部活終了後

京太郎「お疲れっすー。んじゃ帰るか、淡」

淡「うんっ!じゃみんなお疲れ様ー!」

・・・・・・・・・

淡「うわ~、すっかり真っ暗だねー」

京太郎「・・・改めてになるけど、誕生日おめでとうな、淡」

淡「ふぇ?どうしたの、急にかしこまっちゃって」

京太郎「いや、一応2人になったとき言っておきたかったから・・・ほれ」

淡「おぉー、もしかしてプレゼント!?」

京太郎「その通り」

淡「うわ~、ありがとキョータロー!ね、開けてみてもいい?」

京太郎「おう、どうぞご自由に」

淡「おぉー、あったかそうな手袋~!さっそくはめてみるね!」

京太郎「寒いしちょうどいいかと思ってな」

淡「わ・・・ほんと、すごい暖かい!ほんとありがとねっ!」

京太郎「どういたしましてっと」

淡「それじゃいこっ、キョータローッ!」ギュッ

京太郎「うぉっと、いきなり引っ張るなって!」

淡「あ・・・」

京太郎「・・・?どうした、手握ったまま固まって」

淡「手袋してるとキョータローの手の温もり感じにくいからちょっと不満かも・・・」

京太郎「ああ、なるほど・・・」

淡「せっかくもらったキョータローの手袋外したくないし・・・うむむ・・・悩む・・・」

京太郎「・・・ならこうするか」グィッ

淡「わわっ」

京太郎「腕組みなら解決だろ?」

淡「おぉ~、さすがキョータロー!天才だねっ!」ギュッ

京太郎「(・・・しかしこうしてると淡、春の頃より成長したよな・・・幸せな感触が肘にしっかりと・・・)」ムニュムニュ

淡「・・・キョータロー?何かエッチなこと考えてない?」ジトー

京太郎「な、何でもねーよ!?ほら見てみろよ淡!あそこの店飾りつけ凄くねぇ!?」

淡「ん?おぉ~、凄いきれいなイルミネーション!」

京太郎「(やれやれ・・・うまくごまかせたか・・・)」

淡「私12月大好き!誕生日にクリスマスにお正月に!わくわくするイベントがいっぺんにくるしね!」

京太郎「はは・・・淡は欲張り者だな」

淡「楽しいからいいの!クリスマスプレゼント期待してるからね、キョータロー!」

京太郎「おいおい、バイトしてない高1男子にあまりでかい期待はしないでくれよ」

淡「もしかして、指輪だったり!?」キラキラ

京太郎「ダメ」

淡「即答!?」

京太郎「お前に指輪渡したら平気で左手薬指にはめて学校来そうだからな・・・」

淡「そんなの当たり前じゃん!」

京太郎「よくねーよ!クラスの連中からは変な目で見られそうだし、もし先生に没収とかにでもなったらへこむぞ俺は・・・」

淡「ぶ~、残念~」

京太郎「つーわけで、指輪は無し」

淡「・・・まぁ、キョータローからのプレゼントなら、何でも嬉しいんだけどねっ」

京太郎「・・・それにまぁ、お前に指輪渡すのは、ここぞって時までとっておきたいからさ・・・」

淡「ふぇ?」

京太郎「・・・すまん、何でもねぇ」

淡「・・・ねーねーキョータロー?私今すごいこと聞いちゃった気がするんだけど~?」

京太郎「言ってねーよ、断じて」

淡「うっそだー!キョータローすごく顔真っ赤だし!」

京太郎「何でもねーって!ほれ、帰るぞ」

淡「気になるな~・・・あっ」

京太郎「どうした?」

淡「キョータローみてみて、雪降ってきたよ!」

京太郎「ああ、そういや明日は積もるかもって話だったかな・・・」

淡「これからもっと寒くなるのかな~、あっ」

京太郎「ん、何だ?」

淡「ね、キョータロー!これからマフラー買いに行こう!」

京太郎「マフラー?まぁ別にいいけど・・・」

淡「キョータロー背高いから、なっがーいやつのがいいよね」

京太郎「・・・まさかお前それ2人で1つのやつ巻こうとか考えてねぇ?」

淡「当たり前じゃん!それ巻いてクリスマスはデートね!」

京太郎「いやお前、さすがにそれは恥ずかしいって!」

淡「楽しいクリスマスにしようね!キョータローッ!」

カンッ