尭深「あの…お茶淹れたんですけど…」

菫「わざわざすまんな、いただこうか」

京太郎「あっ、どうもありがとうございます」

尭深「あっ、これこの前の牌譜見てたの?」

京太郎「ええ、すごく惜しい勝負だったのでしっかり検討しようと思いまして」

菫「須賀も上達してきたがまだ甘い部分も残っているからな」

尭深「えっと…ちょっと私にも見せて…」ズイッ

京太郎「わわっ!」

菫「どうだ? なかなかよく打てたと思わないか?」

尭深「確かによく打ててますね…でもここがちょっと問題かな…」ムニュ

京太郎「~~!!」ビクッ

菫「そうだな、確かにそこはちょっと読みが甘いな」フニョン

京太郎「……」

尭深「ここではこっちを先に処理しないと……」ムニュムニュ

京太郎「そそそそうですね!」

菫「いや、それもいいがここは萬子が……」フニフニ

京太郎「あー、そこまで考えが至ってませんでした……ってうわっ!」

淡「おっす! きょーたろー!」ギュゥウゥ

京太郎「おまっ! なに抱きついて…」

淡「なになに? うわっ、相変わらずきょーたろー弱いねー♪」ムニュン

京太郎「うううっせぇ! お前みたいなのと一緒にするな! あとさっさと離れろ!」

淡「えっ? どうして?」キョトン

京太郎「それは…だな…」ゴニョゴニョ

淡「……?」

京太郎「ええい! とりあえず3人とも近すぎです! ほんとに離れてください!」

尭深「残念…」

菫「しかたないな…」

淡「むぅ…」

淡「最近きょーたろーが冷たいんだけど…」

誠子「冷たいってどんな風にだ?」

淡「最近は抱きついても振りほどかれるし…椅子にしても後ろから手を回してくれないし…」

誠子(ほんと淡って須賀のこと大好きだなぁ…)

淡「というわけできょーたろーがなんで冷たくなったか一緒に考えて」

誠子「うーん…原因はわかってるけど言っていいものか…」

淡「えっ! 知ってるの!?」

誠子「まああれだ…男の子だからというかなんというか…」

淡「……?」

誠子「これは本人に直接聞いてろ、問い詰めればたぶん教えてくれるんじゃないか?」



淡「……というわけだから最近冷たい理由を教えてほしいんだけど」

京太郎「亦野先輩ぇ…」

淡「もしかして私きょーたろーに何かしちゃったの…?」

京太郎「淡が悪いわけじゃ…ある意味原因はお前なんだけどさ…」

淡「やっぱり私嫌われちゃったんだ…」シュン

京太郎「あーっ…わかった、理由説明してやるから…」

淡「うn…」

京太郎「あのさ…俺は大きい胸が大好きなんだ」

淡「知ってる、尭深の胸とかよく見てるし…なぜか菫のは見てないけど」

京太郎「あれは偽乳だ、偽物に興味はない」キリッ

淡「菫ぇ…」

京太郎「それでお前最近胸どんどん大きくなってきただろ? それで抱きつかれたりすると胸が当たるのが…ってうわっ!」

淡「このバカっ! そんなしょうもない理由で淡ちゃんに冷たくするなんて!」ギュウゥゥゥ

京太郎「話聞いてなかったのか!? だから胸が当たってだな…」

淡「うるさいっ! 胸くらい当ててやるからおとなしく抱かれてろっ!」

京太郎「おもちが! 成長してDくらいありそうなおもちがっ! うれしいけどうわあぁぁぁぁ!!」

淡(あれ…でも私なんでこんなにきょーたろーに抱きつきたいって思ってたんだろ…?)

淡「まあいいや、今は久しぶりのきょーたろーの胸を楽しもっと♪」ギュッ

カン!