京太郎「て、照さん!照さん!」アセアセ

照「ん…?京ちゃんどうしたの…?」

京太郎「パンツ!パンツです!」

照「へっ…?ぱ、パンツがどうかした?///」

京太郎「あ、いやいや!スカートがパンツに挟まってますよ!」

照「へっ!?やだ、本当だ。……京ちゃんありがとう…///」

京太郎「いえ。こちらこそ、その……見てしまってすいません…」

照「み、見たって…?」

京太郎「その……白と黒の縞々……///」

照「あ…///えっと、この事は二人だけの秘密にしてね…?///」

京太郎「は、はい!誰にも言いません!」

照「ん……約束…///」