哩「よーし、今日はこんくらいにしとこうか。今日の部活やむっばい」

部員達「はーい!」

京太郎「あの、白水先輩!少し話があります!」

哩「ん?須賀たい。なんした?」

京太郎「いえ、ここではちょっと……向こうで話しませんか?」

哩「ん、分かった」

…………

哩「んで?話って?」

京太郎「あ、はい。えっと……お、俺…白水先輩の事、その…初めて会った時から好きでした!もし良ければ付き合って下さい!///」

哩「…………」

京太郎「あ、あの?白水先輩?」

哩「………」すぅっ

京太郎「涙!?そ、そんなに俺の事嫌いでしたか!?」

哩「あ、や、違う!これは、その、嬉しくて……」ゴシゴシ

京太郎「嬉しい?」

哩「うん…。須賀ってさ、姫子とか花田とか美子とかとは仲良く話しよるばってんが私とは全然喋ってくれんやろ?そげんやけん、てっきり嫌われとるもんと思っとってさ…」

京太郎「うっ……そ、それは白水先輩の前だと緊張して上手く喋れないって言うか……すいません!」

哩「ああ、うん。…続けるばい?それがまさかの告白やったけん、つい嬉しくて涙の出てしまったとさね。そいで告白の返事ばってんが……」

京太郎「は、はい…」ゴクリッ

哩「私も須賀、うぅん京太郎の事好き…。是非付き合って下さい…///」

京太郎「う……うおおおお!!我が世の春が来た!白水先輩!」ガバッ

哩「あっ…///初めてやけん、優しくしてね…///」

京太郎「おまかせあれ!」

このあと滅茶苦茶セックスした

カンッ!