「はい、今日はありがとうございました!」

照「こちらこそ、ありがとうございましたっ♪」ニコッ

淡「……あ、終わったみたい」ヒソヒソ

京太郎「……そうだな」ボソッ


――――――――――――


淡「取材終わったねーテル!」

照「うん」

京太郎「……まるで女優みたいでした」

照「……私?」

京太郎「ええ、照さんの演技の作り笑顔が」

照「……」

淡「……京太郎?」

京太郎「相変わらず、営業スマイル全開ですね」

照「営業だから」

淡「きょっ、京太郎……なんか怒ってる?」

京太郎「別に」プイッ

照「あの、須賀くん」

京太郎「はぁ……もう少し、自然に出来ないんですか?」

照「うん……努力する」

淡「別にいーじゃん?演技でも~」

京太郎「俺の目には、前の自分と変わった姿を……見せつけてるように映るな」

淡「え、誰に?ファン?」

京太郎「……妹に」

照「っ……」ピクッ

淡「妹!?テル妹いるの!?」

照「……私に妹はいない」

淡「いないんだ!?じゃあ京太郎にいるの?」ズイッ

京太郎「あ、いや……その」

照「淡」

淡「ん、なにー?」

照「お菓子買ってきて」

淡「えぇー!?京太郎に行かせればいーじゃん!」ビシッ

京太郎「先輩からのご指名だぞ、行って来いって」

淡「むー……いつもは自分から行くクセに……」スタスタ

京太郎「……淡、行きましたね」

照「須賀くん」ジーッ

京太郎「っ……すいません」ペッコリン

照「淡だからよかった」

京太郎「それは淡に失礼な……ま、まぁ弘世先輩なら疑われてましたね、多分」

照「須賀くん……約束、忘れた?」

京太郎「わかってます、人前で咲の事は言いませんよ」

照「うん」

京太郎「でも……いい加減、仲直りしたらどうですか?」

照「……」

京太郎「咲は来ますよ、全国大会に……だからその時に、少しでも話を」

照「須賀くんには関係ない」

京太郎「む……!確かに、何があったのかは知りませんけど!」ズイッ

照「っ」ビクッ

京太郎「咲のことなら……頼って下さいよ、いつでも俺を」

照「……す、がく……近い……///」カァッ

京太郎「……ぷっ!」

照「な、なに?」

京太郎「いや、近づくと顔赤くするの……咲とおんなじリアクションだなって」ニヤニヤ

照「い……今のは、演技だから」

京太郎「あ、誤魔化した」

照「……」プイッ

京太郎「……照さーん、こっち向いてくださいよー?」

照「向かない」ツーン

京太郎「謝りますから、ね?」

照「もう須賀くんにはお菓子あげないもん」ツンツーン

京太郎「はーぁ、こういう風に話してたら普通なのに」

照「……不安だよ」ボソッ

京太郎「え?」

照「咲と会うときが来たら、昔みたいに話せるかな」

京太郎「……大丈夫ですよ」

照「……」

京太郎「そのときは俺に頼ってもいいんですよ?」

照「うん……京ちゃんがいるもん、ね?」

京太郎「い、今その呼び方は恥ずかしいっす!」

照「……分かった、頼りにする」ニコッ

京太郎「お、照さんの貴重な自然に出た笑顔!」

京太郎「その笑顔で言われたら、俺は断れませんよ」ニコッ

照「……」

照「い……今のは、演技だから」

カンッ