京太郎「すまない。別れてくれ」

和「冗談、ですよね? いつもみたいに私をからかって……」

京太郎「冗談じゃないんだ。別れてくれ」

和「いきなり訪ねてきて、どうしてですか?」

京太郎「それは……」

和「悪いところがあるなら直します! 全部京太郎君の言うとおりにします! だから……」

京太郎「愛している女が、いる」

和「…………咲さんですか」

京太郎「ああ」

和「何故、今になって」

京太郎「再会したのは、本当に偶然だった。雑踏の中でたまたますれ違っただけだった。でも、再会してしまった」

京太郎「彼女の将来の、夢の邪魔になりたくないと俺は一度は身を引いた。けど、」

和「けど、傷付けあうとしても、不幸になるとわかっていても愛し愛されたいと思う女性とあなたは再会してしまった。そうでしょう?」

京太郎「ああ……」

和「結局、私は最後まで咲さんには勝てなかったんですね」

京太郎「俺は、確かに和のことを愛していた。だから結婚を申し込んだ」

京太郎「だが君は俺には過ぎた愛だった」

和「別れると決めたのなら、優しい言葉などかけないでください」

和「せめて、ならここですべてを捨てていってください! お前なんか単なる遊びの女だったと、はじめから愛してなどいなかったと……そう、言ってください!」

京太郎「言えない。俺は別れを告げにきた、けど今ここで君のすべてを否定することなどできない」

京太郎「瀕死だった俺の心は君のおかげで救われた。君を愛さないものなどいない。誰もが君を好きになる」

和「なら……!」

京太郎「すまない」

和「っ…………この、クズ! 嘘吐き! 裏切り者! 最低男!」

和「幸せにするって、言ったくせに……」

京太郎「…………」

和「あなたの、咲さんに対する思いは、愛でも恋でもありません。単なる執着です……」

京太郎「だろうな」

京太郎「それでも俺には咲が必要なんだ」