京太郎「あーこー」ムニムニムニニ

憧「なーに…ってかお腹揉まないでよ、くすぐったい」

京太郎「じゃ胸」モミモミモミミ

憧「ぁん、もう…」

京太郎「」モミモミモミモミミ

憧「んんッ……ねぇお尻に当たってるんだけど、なんでまた硬くなってんのよ」

京太郎「いままで黙ってたけど、実は俺スケベなんだ」

憧「言われなくても知ってるわよ、えぇ世界中の誰よりもね」

京太郎「だからしかたがないんだ、うん」

憧「なんかその言い方だと誰でもいいみたい」

京太郎「は?」

憧「スケベな京太郎は、こういう風になったら誰が相手でも硬くしちゃうんでしょ」

京太郎「う~ん、まぁそうだろうな」

憧「…そこは嘘でも、お前だけだよとか言うところじゃないの?」

京太郎「男ってのは単純だから、好きな子じゃなくてもできちゃうんだよ」

京太郎「というか、かわいい子とかスタイルいい子とかやれるもんならやりたいって、男なら誰でも思ってるしな」

憧「………」

京太郎「でも好きなのは……一緒にいたいとか、幸せにしてやりたいとかそういうのはまた別なんだよ」

京太郎「女の子はそこがイコールになるわけだろ?だから男と女は永遠に分かり合えないわけだ」

京太郎「ままならんよなぁ」

憧「なんかいいこと言ってる風だけど…」

京太郎「いいこと言ってただろ?」

憧「その間ずっと人の胸を揉んでる必要はあったのかしら?」

京太郎「おぉそれなんだけど、憧ちょっと大きくなってね?」

憧「え、ウソ!?ほんとに!?」

京太郎「うん、なんとなくだけどな」

憧「そっかぁ…そっかそっか」ニヘヘ

京太郎「いやー毎日揉んでた甲斐があったな!」

憧「毎日は言いすぎっ!でも…好きな人に揉まれると大きくなるって本当なのかしらね」

京太郎「好きな相手だと女性ホルモンが出て云々とか言うけどな」

京太郎「てことで、もっと女性ホルモンが出るようなことしようか」

憧「しませんっ」

京太郎「えー」

憧「シャワー浴びてこよーっと」

京太郎「憧ー好きだー愛してるー」

憧「はいはい、あたしも死ぬほど愛してるわよ」

バタン

京太郎「行けばできるだろうけど、絶対に後で怒られるだろうし……ぐぬぬ」



~~~~~

憧「来なかったんだ」

京太郎「へ?」

憧「待ってたのに」

京太郎「!?憧、俺!」ガタッ

憧「ジョーダンよ、ばーか」フフッ

京太郎「……」


京太郎「かなわんなぁ」

カン