ん、どうしたんだ和?

へ?俺がなんで麻雀部に入ったのか知りたい?

ん、分かった。多分少し長くなるから座れよ。スペース開けるわ

じゃあ麻雀部に入る前に中学の頃の話する…麻雀部に入ったのにも関係があるからな

中坊の頃、俺は何か皆と違うものを求めてハンドボール部にやってきた

まぁ、最初は何となくだったんだ

そしたら、その部は人数が少なくて、廃部寸前だったんだ。オマケに先輩達…といっても全員合わせて2、3人はやる気がない

俺はそんな部活が嫌だった。だって、せっかく入ったら言った通りの有り様だぜ?

だから、先輩達を説得して、人数ギリギリ先輩達と集めて。そしたら……皆が協力し始めたんだ

最初は全然上手くいかなかった。だけど、皆楽しかった。

最初の大会では他校に色々言われたし、ケンカもあった

それでも、諦めないで大会に出たんだ。そしたら、準優勝出来たんだ

すっげー嬉しかった。達成感があった。諦めない力を知った

結局、その後は廃部になったけど、あの感動は忘れないよ

少し喋り過ぎたな…それで俺は、高校に入った

人と話すのは得意だから、すぐにクラスメートとも仲良くなった

そしたら、噂を聞いたんだ。それは、学校の議会長が、廃部寸前の麻雀部にいるっていう話

実際に行ってみたんだ、そしたら竹井前部長と染谷現部長がいたんだ

二人とも、楽しそうだったし、麻雀を全く知らない俺でさえ麻雀が楽しいって感じるくらいだった

その時、中学のハンドボール部を思い出したんだ

ほんの少しでも力になりたいって思った。廃部にならないでほしいとも思った

だから俺は、この麻雀部に入ったんだ。こうすれば、廃部は防げるんじゃないかってね

その後は知っての通り、優希や和、そして咲が入った

そして、全国優勝。本当に凄いと思った。部長が、あなたがいてくれたから優勝できたって泣きながら言われた時は、ちょっとドキッとしたけど…

一方、男子は予選一回戦敗退。悔しかったと同時に泥を塗ってしまったと思った

だから、まだ止められないよ。俺も全国優勝したいし同じ場所に立ちたいから

そんなこんなで以上が俺の話だ。少し長くなったな…すまん…

寒いし飲み物買ってくるわ、何がいい? …ミルクティーね了解。すぐ買ってくる

和「行きましたかね…」キョロキョロ

和「あんな話聴いたら…惚れ直しちゃうじゃないですか…//」カァァ

カンッ