京太郎「ふんふ~ん」

白望「……京太郎」

京太郎「? どうしたんですかシロさん」

白望「京太郎は今幸せ?」

京太郎「……いきなりどうしたんですか……」

白望「……時々思う……京太郎はとても良い夫で、こんなめんどくさがりな私を愛して、結婚してくれた……でも……」

京太郎「でも?」

白望「時々思う……本当に私で良かったのか……塞や胡桃みたいに、もっとしっかりした人と結婚した方が、京太郎は幸せになれたんじゃないかって……」

京太郎「シロさん……」

白望「……」

京太郎「……確かにシロさんは人より大分めんどくさがりです」

白望「……」

京太郎「けど俺はそんなの関係ないぐらいシロさんのことが好きで、いつまでも一緒にいたいと思って結婚したんです」

白望「京太郎……」

京太郎「だからそんなこと、言わないでください。シロさん以外と結婚するなんて、俺には考えられないんです」

白望「……ありがとう」

京太郎「いえいえ。それよりシロさんこそ、俺で後悔とかしてませんか?」

白望「……そんなこと、あり得ない」

京太郎「そういうことですよ。俺もシロさんも、お互いに愛し合って結婚したんです」

白望「それでも、怖い……京太郎が、いつか私から離れていくんじゃないかって……」

京太郎「シロさん……」

白望「……」

京太郎「……少しそっちによりますね」

白望「?」

京太郎「ほら」ギュッ

白望「!」

京太郎「怖いなら、いつまでもこうして、抱きしめてあげます。不安になんてさせません」

白望「……ごめん」ギュッ

京太郎「大丈夫です。人になんて言われようが、俺にとってシロさんが、最高の奥さんです」ナデナデ


ありがとう京太郎。自分勝手な我儘に付き合ってくれて、変に不安なった私を勇気づけてくれて。私を愛してくれて。私もずっと、あなたを愛してるから。  

カンッ