縁日にて

京「と、言うわけで縁日に来たわけですが……透華さん、衣、まず何買います?」

とーか「そうですわね……衣は何がよろしくて?」

衣「衣はあれがいいぞっ!」ビシッ!

京「……りんご飴、ね」


京「おじさーん!りんご飴3つ!」

屋台店主「りんご飴3つね!大きい奴と小さい奴があるけどどうするかい?」

京「俺は小さい方で……衣、透華さん、どうします?」

衣「衣は大きい奴がいいぞっ!」

京「……舐め切れなくても知らないぞ?」

衣「大丈夫だ!問題ない!」

とーか「まぁ、舐め切れなかった時は京太郎にお任せしますわ……あ、私は小さい方でお願いしますわ」

屋台店主「毎度ありぃ!……ご両人、今日はお子さん連れてデートって奴かい?」

とーか「お子さん?…………っ!!!」

衣「なっ!?衣は子供じゃないぞっ!」

屋台店主「かっかっかっ、嬢ちゃん嘘言っちゃいけねぇよ……ほら、嬢ちゃんの分だ食べ切れなかったらパパに任せるんだぞ?」

衣「わぁ……!」パァァ

京「あ、あはははは……」

とーか「ち、違いますわ!私と京太郎は……その……!」

屋台店主「かっかっかっ、なぁにが違うって言うんでぃ……ほい、ご両人の分だ!」

京「ありがとうございます」

屋台店主「しっかり祭りを楽しみなよ!若夫婦さん!……そいと坊主、奥さん逃がしたりすんじゃねぇぞ?」

とーか「だ、だから夫婦じゃ……!」

京「ええ、離しませんよ、絶対に」

とーか「っ!」カァァ

衣「きょーたろー!次はあれが食べたいぞっ!」

京「わかったわかった、だからあんまり離れるなよー……さ、透華さん、行きましょうか」スッ←手を差し出す

とーか「……///」ギュッ←手を握り返す

こうですかわかりません><