咲の場合

咲「京ちゃん…」

京太郎「あん? どうした?」

咲「今日女の子と一緒に歩いてたよね? だれ?」

京太郎「え。あー、多分加治木さんだと思うけど」

咲「ふーん、なんで一緒に歩いてたの? 浮気?」

京太郎「浮気って…普通にちょっと遊びに行ってただけだよ。それで帰りにたまたま二人になっただけで…」

咲「……嘘だ。絶対いやらしいことしたんでしょ! 変態! 浮気者!」

京太郎「ちげぇって! 言っただろ、加治木さん達と出かけるって!」

咲「二人になってたもん!」

京太郎「だから…一人で帰らせるのもあれだからって分かるだろそんくらい…」

咲「………京ちゃんが加治木さんに取られちゃう気がしたの…楽しそうに話してたから…」

京太郎「……ごめん。本当、そういう気持ちは無かったから。つーか咲と付き合ってて他の人のことまで見れるかっての」

咲「どういう意味さ!」

京太郎「ポンコツの世話はお前だけで十分ってことだよ、ばーか」ペシッ

咲「あうっ! 酷いよ京ちゃん…」

京太郎「ま、嫉妬してもらえんのは嬉しいかったよ。正直熟年の夫婦みたいなふうにもう隣にいて当たり前、無関心みたいになってんのかなーと」

咲「そんなわけないじゃん! 京ちゃん、優しくて、かっこよくて、麻雀は下手だけどがんばり屋で…」

咲「いつ他の人に取られないか、って、いつもびくびくしてて…」

京太郎「馬鹿。俺は、お前のことが好きなんだよ。それくらい知っとけ、このぽんこつ」

咲「うう……いきなり恥ずかしくなってきた…」

京太郎「咲、好きだ。この先不安にさせることもあるかも知れねぇ。けど、ずっとずっと好きでいる。約束する」

咲「京ちゃん……うん! 私も約束するよ!」

「指切りげんまん、嘘ついたら針千本のーます、指切った!」

カンッ