京太郎「悪いな、卒業式終わってすぐなのに、部室まで呼び出して」

和「いえ、最後に部室を見ておきたかったので、大丈夫です」

和「それで……どうして呼び出したんですか?」

京太郎「あぁ……高校生活最後に、和に言わなきゃいけないことがあったんだ」

和「……はい、なんでしょう?」

京太郎「……初めて見た時から、忘れられなかったんだ」

和「!」

京太郎「今だから言えるけど、麻雀部に入部したきっかけもそうだった」

京太郎「入部して、1年の時も2年になって、3年になって、麻雀部を引退した後も、気付いたら目で追ってた」

和「須賀くん……」

京太郎「言わないでおこう、って思ってたんだけど……やっぱ、卒業するって思ったら、堪えられなくなっちまったんだ」

京太郎「お前がどう思っているかは分からない、でも俺の気持ちはずっと変わらなかったんだ」

京太郎「……和、聞いてくれ」

和「……はい」

京太郎「……そのおっぱいを揉ませて下さい!!」

和「……は、ぃえええええええええ!!!??」

京太郎「今『はい』って言った!?言ったよな!?」

和「言ってませんし言いません!というかなんですか!?この流れでそれ!?」

京太郎「なんだよ!?ずっと俺がお前のおっぱい見てたの知ってるだろ!?」

和「知ってますけど!嫌ってくらい知ってますけど!!卒業式の後呼び出してそういうこと言います!?
  告白の流れじゃないんですか!?」

京太郎「告白だろ!?和におっぱいを揉ませてくれっていうさ!!」

和「それはセクハラです!!なんですか!?紛らわしい前置きとか普段見せないような表情までして
  結局はいつもと同じじゃないですか!?」

京太郎「同じじゃない、今日は真剣に揉ませてもらいにきたんだ。卒業したら……もう今まで見たいに会えないだろ?」

和「進学先同じ大学ですよね!?一緒に受験勉強したりしましたよね!?」

京太郎「それはそれ、これはこれ。受験勉強も、和のおっぱいのことを想いながら…」

和「返してください、返して下さいよ!!ついさっきまでのときめきとか、今までの時間とか!!」

和「そりゃ、私だって3年間あなたのことを見てきたわけですし、別に嫌いじゃないですしむしろどちらかと言えば…」

京太郎「揉ませて下さいお願いします!!」ドゲザー

和「話聞いてませんよね!?あぁもうなんでそういうところが致命的に駄目なんですか!?」

和「普通に付き合うとか考えてないんですか!?」

京太郎「考えてるさ!!普通に揉むことを!!」キリッ

ギャーギャーワーワー

咲「……結局駄目だったねー」

優希「なー、今度こそくっつくと思ったけど」

まこ「ありゃまだかかりそうじゃな」

久「傍から見れば両想いなのにねー……大学でどうなると思う?」

咲「和ちゃんが痺れ切らすんじゃないんですか?」

優希「どうかなー、のどちゃん肝心なとこで案外ヘタレだし」

まこ「ま、当面はあのままじゃろな」

久「そうよねー。まだまだ面白そうだからこっちとしては歓迎だけどね」



京太郎「分かった、片方だけ!片乳だけでも!!」

和「なんですかその譲歩!?普通にできないんですか須賀くんは!?普通に告白してくださいよ!!」


カンッ!!