敵な日になりそうな予感です」

京太郎「しましょうよ。俺も手伝いますから」

良子「フフッそうですね」


良子「MAKE MY DAY……してくださいね!」

カン!