京太郎「この度はご結婚おめでとうございます、望さん」

望「お、京ちゃん。ありがと~」

京太郎「でもいいんですか?俺なんかが出席しちゃって」

京太郎「見た感じ、親族しかいないような…」

望「何言ってんの、オトウトが姉の結婚式に出るなんて当然でしょ」

京太郎「まだ弟違います…って何回やるんすか、このやりとり」

望「そりゃあ、本当になるまで?」

望「ところで憧は?」

京太郎「親戚の人と話してます。俺は居場所が無かったんで逃げてきました」

望「あはは、そりゃそうよね。でもまぁ顔見せだと思って、ね?」

京太郎「外堀埋められてんなぁ俺」

望「逃がさないわよ?」

京太郎「今のところ逃げる気は無いんでいいですけど。ところで神前式?ってどんなことするんですか?」

望「ん~、基本的なことは教会でやるようなのと同じよ」

望「違うのは…キスはしないわね。あとは御神酒飲むくらいかな、三三九度ってやつ」

京太郎「サンサンクド?」

憧「あれって見てるだけでもめんどくさいのよね」

京太郎「おぅ憧。で、サンサンクドってなに」


望「何年かしたら京ちゃんもやるんだから、ちゃんと見とくのよ」

京太郎「でもこいつウェディングドレス着たいって言ってましたよ?」

望「へぇ、そういう話してるんだ~」

京太郎「いやいやいや、穏乃とかとそういう話題になっただけですから!」

憧「そんな力いっぱい否定しなくてもいいじゃない」

望「はいはい、拗ねないの」

憧「べつに拗ねてないし…」

望「ちなみにウェディングドレスなら私も着て、写真だけとったわよ」

京太郎「へぇ、だってさ憧」

憧「いやあたしは知ってるわよ」

望「あとで見せてあげるわね」

京太郎「楽しみにしときます」

望「惚れちゃダメよ~?」

京太郎「ご心配なく、俺にはこれがいるんで」
憧「ふきゃっ」

望「せっかくだしあんたたちの式も一緒にやっちゃう?」



かん