塞「ねえみんな!こっくりさんやろ!こっくりさん!」



京太郎「いきなりですね」

白望「ダルいからいい…」

胡桃「高校生にもなってこっくりさんって…」

塞「な、なに?この想像以上のノリの悪さ…」」


豊音「こっくりさん?」

エイスリン「?」


京太郎「あー、こっくりさんっていうのはっすね………」


豊音「幽霊さんを呼ぶ!?怖いよー!」ブルブル

エイスリン「Witch board……コワイ!」ガタガタ



塞「んもー大丈夫だって!ちゃんと対処すれば何も起きないから……じゃ、準備できたし皆指そえて」

胡桃「しょうがないなぁ、もう…」

京太郎「(なんだかんだで付き合ってあげるんだな、この人)」

白望「………やっぱやる」


豊音「あ…そういえばみんなで硬貨を押さえるんだよね?」

塞「…? そうだけど」

エイスリン「キョータローノ指ニモ触レル?」

塞「うん、そうしなきゃ始められないし」

京太郎「(おいおい…なにその会話、俺の手が嫌だとかそういう事だったら……メゲるわ…)」

エイスリン「ジャア…ヤル!」

豊音「う、うん!」

胡桃「二人とも、急にやる気になったね…シロもそうだけど」

塞「(あっ、そういうことー…ふふふ)」ニヤニヤ

京太郎「(何だか知らないけど、俺が嫌とかいうわけじゃないんだ…よかった)」

白望「早く始めよう…」

塞「おっと、そうだよね…じゃあ皆指を乗せて……ほんにゃらまか、ほんにゃらまか、ほんにゃらまか、カァーーッ!」

一同「…」

塞「……こ、これが私のやり方なの!///


  こほん…こっくりさん、こっくりさん、いらしていますか?」


コイン → はい


エイスリン「!!」

豊音「き、来ちゃったよー!」


塞「じゃ、質問をしていこうか…最初は私からするよ

  えーと、京太郎の好みの女の子について」


京太郎「はぁ!? いきなり何聞いてるんですか!」

塞「本人に直接聞いてもはぐらかされるしね~

  てなわけで、まずは……こっくりさん、おっぱい星人こと京太郎は本当は小さいのもイケるくちですか?」

京太郎「?!」


コイン → はい


塞「へぇー!そうなんだ~!」」ニヤニヤ

京太郎「な、なにこの辱め…」

白望「…そうなの?」グイッ

京太郎「おほっ」

塞「片手で器用に胸元開けるのね……」



胡桃「っ!」グッ

エイスリン「Yes!」グッ



塞「次はー……豊音がしていいよ」

豊音「わ、私!?ちょ、ちょっと困るよー!
   え、えーと……京太郎君の事で聞きたいこと…えーと、えーと、えーとぉ…!!」

京太郎「俺縛りとかそういうルールじゃないんですから、他の聞きたいことでいいんじゃないですか…?」


豊音「えーと…うぅ、聞きづらいけど………あ、あのこっくりさん!
   京太郎君は……


   背の大きい子より小さい子の方が好きなんでしょうか!」

京太郎「ファッ!?」

塞「おぉー攻めるね~」

白望「コインは…?」


コイン → …


胡桃「動き始めた…!」

エイスリン「GOKURI…」



コイン → は…



塞「『はい』の方へ…!!」


豊音「………」ゴウッ…



ミシィッ



京太郎「おッ!おッ!おッ!?」

塞「ど、どうしたの京太郎……ドアノブが回せないホッキョクグマ退治のおじさんみたいな声出して」

京太郎「な、なにか俺の指に重圧が…!!」※指の順番は上から胡桃、エイスリン、白望、塞、豊音、京太郎

胡桃「あっ…コインが!」


コイン → いいえ



塞「…」

白望「…」

胡桃「…」

エイスリン「…」

京太郎「……え?」

豊音「……あっ、あぁー!ご、ごめんね京太郎君!
   な、なんだか指にちょっと力が入っちゃったみたいで……い、痛くなかった?」

京太郎「え…ああ、それは大丈夫すけど…(本当はまだジンジンしてる…てか、あれでちょっと……?)」

豊音「うぅ~、ごめんね……」



胡桃「こ、これってどうなるの…!?」ヒソヒソ

塞「最初は『はい』へ向かっていたけど、突然向きを変えて『いいえ』…」ヒソヒソ

白望「……結果を不満に思った豊音が無意識にこっくりさんを吹き飛ばした?」ヒソヒソ

エイスリン「トヨネパワフル…」ヒソヒソ

胡桃「~~!! 納得できないぃぃーっ…!」ヒソヒソ

エイスリン「ウンウンッ…!」ヒソヒソ

塞「(まあ、だろうね……この二人的には特に……)」

白望「……」



京太郎「あのー…続き始めませんか?」

豊音「京太郎君、本当にごめんね…?」

京太郎「い、いや~、気にしないでくださいよ…」


塞「そ、そうだよね…あはは、じゃあ次は…」

胡桃「う~…」

エイスリン「ム~…」

白望「……」




その後、なんだか直接的な女性の好みを聞きづらくなったので、
京太郎の初恋の人とか、過去に彼女がいたかなどを聞いて、こっくりさんには帰ってもらった
なお、式中のコインはどこか震えながら動いているように見えたとか…


カンッ


…………

後日



胡桃「こっくりさん、こっくりさん…京太郎は背が子供ほどしかない女の子は好きなんでしょうか……?」ゴウッ


コイン →  はい


胡桃「そ、そうなんだぁ…て、照れるなぁ…///」


……


エイスリン「キョータローハ、スケッチブックヲ持ッテル子ハ好キデスカ……?」ゴウッ


コイン →  はい


エイスリン「……キャッ////」


……


白望「京太郎は髪が白くて、面倒くさがりの子が好みだよね……?」ゴウッ


コイン → はい


白望「……うん、わかってたよ」


……


塞「京太郎はおだんご頭の子が好きなんでしょ?」ゴウッ


コイン → はい


塞「ふふふっ…もうっ、京太郎ったら~///」




憂さを晴らすかのように宮守の乙女達に酷使される哀れなこっくりさんの姿があったとか…


もいっちょカンッ