京太郎「俺、最近気になってることがあるんだ」タンッ

咲「いきなりどうしたの?」タンッ

京太郎「つけ麺ってさ、つゆに麺をつけて食うじゃん?」

和「まぁ…つけ麺ですから」タンッ

京太郎「ぶっかけ麺はつゆを上からかけて食うじゃん?」

優希「ぶっかけだからな」タンッ

京太郎「じゃあさ、つゆを入れた丼に麺を放り込むのは何て言うんだ?」タンッ

咲「それはもちろん…」タンッ

京太郎「もちろん?」

咲「……何て言うんだろ?」

京太郎「おい」

咲「あ、あはははは…」

和「しかし、確かに気にはなりますね…」タンッ

京太郎「なんだと…!?くそっ、和は知ってそうだったのに…!」ダンッ

和「そうなんでも知ってる訳ないじゃないですか…」

京太郎「だってなんか雑学好きそうだし」

和「そもそも何でそんなイメージが…」

京太郎「そりゃあの話のせいだろ」

優希「あー」タンッ

咲「懐かしのiPS」

和「その話もう忘れてくださいよ!」

京太郎「いやー、それは無理だろー」タンッ

咲「優希ちゃんの方を見ながら『そういえばips細胞というので同性同士でも子どもができるらしいです』だっけ?」タンッ

京太郎「野獣の目で」

和「野獣違います!」タンッ

咲「淫獣?」

和「淫獣でもありませんから!というか何でそんなに言われなきゃならないんですか!」

京太郎「いやお前、あの話してたときの優希の目思い出してみ?」

優希「正直ちょっと怖かった」タンッ

京太郎「ほら」タンッ

和「orz」

咲「だ、大丈夫だよ和ちゃん!優希ちゃんもからかってるだけでそんな気にしてないって!ね?」タンッ

和「さ、咲さん…!」ウルッ

京太郎「野獣の目はいりましたー」

優希「もはや のがれられんぞ」

咲「…」スッ

和「∑(;ω;`)」ブワッ

京太郎「あーあ、咲が和泣ーかせた」

優希「咲ちゃんおにちくー」

咲「私のせい!?これ私のせいなの!?」

和「ううう~…!」

咲「も、もうこの話題ストップ!ね!話戻そうよ!」

京太郎「しょうがねえな…で、何の話だっけ」

和「ぐすっ…つゆをいれた丼に麺を入れた物の名称は何かと言うことです…」

京太郎「おぉ、そうだったそうだった…あと、お前の番で止まってるぞ」

和「…わかってます」タンッ

優希「結局何なんだろうな?」タンッ

咲「うーん…さっきの和ちゃんの言い方からしたら『つけ麺』で良いんじゃないかな?」

京太郎「ん?どういうこった?」

咲「おそばの時とかって麺をいれてからネギからませたりとか何やかんやするじゃない?」

優希「ふむふむ…言われてみればそれっぽいじぇ」

京太郎「確かにな…そんじゃつけ麺ってことでこの話題は終わるか!こっからははりきって麻雀を…!」タンッ

咲「ロン」

和「ロン」

優希「ロン」

『死ぬ(トぶ)がよい』

京太郎「アバーッ!?」



ーーーーーーーーーーーーー

久「雑学好きって私のキャラじゃなかったかしら…」

まこ「まぁそうじゃが…そもそもそれキャラ付けだったんか?」

久「まぁそこはいいのよ。それよりもまこ」

まこ「おんしから振っときながらそれよりって…まぁいいわ、なんじゃい?」

久「『ぶっかけ』って言葉、すごくエッチな響きだと思わない?」

まこ「おんし実は男子高校生とか言わんよな?」

カンッ