マホ「着きましたー!清澄高校!」

裕子「いきなり来ていいのかなぁ?」

マホ「大丈夫ですよ!」ムフー

裕子「どこから来るんだその自信は!」

マホ「清澄のみなさん、優しいですからっ♪」パァッ

裕子「優しいのと甘いのは違うと思うけど……」

マホ「マホ、卒業したら清澄に行きたいです!」

裕子「……そうだなー、私も清澄かなっ」

マホ「あ、ここですよ!麻雀部」

裕子「旧校舎ってここでいいんだよね?遠かったー……」キョロキョロ

マホ「こんにちはーっ!きちゃいましたー!」ガチャッ

裕子「お、おいマホ……!」

京太郎「へ?」

マホ「あれっ?」

裕子「あ……」

マホ「………………だ、誰ですかー!?」ビクッ

京太郎「いやいやいや、こっちのセリフだ!」

裕子「わ、私たち高遠原中学の生徒で……」

京太郎「高遠原?……あぁ!和と優希が通っていた中学か」

裕子「あれ、この前の合同合宿にも参加してましたけど……?」

マホ「清澄にこんな人、いなかったですよー?」ズバァッ

京太郎「ぐふぅっ!?」ガクッ

裕子「こらマホ、指で差すなって」

京太郎「俺は留守番を頼まれてたんだよ……男子一人だしな……」グスン

マホ「和先輩はいないんですかー?」キョロキョロ

京太郎「ぐすっ、スルーかい……もうすぐ来ると思うけどなぁ」

裕子「そりゃ連絡とかしてないからー……突然来てすいません」ペッコリン

京太郎「あぁそうだ、麻雀でもしながら待つか?」

マホ「麻雀!したいです!」

裕子「……いいんですか?」

京太郎「三人だから、三麻になるけどな」

マホ「麻雀、強いんですかー?」

京太郎「それは……打ってみてからのお楽しみだな」キリッ

裕子(和先輩やあの宮永先輩と毎日打っている相手か……)ゴクリ

~闘牌省略~

裕子(……弱っ!)

京太郎「バカなぁっ……!!」ガシャーン

マホ「マホ、久しぶりにラスじゃないです!」パァッ

裕子「い……一回勝負ですから!三麻は運の要素が強いですから!」

京太郎「フォローありがとう……がくっ」ガクッ

優希「そいつは普通の麻雀でもよわよわだじぇ?」ヒョコッ

和「失礼ですよ、優希……事実ですけど」ボソッ

裕子「あ、先輩方!」

京太郎「くそー次は負けないからなー……えっと、アホちゃん?」

マホ「む!マホはマホですアホじゃないですー!」プンプン

裕子「……いや、アホでも合ってるような」

マホ「じゃあ三位の須賀先輩は、アホ以下ですねっ!」ドヤッ

京太郎「くっ、返す言葉もねぇ……」ズーン

優希「マホに賢いこと言えるのかー?」

マホ「えと……四槓子!」

裕子「まぁむずかしいけども!」

京太郎「スー……なにそれ?」ポカーン

和「いやいやいや須賀くん……」

優希「それより犬!例のブツは?」

京太郎「後輩の前でその言い方はやめてくれ!タコスの事なら作ってきたが」スッ

優希「おー!お前は使える犬だー!」パァッ

マホ「犬……?」ジーッ

優希「うむ、京太郎は私のペットだからな!」ドヤッ

京太郎「誰がペットだ誰が!」

マホ「マホ……犬、飼ってみたかったんです!」

京太郎「え゙、俺を飼う気か!?」

マホ「ダメですか……?」ジーッ

京太郎「いやまぁ……今だけ犬でいいや、俺が負けたんだし」

マホ「えっへへー♪よしよし」ナデナデ

京太郎「お、おぉふ」

京太郎(……この画問題ないよね?)

優希「ロリコン」ボソッ

京太郎「おいコラ」

マホ「あっ!人の言葉を喋ったらダメですよー!」

京太郎「……だワン」

マホ「~♪」

――――――

マホ「きゃーっ!」キャッキャッ

京太郎「アオーン!」ドタドタ

裕子「犬の上に乗るかぁ?普通……」

優希「どこかで見たことのある画だ」

和「アレですよ、正月に親戚のおじさんが子供にする……」

優希「あー納得したじぇ」

京太郎「……あの、もういい?」

優希「我に返ったか、15歳の高校一年生」ニヤニヤ

京太郎「年齢で呼ぶな恥ずかしいだろ!」

裕子「マホ、そろそろ帰ろう?」

マホ「あぅー……楽しかったのに……」ショボーン

京太郎「つ、疲れた……けどまぁ、いつでも来ていいからな?」ナデナデ

マホ「ふに!?ぺ、ペットが撫でちゃダメですぅ……///」カァァッ

裕子「次はウチの中学にも遊びに来てください、歓迎しますから!」

マホ「つ、次は首輪持ってきます!///」フンス

京太郎「ええぇ……はい……」

優希(首輪プレイ……)ゴクリ

和(やめなさい優希)

京太郎「じゃーなー裕子ちゃん、アホちゃん!」

マホ「最後にヒドいですー!?」ガーン

カンッ