京太郎「なんだコレ?差出人とかも書いてないしなぁ」

京太郎「からあげクン……誰から送られてきたかもわかんねーしすっげー食いたくない」

京太郎「毒でも入ってたら嫌だし優希にあげるか」


京太郎「優希、これやるよ」

優希「タコスじゃいのか……まぁ、貰えるものは貰っとくじぇ!」ガツガツ

京太郎「味はどうだ?」

優希「別に普通のからあげクンだじぇ……うっ!」

京太郎「優希!?」

優希「体が疼いて……苦しいじぇ」ハァハァ

京太郎「た、大変だー!今保健室に連れてってやるからな!」

優希「京太郎……もう我慢できないじぇ!!」ビリビリ

京太郎「いやぁぁぁあああ!やめてー!!堪忍してー!!俺の初めては霞さんにあげるって決めてるんだーーー!」

優希「いいから黙ってヤられろ!」

京太郎(目がすわってる……このままでは本当に俺の純潔が!)

京太郎「このまま、黙ってヤられてたまるか!」ドンッ

優希「うげっ!」ドサッ

京太郎「今の内に……!」スタコラサッサ

部室

京太郎「なんとか逃げ切れた……」ハァハァ

アケローアケロイヌーガンガンガンガン

京太郎「畜生……どうすれば」

シーン

京太郎「静かになった……?どこかに移動したのか?」

京太郎「耳を澄ましてみるか」

アレユウキチャンソンナトコロデナニシテルノ?

京太郎「この声は……咲が来たのか?」

エッ?チョットナニスル……キャアーーー!

京太郎「すまん、俺にはお前を助けることができない」シクシク

シーン

京太郎「また静かになった」

コンコン

京太郎「」ビクッ

キョウチャーンイルンデショー?ヘンナユウキチャンモドコカニイッチャッタカラアケテヨー

京太郎「……」ゴクリッ

ガチャ

咲「あっ!京ちゃん!!」

京太郎「大丈夫だったのか咲?」

咲「なにが?」ニコニコ

京太郎(!?咲の目も座ってやがる!!早くドア……しめ……)

ガッ

京太郎「ひぃ!?」

咲「なんで閉めようとするの?酷いよ京ちゃん」グググ

京太郎(力が強すぎる……まさか)

京太郎「まさか咲にまでうつっちまったのか!?」

京太郎(もう駄目だ……逃げられない)フッ

キィィィイイイ

咲「優しいね京ちゃんは、そんな京ちゃんが大好きだよ」ニコニコ

京太郎「さ……咲」

咲「大好きな京ちゃん……たくさん可愛がってあげるね」ペロリ

京太郎「あ、あ……うわぁぁぁあああ!!」



咲「あっ!いいぃ!そこいいよ京ちゃん!!」パンパン

京太郎「ふごぉ!むごぉ!」

咲「出したいんだね!?出して!いつもみたいになかに!!」パンパン

京太郎「むごぉぉぉおおお!」

咲「んんーーーーーーーっ!」ビクン

あれから俺は何処かに閉じ込められ椅子に縛り付けられ目隠しをされ咲に飼われている

地上がどうなっているかはわからない

もしかしたらアレが皆にうつって文明は滅んでしまったのかもしれない

咲「ふふ……私だけの京ちゃん」ナデナデ

だがそんなことはどうでもいい

咲「やっと手に入った……誰にもあげないんだから」ナデナデ

もう逃げられないのだから

監禁エンド



京太郎「なんだこの荷物」

京太郎「あーこれって……和の好きなエトペンの着ぐるみか?なんでうちに?」

京太郎「部長コレあげます」

久「これって……エトペンの着ぐるみ」

京太郎「なんか家に届いたんですけど俺はいらないんで」

久「いや、私もいらないんだけど……まぁいいわ何かしらに使えないこともないでしょうし」

京太郎「すみません押し付けちゃって」

久「貰うだけじゃ悪いから須賀くんにはこれをあげるわ」

京太郎「からあげクンですか」

久「さっき買ってきたんだけどあげるわ」

京太郎「あざーーーっす」

京太郎はからあげクンを手にいれた

久「須賀くんあーーーん」

京太郎「……なんですか急に?」

久「いや、食べさせてあげようと思って」

京太郎「恥ずかしいから遠慮しときます」

久「そんなに恥ずかしがんなくてもいいから!ほらあーーーん」ニコニコ

京太郎「……あーん」パクッ

久「……ふふ」

京太郎「じゃあ、今度はこっちの番ですね!部長!あーーーーーん」

久「うぇ!?私はいいわよ折角あげたんだから須賀くんが食べなさいよ」

京太郎「貰ったからあげクンをどうしようが俺の勝手ですよね」

京太郎「はい、あーーーん」

久「あ、あーーーん///」パクッ

京太郎「上手ですよ部長」

久「食べ方に上手とかないと思うけ……うっ!!」

京太郎「どうしました!!……うぐっ!俺も」

京太郎「お、おさまってきた」

久「なんだったのかしら今の……」

京太郎(あれ?なんだが部長を見ると凄く胸がドキドキする)

久(なんでかしら……顔が熱くなって須賀くんのことを直視できない///)

京太郎「あの」

久「ひゃい!」

京太郎「よかったら……これからデート行きませんか?」

久「えぇっと……デートって……そのぉ」モジモジ

久「……はい///」

それから何だかんだあって俺達二人は付き合い出した

今のところまだまぐわいはしていない

部長の誘惑に負けそうにもなるが大事にしてあげたいので結婚までは我慢するつもりだ

でも、ある日

京太郎「ふわぁぁぁ……眠い……明日はデートだし早めに寝よう」

京太郎「……」スースー

パリーン

京太郎「うぉ!?なんだ!?」

?「殺す、須賀殺す」

京太郎「だ、誰ですか貴方は?何で窓から?」

?「死ねーーー!」

京太郎「……包丁!?」

京太郎「せいっ!」

?「うがっ!」

京太郎「この軽さは女性か?」

?「うぅ……」ガクッ

京太郎「マスクを外して正体を……」

パリーン

パリーン

京太郎「!?」

?「えぇっと、コレはどう使えばいいのかしら?」

?「そこのスイッチを押すといい」

?「あら、ありがとうございます」バチバチバチバチ

京太郎「まさか囲まれてるのか!?」

?「その通り、君は既に包囲されている大人しく投降するんだな
  もっとも投降したら生きて帰れるというわけでもないがな」

京太郎「貴方達は誰なんですか!?なんでこんなことを!!」

?「須賀くんが悪いんですよ上埜さんをたぶらかしちゃって」

京太郎「たぶらかすってそんな……」

?「君は罪を犯してしまった罰をうけるのは当然だろう?」スチャッ

?「ふふ……うふふ」バチバチバチバチ

京太郎「くそ!ここはどうにか逃げる!!」

京太郎「こんなところで死んでたまるか!」バッ

?「窓から飛び降りただと!?」

?「だ、大丈夫!?」オロオロ

京太郎「あーはっはっは!それではアデューーー!」スィー

?「空を……飛んでる?」



ハギヨシ「須賀くん……本当にいいのですか?ジェノバ細胞を使えば確かに戦闘力は飛躍的に上昇しますが精神汚染が……」

京太郎「敵の幹部に勝つにはこうするしかありません」

ハギヨシ「……そうですか、ではいきますよ」プスッ

京太郎「うぐぅう!」

ハギヨシ「とりあえずは成功ですね」

京太郎「力が溢れてくる……いまなら敵のアジトを潰すことだって……!」グッ

美穂子「須賀くん!上埜さんが!上埜さんが!!」ハァハァ

京太郎「ど、どうしたんですか!?」

美穂子「大変なことになってるの!今すぐ来て!!」

京太郎「はい!」



京太郎「この倉庫の中ですか?」

美穂子「えぇ……」

京太郎「真っ暗で何も」

ドスッ

京太郎「え?」

美穂子「須賀くんが悪いんですよ?上埜さんがにちょっかい出すから」ニコニコ

京太郎「うぅ……」ドサッ

美穂子「流石の私でも怒っちゃいますよ!」プンプン

ドスッドスッドスッドスッドスッドスッドスッドス


久「……須賀くんまだかしら」

サクリエンド




京太郎「ん?なんだこの荷物は?」

京太郎「が、ガンダム1/1だとぉ!」

京太郎「家に入りきらないからとりあえず庭に置いとくとしよう」



ドスンドスンドスンドスン

霞「なにかしらこの音?」

ガンダム「霞さーーーん!」

霞「随分と大きいおもちゃですね」

ガンダム「霞さんにコイツ譲っちゃいますよ」

霞「あらあら本当ですか?んーでも置き場が……」

小薪「あれ!あれ!凄く欲しいです!」ピョンピョン

ガンダム(Oh……おもちのビッグウェーブじゃ)

霞「しょうがないわねー小薪ちゃんは」


ガンダム「凄いです!今なら何でもできそうな気がします!!」

霞「あんまりはしゃぎすぎちゃ駄目よー」

ガンダム「はーい!」ゴォォォオオオ

霞「なら、早速貴方の家に行ってご奉仕させて貰います」

京太郎「ご、ご奉仕ですか!?」タラー

霞「はい」

京太郎「ぼかぁー!ぼかぁーもう!出逢う前から好きでしたー!!」

霞「あらあら」



須賀家

霞「洗濯物畳んでおきましたのでここに置いときますね」

京太郎「あ、ありがとうございます」


霞「お湯加減はどうですかー?」

京太郎「は、はい!凄くいいです!」

霞「そうですか」スタスタ


京母「いやー、お夕飯も手伝ってくれるし本当に助かっちゃう!」

霞「ありがとうございます」ニコニコ

京母「このまま、京太郎と結婚してくれたらおばさん嬉しいなー」

京太郎「やめろよ母さん恥ずかしい」

霞「うふふ」



京太郎「おかしい」

京太郎「洗濯物を畳んでて俺のパンツを発見してきゃーーー!なイベントも
    お風呂に入ってきてお背中お流ししますねイベントもベッドでの夜のご奉仕イベントもないだと!」

京太郎「こんなことが……こんなことが許されていいのか!!」

ガチャ

京太郎「霞さーん」

霞「まだ起きてたんですか?」

京太郎「はい、ちょっとお願いがありまして」ヘコヘコ

霞「どうしたのかしら?」

京太郎「膝枕してもらえたらなー……なんて」

霞「いいわよ」

京太郎「本当ですか!」

霞「えぇ」

京太郎「ひゃっほーーーい!」


霞「どうかしら」

京太郎(おもちで天井が見えねぇ……)

京太郎「凄くいいです」

霞「ふふ、それは良かった……」ウトウト

京太郎「いやーほんとわがまま聞いてくれてありがとうございます」

霞「……」スースー

京太郎「霞さん?」

霞「……」カクンッ

京太郎「むぐぉ!」

京太郎(おもちがおもちが降ってきて……息が!?)

京太郎「んぐぅ!もぉがが!」ジタバタ

京太郎(幸せだけど! 幸せたけど……!苦しい!!)

京太郎「んが……ぉ……」

京太郎(最期はおもちで窒息死か……俺らしい死に方だぜ)

霞「……!あら寝ちゃってた……ごめんなさい須賀くん」

京太郎「」ピクピク

霞「ふふ、須賀くんも寝ちゃったみたいね 風邪引かないようにタオルケットをかけておきましょう」



京太郎「いやー昨日は凄い目にあった」


京太郎「霞さん!」

霞「何かしら?」

京太郎「俺と子作りしてくださーい!!」

霞「え……えぇ!?」

京太郎「お願いします!」ドゲザ

霞「えぇっと……その」

霞「それはちょっと……」

京太郎「」ガーン

霞「知り合ったばかりですし」

京太郎「」フラフラ

バタンッ

霞「そういうことはもっと仲良くなってからじゃないと///……ってあれ?須賀くん?」

京太郎の部屋

京太郎「くそぉーーー!くそったれーーー!」



コンコン

霞「どうぞ」

京太郎「……しつれいしまーす」

霞(死相が出てるわ)

京太郎「先ほどはすみませんでした」

霞「男の子ならしょうがないんだから気にしないで!」アタフタ

京太郎「お詫びと言うかなんと言うかですがデートのお誘いに来ました」

霞「デート?」



霞「ここは?」

京太郎「東京にある須賀神社です 名前が一緒だってのもあってたまに家族で来るんですよ
    とりあえずお参りしていきましょうか」

霞「そうね」



京太郎「おみくじ引いてみましょう!」

霞「負けないわよ」ウフフ


京太郎「うぉぉぉおおおおお!見てください!大吉ですよ!!」

霞「凄いわねー、私は中吉よ」

京太郎「これは良いことがありそうな気がする財布に入れておこう」

京太郎は大吉を手にいれた

京太郎「なら、余った時間は霞さんの服を見に行きましょうか」

霞「ふふ、楽しみね」


京太郎「鹿児島で着ることが出来たのはほとんど巫女服だけだったらしく霞さんは本当に楽しそうに洋服を買っていた」



京太郎「海ですよ!海!」

京太郎「くぅーっ!霞さんの水着姿を見れるなんて俺はなんて幸せなんだ!!」

霞「おまたせー……」

京太郎「!?」バッ

霞「似合ってるかしら///」モジモジ

京太郎「……」ダダダダダ

霞「……?」

京太郎「神様ありがとーーーう!」
トーーーウ
トーーウ
トーウ

京太郎「……」ダダダダダ

京太郎「凄く似合ってますよ」キリッ

霞「須賀くんがプレゼントしてくれたの着てみたけど少し大胆すぎないかしら///」

京太郎「霞さんスタイルいいですからとっても似合ってますよ」

霞「……ありがとう///」

京太郎「いやー、楽しかった 霞さんの水着姿も見れたし大満足!
    咲があれを着たら悲惨なことになるんだろうなぁ」


咲「む!」カッチーン

優希「どうしたんだじぇ咲ちゃん?」

咲「いま、凄くムカつくことを言われた気がする」



京太郎「ん?水着の中に違和感が……?」ピラッ

京太郎「ひぃ!?ク、クラゲが!やばいどうしようどうする!!」

チクリ

京太郎「ぐぉっ!」ドサッ

京太郎「なんだ!なんだこの疼きは!!」

霞「須賀くん大丈夫ですか!?今救急車を呼びます!!」



京太郎「で、何か異常は」

医者「特に問題はありませんね……ただ」

京太郎「ただ?」

医者「陰茎がとてつもなく肥大しています 腫れてるとかではなく成長していますね」

京太郎「まじですか!?」

医者「はい、平常時でおよそ16cmはありますね」

京太郎「おぉ……主よ感謝します」スッスッ

医者「とりあえずそのクラゲはコチラで預かっておきましたし異常も無さそうなので
   お帰りいただいても大丈夫ですよ」

京太郎「霞さんも心配してるだろうしさっさと帰ろーっと」ルンルン



医者「……」ゴクリ

チクリ

医者「うがぁ!」ドサッ

医者「」ピクピク


霞「須賀くんどうでしたか?」

京太郎「どうってことありませんよ この通り凄く元気です」

霞「本当かしら」ジトーッ

京太郎(うっ……霞さんのジト目)ムクムク

霞「!……凄く腫れてるじゃないの!ちょっと見せてみなさい!!」

京太郎「あっ!駄目です本当に駄目です!」

霞「いいから!」グイッ

京太郎「あーれー」

ベチン

霞(え?)

霞(今顔に……凄く大きくて固いものが……)

霞「こ、これって……」ゴクリ

京太郎「あわわわわ」

霞(話では聞いたことあったけどこんなに大きいかしら 30cmはある……)

霞「……」ウットリ

京太郎「……霞さん?」

霞「ご、ごめんなさい///」

京太郎「きき気にしないで下さささい」


霞の部屋

霞「……」

霞(須賀くんのとっても大きかった……あれって私を見て欲情してたってことよね?)

霞「はぁ……はぁ……」モゾモゾ

霞(あんなものを見せられたら……今度迫られたら……)

霞「んっ……ふん……」スリスリ

霞(絶対に断れない)ハァハァ


霞「はぁ……」

霞(寝れなくてリビングに来てしまったわ)

京太郎「あ……霞さんまだ起きてたんですか?」

霞「……」ビクッ

京太郎「うぉっ!どうしたんですか!?」

霞「なんでもなくて……あの……おやすみなさい!!」ダッ

京太郎「待ってください!」ダキッ

霞「!?」

京太郎「霞さん」ギュー

霞「須賀くん」ドキドキ

京太郎「好きです、霞さん俺と付き合ってください」

霞「駄目……駄目なのよ……」

京太郎「霞さん……絶対に幸せにしますから」

霞「うぅ……」ポロポロ

京太郎「霞さん」

霞「私も……私も須賀くんのことが好きよ」ポロポロ

京太郎「なら……!」

霞「それでも……駄目なの」

京太郎「そんな……」

霞「でも……今日だけは……今日だけなら……貴方の好きにして」パサッ


霞「ぁんっ……ふっ……んっ」

京太郎「霞さんキスが好きなんですね」

霞「あっ……んぅ」トローン

京太郎「わかります今からこれが霞さんの中に入るんですよ」

霞(お腹の上に凄く熱いものが……これが私のなかに)キュンッキュンッ

京太郎「いきますよ」

霞「……きて」

ズブブブブブ

霞「ーーーーーーーーっ!!?」

霞(痛い……凄く痛い)

京太郎「大丈夫ですか?」

霞「大丈夫だから……私と京太郎が結ばれた証を残して」ポロポロ

京太郎「はい」



朝起きると霞さんはいなくなっていた

机の上には永水の誰かの書き置きが残されていた

色々と書いてあったが要約すると霞さんには使命があるから返してもらうとのことだった

どうやら俺と霞さんは絶対に結ばれない運命らしい

だからこそ、霞さんは何度も俺を拒んでくれたのだろう

これで、よかったのだろう

あんなにいい女性で童貞も捨てれたんだからとても素晴らしいことだ

新しい恋を探せばいいそれだけだろう

霞エンド?




透華「あら、ハギヨシどこにいってましたの?」

ハギヨシ「そうですね、騎士を囚われのお姫様の所に送ってきたしたとでも言っておきましょうか」

透華「どういうことかさっぱりわかりませんわ?」

ハギヨシ(ふふ、須賀くん頑張って下さいね)



京太郎「……」ドンッ

京太郎「愛した女を幸せにできなくて何が男だ!」

京太郎「待ってろ霞!俺が必ず奪ってやる!!」

京太郎「と、きまれば殴り込みじゃぁーーー!!」

「なんだ、あいつは!?」

「者共であえであえーーー!」

京太郎「どかんかザコどもがぁーーー!」

「ぐぉぉぉおおお!」

「強すぎる……!」

「こっちは100人もいるだぞ!」

京太郎「俺を倒したかったら熊1000頭連れてこい!!」


京太郎「ふん、ウォーミングアップになんねーな」コキコキ

小蒔「あの……!」

京太郎「うぉ!ビックリしたぁ!」

小蒔「霞ちゃんのこと絶対に助けてあげてください」ペコリ

京太郎「え?俺のこと止めないんですか?」

小蒔「霞ちゃん帰ってきてからずっと泣いてました……きっと貴方と一緒にいたいんだと思います!
   私にそんなことを決める権限はないので貴方がさらってしまってください!」フンス

京太郎「言われなくてもですよ!」

小蒔「あ、あとコチラはお返しします!この先の戦いで使ってください
   操縦楽しかったです!!」キラキラ

京太郎「返ってきたなガンダム……!」

ガンダム「……」

小蒔「絶対に……絶対に霞ちゃんのことを幸せにしてあけでくださいね!!」

京太郎「おう!行くぜガンダム!!」

ガンダム「……」ブォン

本殿の中

ガンダム「ここが本殿か……霞は何処に?」

ゴゴゴゴゴゴゴ

ガンダム「うぉ!?なんだ!?」

ゴッドガンダム「……」

ガンダム「あれは……ゴッドガンダム!?」

ゴッドガンダム「……」クイックイッ

ガンダム「かかって来いってか上等だーーー!」



ガンダム「ぐっ……流石に性能が違いすぎる!」

ゴッドガンダム「……」ガガガガガ

ガンダム「腕が……くそここまでか」ガクンッ

ゴッドガンダム「……」チュイーン

京太郎(爆熱ゴッドフィンガーか……避けるエネルギーは残ってないな)

京太郎(ごめんな霞……)

ピカー

京太郎「こ、これは!?あの時の大吉か!!」

京太郎「そうだ、こんなところで諦めてどうする!霞を幸せにすると約束したんだ!!」

京太郎「気合い入れていくぜーーー!」

ガンダム「!」ピカー

ガンダム「……」ゴゴゴゴゴゴゴ

京太郎「これは!!機体が変化する!?」

ゴッドガンダム「……」シュッ

京太郎「くそ!避けることはできない!なら進むのみだ!!根性ーーー!」ピキーン

京太郎「!?トランザーーーム!!」

シュインッ

京太郎「……」

ゴッドガンダム「……」

ゴッドガンダム「……」ガクンッ

スサノオ「……」

京太郎「か……勝ったのか?」

ゴッドガンダム「」ガシャン

スサノオ「……」

京太郎「トランザムで相手のタイミングをずらせたから片腕だけですんだのか……ありがとう大吉」

『見事であった人の子よ』

京太郎「え?」

『先の戦い楽しませて貰ったぞ』

京太郎「もしかして神様ってやつですか?」

『いかにも』

京太郎「SOA」

『……』

京太郎「す、すみません……どうぞ話を続けてください」

『君は私に勝ったのだどんなものでもくれてやろう』

京太郎「どんなものでも……」

『富か?名誉か?それとも女か?全てを望むのなら全てを授けよう』

京太郎「ふ……俺が欲しいものは一つだけですよ……それは」



京太郎「ふーっ、今日もいい天気だな」

あの殴り込みから5年が経った

永水の方からは何の苦情も来ていないきっと神様というやつが対処してくれたのだろう

京太郎「久し振りに洗ガンダムしてやるか」

スサノオ「……」

俺はというと大学を出た後長野で仕事を見つけてのんびりとくらしている

流石にガンダムを持って都会に行くわけにはいかない

京太郎「こんなもんか」

スサノオ「……」ピカピカ

この暮らしにはとても満足している

なぜなら

霞「あなた、麦茶を置いておきますね」ニコニコ

愛する人がいるからだ


京太郎「お!ありがと霞」

霞「お菓子もあるから一緒に食べましょう」

京太郎「……それにしても平和だなぁ」ポケーッ

霞「そうね」ポケーッ

京太郎「霞は良かったのかこんな実りのない生活で?」

霞「確かに向こうの生活は辛いけど遣り甲斐はあった……けど、やっぱり愛した人と過ごすのが一番幸せよ」ギュッ

京太郎「そっか」ギュッ

霞「それに、もう嫌でも離れなれないわ」

京太郎「え?」

霞「///」サスサス

京太郎「もしかして……」

霞「……」コクリ

京太郎「ひゃっほーーーい!」

これからもこの幸せは何倍にもなって続いていくだろう

京太郎「愛してるよ霞」チュッ

霞「私もよ京太郎」チュッ

霞エンド




京太郎「うん?誰からだコレ?」

京太郎「こここここここ子作り許可証だと……!?」

京太郎「ふわぁぁぁぁぁあああああ!!うごぉぉぉおおおお!」

その日は眠れなかった


翌日

京太郎「よし、心は落ち着いた注意書きも呼んだ
    どうやらコレはいわゆるおもちもちの女性にしか使えないらしい」

京太郎「これさえあれば福路美穂子さんを……!ふひ、ふひひひひ!」

翌日

美穂子「あら、貴方は清澄高校のマネージャーの……杉君?」

京太郎「須賀です!それにマネージャーじゃありませんから!」

美穂子「そうなんですか!?ごめんなさい!」ペコリ

京太郎「まぁ、いいですけど」

美穂子「今日はどんなご用件で?」

京太郎「美穂子さん!コレをみろ!!」バッ

美穂子「えぇーっと……子作り……許可証ですか?」

京太郎「はい!」

美穂子「……え?」サーッ

京太郎「では、早速!いっただきまー」

ピピーッ

京太郎「え?」

玄「待つのです須賀くんまずは管理局の確認作業があるのです!」

京太郎「はい?」

玄「対象のおもちが大きいのか私が確かめるのです!」フンス

京太郎「いや、見りゃわかるでしょアレ」

玄「触らないとわからないこともあるんだよ」ワキワキ

美穂子「ふっ……やめてください……こんなこと間違ってます」ハァハァ

玄「フヒヒ……役得ですのだ」モミモミ

美穂子「ぁ……ん……」

玄「ふぅ、これは正真正銘のおもちです! 須賀くん思う存分犯していいよ!」ツヤツヤ

京太郎「あざーーーっす!」

京太郎「では、気を取り直して……いっただっきまーす!」ピョーン

美穂子「きゃあ!」

京太郎「おもちもちもち」モミモミ

美穂子「やめて……離して……!」ジタバタ

玄「抵抗するのはいいですけど逃げたりしたら一生豚箱だから気を付けてね!」

京太郎「ですって」モミモミ

美穂子「そんなぁ……」

京太郎「美穂子さんわかります?今から美穂子さんは犯されちゃうんですよ?」

美穂子「……」ポロポロ

京太郎「ほら、私は犯されますってしっかり言ってくださいよ」

美穂子「……わたしは、おかされます」ポロポロ

京太郎「よく言えました、なら次は俺の息子にこんにちはしましょうね」ボロンッ

美穂子「……うぅ」

京太郎「こんにちはって挨拶してからキスしてあげてくださいよ」

美穂子「そんなこと……できるわけが」

京太郎「……」ジッ

美穂子「ひっ……!」

京太郎「お願いしてる内にやってくれると助かるんですけどねー」

京太郎「じゃあ、練習した通りにやってみてぐさい!さん!はいっ!」

美穂子「こんにちは……今から私のことを激しく犯してくださいね……」チュッ

京太郎「ちゃんといえましたねー偉いですよ」ナデナデ

美穂子「なら、もう許して……」プルプル

京太郎「なに言ってるんですか貴方から犯して下さいって言ったんですから
    こんなとこで止めるなんてできませんよ」ニヤニヤ

美穂子「そ……そんなぁ……」

京太郎「じゃあお尻を犬みたいな姿勢でこっちに向けてください」

美穂子「……っ!」

京太郎「ほらしっかりとお尻をふってアピールしてくださいよ」

美穂子「……」フリフリ

京太郎「……何か言うことがあるんじゃないですかー?ここで俺が犯すのをやめたら
    美穂子さんは刑務所行きなんですよー?」

美穂子「わ、私のために私のことを犯してください……お願いします……」フリフリ

京太郎「ふふ、美穂子さん気づいてます?さっきから俺が一切触ってないのにもう濡れてますよ?」

美穂子「そんなこと……あるはずが」フリフリ

京太郎「今からされることを想像して濡らしたんですか?それともHなことを言ったことで
    濡らしちゃったんですか?」ニヤニヤ

美穂子「うぅ……」

京太郎「なにお尻をふるの勝手に止めてるんですか」パシーン

美穂子「……痛い!」

京太郎「はやくふってくださいよ」パシーン

美穂子「っいまからふりますから……」フリフリ

京太郎「……」ニヤニヤ

京太郎「じゃあ美穂子さんもお待ちかねのようですしそろそろメインディッシュを頂きますか」

美穂子「……」フリフリ

京太郎「あれ?もしかして犯して欲しくないですか!?」

美穂子「え……?そ、そんなことはありません!はやく!はやく!犯してください!!」フリフリフリフリ

京太郎「そうなんだよかったー、てっきり美穂子さん刑務所行きたいのかと思ったー」アハハ

美穂子「はやく!はやく!」フリフリフリフリ

京太郎「そんなに言われたらしょうがない……では、美穂子さんの大切な処女ゴチでーす」

ズブブブブブ

美穂子「……っ」

京太郎「……」パシーン

美穂子「す、すみませんふりますから叩かないで下さい」フリフリ

京太郎「あーきもちいー……美穂子さんのなか精子を出してほしくてギュウギュウに締め付けてきますよ」

美穂子「……ぁ……っ」フリフリ

京太郎「でも、ちゃんと腰をふってくれないとイケそうにないですよー」パシーン

美穂子「すみません!すみません!」フリフリフリフリ

京太郎「あーいい感じですよー」

美穂子「ふっ……ふっ……ん」ビクッ

京太郎「あれ?もしかしてイッちゃいました?」

美穂子「……はい」グデー

京太郎「えー、俺まだイッてないですよ」

美穂子「でも、私イッたばっかりで」

京太郎「しょうがない、駄目なメス犬の代わりに俺が動いてあげますよ」

美穂子「あ!あ!あ!あ!あ!駄目ぇ!もう駄目ぇ!」ガクガク

京太郎「なに言ってるんですか美穂子さんが何回もイッテるだけで俺まだ一回もイッてないですよ」パンパン

美穂子「許してくださいぃ!もう十回はイッテますから!!」ガクガク

京太郎「数えられる余裕があるならまだ大丈夫ですね ペースあげますよ」パンパンパンパン

美穂子「あっ……うぅーーーっ」ビクッ

京太郎「その呻き声犬っぽくていいですね……そうだ、今から犬の鳴き声だしつくださいよ」パンパンパンパン

美穂子「そんな……こと」ガクガク

京太郎「……」バシン

美穂子「きゃいん!……わん!わん!くぅーん……くぅーん」フリフリ

京太郎「ふふ、可愛いよ美穂子」ナデナデ

美穂子「わん!わん!わん!わん!」フリフリフリフリ

京太郎「お、そろそろ出しますよ」

美穂子「わん!わん!」フリフリフリフリ

京太郎「いきますよー」パンパンパンパン

美穂子「ふーっ……ふーっ……」フリフリ

京太郎「くっ!」ドビュルルル

美穂子「んっくぅぅぅーーーーん!!」ビビクンッ

京太郎「おースッゲー出た」

美穂子「はっ!はっ!」ガクガクガクガク

京太郎「気持ちよかったですよ美穂子さん」チュッ

美穂子「あはっ……くぅーん♪」フリフリ

京太郎「まだしたいんですかしょうがないメス犬ですね」

美穂子「はっ♪はっ♪」ペロペロ



美穂子「……くぅーん……くぅーん」ガクガクガクガク

京太郎「10回も出したからか美穂子さんはもうグロッキー状態だな」

玄「これ精力剤ですどうぞ」スッ

京太郎「あ、ありがとうございます」ペコッ

玄「いえいえ、あの犬、可愛がってあげてくださいね!では!」スタスタ

京太郎「いっちゃった」

京太郎「一匹だけじゃ寂しいだろうし次の犬を探すか」

京太郎「やっぱり佳織さんかなぁ前から目をつけてたんだよなぁ 同じ金髪だし」



京太郎「あ、すみませんちょっといいですか?」

佳織「えっと……なんでしょう?」

京太郎「この許可証が目に入らぬかぁ!」

佳織「え!?」

佳織「こ、子作り許可証ぉ!!」アタフタ

京太郎「ふはは、もう遅いわ!玄さん!!」パチン

玄「おもち検査入りまーす!」



佳織「うぅ……」シクシク

玄「これまたすばらなおもちだよ!須賀くんは見る目があるね!!」

京太郎「はっはっは、そう褒めんといてください!」

玄「うん!わかった!!」

京太郎「いやいやいやいやそうじゃないでしょう」


京太郎「大丈夫ですよ佳織さん」スッ

佳織「……あ」

京太郎「絶対に酷いことはしませんから」ナデナデ

玄(もうしてるんじゃ……)

佳織「ほ、本当に?」

京太郎「はい!」ニッコリ

佳織「ふ、ふつつかものですが……よろしくお願いします!」ペコッ

京太郎「……」ニヤニヤ

玄(鬼がいるのです)

京太郎「なら、まずは濡らしてあげますね」スリスリ

佳織「く、くすぐったいよ」アハハ

京太郎「こっちを向いてください佳織さん」

佳織「えっ……んっ……ちゅっ……あ」

京太郎「……」スリスリ

佳織「んふっ……ぷはぁ!んんっ!… …んぁ」

佳織(上手く息が出来なくて……頭がポワポワ……)

京太郎「……」スリスリ

佳織「んっ!」ビクッ

佳織(な、なに今の?)

京太郎「……ぷはっ!こんなもんですかね」

佳織「あっ……お股が濡れて」ハァハァ

京太郎「そりゃあそうですよ身体はすっかり女なんですから」

佳織「んぁ……ぁ……」トローン

佳織(気持ちいい……子作りってこんなに気持ちいいんだ)

京太郎「今度は俺のを触ってくださいよ」ボロンッ

佳織「ひっ!」

佳織(凄く大きいし変な形……)

京太郎「とりあえず握ってみてください」

佳織「こ、こう?」ニギッ

京太郎「うっ……そのまま上下に」

佳織「……うん」シュッシュッ

京太郎「よかったら舐めてみてください」

佳織「こうかな……?」ペロペロ

京太郎「亀頭だけじゃなくて裏筋の方も」

佳織「うん、わひゃった」ペロペロ

京太郎「ありがとうございますお陰ですっかり元気です」

佳織「ど……どういたしまして?」

京太郎「ぷっ……なんですかそれ?」

佳織「だって……///」

佳織「恥ずかしいよこの体勢///」

京太郎「これは正常位といって子作りでは最もオーソドックスな姿勢なんですよ」

佳織「でも、須賀くんの顔が近くて」

京太郎「入れちゃったらそんな恥ずかしさなんてどうでもよくなっちゃいますよ」ニコッ


京太郎「じゃあいれますね?」

佳織「……」コクン

ズブブブブブ

佳織「い……いた……やめ」

京太郎「一気にいきますよ」

ズンッ

佳織「……かはっ!」

佳織「うぅ……痛いよぉ……」ポロポロ

京太郎「大丈夫ですか?痛みが引くまで動かないので安心してください」

佳織「……抱き締めて?」

京太郎「はい」ギュー

佳織「ナデナデして?」

京太郎「はい」ナデナデ


佳織「痛みは引いてきた……かな?もう動いてもいいよ」

京太郎「じゃあ少しずつ」パンパン

佳織「んっ……んっ……」

京太郎「どうですか?」

佳織「内蔵が……んっ……押し上げられるような……んっ!」

京太郎「気持ちいいですか」

佳織「うん、気持ちいいよ」ニコッ

京太郎「佳織さん俺もうそろそろ」

佳織「うん、わたしもそろそろ何か来そう」

京太郎「佳織さん」パンパン

佳織「んっ!んっ!京太郎君!!」

京太郎「佳織さん!」パンパン

佳織「京太郎君!!」ゾクゾク

京太郎「うっ!」ドビュルルル

佳織「あっ!あっーーー……」ビクンッ

京太郎「……ふぅ」

佳織「えへへ……お腹の中あったかい」サスサス

京太郎「気持ちよかったですよ佳織さん」チュッ

佳織「私もだよ京太郎君///」チュッ



京太郎「あのあと、二発ほどやって佳織さんとは連絡先を交換して別れた」



京太郎「竜華さんを落としてビデオレターを怜さんに送ろう
    ん?不思議な薬……NTR……子供の名前……うっ頭が!」


京太郎「竜華さんですか?」

竜華「だったらなんや?」

京太郎「許可証くらえぇ!」

竜華「は!?」

竜華「清澄高校1年須賀京太郎?なんやただのナンパかアホらし」

京太郎「えっ?……あっ間違えたこれ学生証じゃなねぇか!!本物は……」ゴソゴソ

竜華「ほなな須賀京太郎君、次うちの前にあらわれたら容赦せんで」ヒラヒラ

京太郎「行ってしまった……」

京太郎「一生の不覚……」

京太郎「うむむ……やはり竜華さんのことが諦められない」


竜華「なんやまたお前か言うたよな次おうたら容赦せんでって」パキパキ

京太郎「くっ!今度こそ」バッ

京太郎「っしゃおらぁ!どうじゃぁ!」

竜華「子作り許可証やと……!」

京太郎「今度こそ成功だな」フヒヒ

竜華「い、嫌や……お前みたいな男なんかと……うちには怜が」ダッ

玄「逃げちゃ駄目ですよ竜華さん」ガシッ

京太郎「ナイスです玄さん」

玄「これぐらいおまかせあれ!」

竜華「……」ガタガタ



京太郎「竜華さんごはん持ってきましたよー」

竜華「……」ノソノソ

京太郎「あっトッピングするんでちょっと待ってください」シコシコ

竜華「……」

京太郎「うっ」ドビュルルル

竜華「……はぁ」

京太郎「今日も妊娠するまでヤり倒すんでしっかりと食べて体力つけてくださいね」

竜華「……」ガツガツ

竜華「……ん」

京太郎「しっかりと食べきりましたね偉いですよ」ナデナデ

竜華「……」

京太郎「なら次は妊娠検査薬ですね」

竜華「……うちがおもらしするところを見てて下さい御主人様」

京太郎「前まであんなに反抗してたのにちゃんと言えるようになりましたね」ナデナデ

竜華「っふ……うぅ……」

京太郎「ほら、犬みたいにちゃんと片足あげて」

竜華「ん……」チョロチョロチョロ

京太郎「えっと、まだ陰性ですね」

竜華「そっか……」シュン

京太郎「これじゃあ当分は帰れそうにないですね」

竜華「御主人様のおちんぽではやくうちを孕ましてください」フリフリ

竜華(耐えなアカン、検査薬で陽性さえ出たら帰れるんや……その後子供をおろせば……こんなやつの子供なんて)

京太郎「可愛いよ竜華」ナデナデ

竜華「……あ///」



怜「竜華がおらんくなってからもう2ヶ月か……警察に行っても何故かまともに取り合ってくれんし
  どないすりゃええんよ?竜華……」

怜「ん、なんや?ポストの中に封筒が」



怜「中身はDVD……この色はBDか」

怜「題名も何もない……とりあえず再生してみらんとな」

ピッ

竜華『怜みとるかー?』

怜「竜華!?」

竜華『うちが突然おらんくなって怜は寂しいやろなー』

怜「何処や!?いま何処におんねん!?」

竜華『せやから……』


竜華『今からうちが御主人様のおちんぽにハメ倒されるの見て自分を慰めてな』ニッコリ

怜「……は?」

京太郎『じゃあ、もう腰をおろしていいですよ』

竜華『やっとかい……待ちわびとったでぇ……うぅーーー……は、入ったぁ♪』


怜「なんやねん……コレ」

竜華『はぁ……あはっ♪……あん!』フリフリ

京太郎『あんま腰ふらないでくださいよ竜華さんの気持ちよすぎて我慢できないんですから』

竜華『無理や……!あんっ!怜に見られてると思ったら興奮して……それに我慢なんかせんでも
   何回でも中に出してや』フリフリ

京太郎『本当に俺達の体の相性バツグンですよね』

竜華『もう離れられへん……心も体も御主人様に惚れてもうたわ』フリフリフリフリ

京太郎『嬉しいこといってくれますね……っと』パンパン

竜華『うひぃ!キた!キた!!御主人様ぁ!!』フリフリフリフリ

怜「嘘や……こんなん嘘や……」

竜華『御主人様キスしてや~』ハァハァ

京太郎『竜華は甘えん坊だなー』

怜「竜華が知らん男に抱かれて……何回も達しとる……」ガクガク

竜華『あん!あぁん!御主人様ぁ!』ビクンッ

京太郎『今ので何回目ですか?』

竜華『じゅっかいです……じゅっかいもイッひゃいまひた~』

怜「あぁ……」

うちの竜華が汚されとる

竜華『御主人様~』フリフリフリフリ

何回も達してそれでも腰をふりつづけてる

怜「……はぁ……はぁ」クチュクチュ

こんなの絶対に間違っとる


京太郎『そろそろ出しますよ』

怜「そ!そんなん絶対にアカン!子供ができてまうわ!」ガタッ

竜華『心配せんでも大丈夫やで怜~コレ見てみ ここに+って出てるのわかるやろ?
   これなもうウチと御主人様の子供が出来たってことや 何回でも生おま○こできるってことや』フリフリ

怜「……あぁぁ」

京太郎『怜さんの考えてることわかるもんですか?』パンパン

竜華『わかるでぇ……んっ!そりゃあ元恋人やもん……んぅ!』フリフリ

怜「りゅあかぁ……りゅうかぁ……」クチュクチュ


京太郎『じゃあいきますね……』パンパンパンパン

竜華『あ!あ!あ!キスしながら!キスしながらがええ!!んっ……ふっ……』ペロペロ

京太郎『うぐっ……』ドビュルルルルルル

竜華『んぐっ……おほぉぉぉおおお……』ビクンッビクンッ

京太郎『なんちゅうはしたない声あげてるんですか ほら、怜さんにしっかり最後の挨拶をしてください』

竜華『ときぃ……うちもう帰らんからなぁ……ごしゅじんさまとの子育てと子作りに
   はげむって決めたんやぁ……』サスサス

竜華『寂しくなったらいつでもその封筒に入ってる他のビデオみてや~
   今までの御主人様との交尾や検査薬な経過とか全部はいっとるからぁ♪ほななー』

京太郎『竜華』チュッ

竜華『んっ』チュッ

プッ

怜「りゅうかぁ……りゅうかぁ……」シクシククチュクチュ



美穂子「わん♪わん♪」フリフリ

京太郎「っぐ……いいよ美穂子!」パンパン

美穂子「くぅーん♪くぅーん♪」

竜華「……」

佳織「京太郎くん!」

京太郎「佳織!中に出すよ!」

佳織「うん!」

竜華「……」

竜華「パパは浮気性でアカンなーどうしたらええかなー」サスサス

竜華「そうや、いいこと思い付いた」



京太郎「なんだよ竜華急に……」

竜華「ちょっと後ろ向いてもらえるか?」

京太郎「おう」クルッ

ドスツ



京太郎「こ、ここは……地下室……?」

竜華「せやでウチと御主人様の愛の巣や」

京太郎「ぐっ背中が刺されて……」

竜華「ほら見てみウチと京太郎を繋いでる手錠、絶対に切れないぐらい太いやろ
   まるで二人の愛みたいや」クスクス

京太郎「何をいって」

竜華「ここになこの部屋の鍵と手錠の鍵があるんやけど……」

京太郎「それを……こっちに」

竜華「こんなんもういらんわな」ポイッ

カランカラン

京太郎「あ……排水口の中に……あぁぁ……!」

竜華「これで死ぬまで家族一緒にいられるで」ニコッ

京太郎「俺が……間違ってたのか……?」

竜華「間違ってなんかない……ウチはこんなに幸せやもん」


竜華「愛してるで京太郎」ニコニコ

竜華エンド




京太郎「なんだこの荷物?」

京太郎「なになに?異性をドスケベ淫乱痴女に変えちゃうお薬?嘘くさっ!」

京太郎「折角だし狩宿巴さんに飲ませてみるか」

永水

京太郎「すみませーーーん」

小蒔「あっ貴方は!須賀さんですよね!?」

京太郎「そ、そうですが……」

小蒔「この前は約束を守って頂きありがとうございます!今日はガンダムは一緒じゃないんですね!」

京太郎「……約束?……ガンダム?なんのことだがさっぱり……」

霞「小蒔ちゃーんちょっとこっちに来てくれるかしら」ゴゴゴ

小蒔「あ、あわわ」

霞「ちょっと奥の部屋行きましょうか」ズルズル

小蒔「うあぁ……助けてくださーい」


京太郎「なんだったんだ今の……」


京太郎「巴さんいますかー?」

巴「はい、何か用ですか?」

京太郎「これ飲んでみてください」ドンッ

巴「え?」

京太郎「飲んでみてください」

巴「貴方は誰で、これはなんなんですか?」

京太郎「秘密です、とりあえず飲んでみてくださいグイッと」

巴「えぇ……」

巴「いや、流石にそれは……」

京太郎「大丈夫ですって……多分」

巴「すみませんが今日のところはお引き取り願います」

京太郎「そんなこと言わずに」

巴「お願いします」

京太郎「……はい」


京太郎「追い出されちゃった」

京太郎「こういう時は外堀から埋めていかないとな」

京太郎「まずは小蒔さんからかなー」



小蒔「あっ須賀さん!先程はすみませんでした!」ペコッ

京太郎「ははは、気にしないでください」

小蒔「お詫びに何かしてあげたいんですが……」

京太郎「小蒔さん!俺と付き合ってください!!」

小蒔「え……えぇーーー!」

京太郎「お願いします!」

小蒔「須賀さんには……霞ちゃんもいますし……その///」

小蒔「えっと……ごめんなさい」ペコッ

京太郎「あ……はい」

小蒔「やっぱり霞ちゃんのことは裏切れません……友達としてなら」

京太郎「そうですね……友達ですね コマキ……マイ……フレンド」



京太郎「今日はとことんついてないなぁ……」シンミリ

京太郎「えへへ、小蒔さんお願いがあるんですが」

小蒔「なんですか?」

京太郎「これを巴さんの料理に入れてくれないでしょうか」

小蒔「これは?」

京太郎「料理が美味しくなるスパイスですよ」

小蒔「そうですか……わかりました!」



小蒔「えぇっと巴ちゃんの料理は……どれだっけ?」

京太郎「ふへへ、皆寝静まってるな 今のうちに巴さんの部屋に忍び込んで」

ガシッ

婆「なにをしておるのかのう……」プルプル

京太郎「えぇっと……その……」

婆「まぁよい……それより……」

京太郎「……」ホッ

婆「身体が疼いて仕方ないんじゃよ///」

京太郎「!?」



婆「待たんかいこぞーーーう!」ダダダ

京太郎「ひぃっ!それだけはそれだけは堪忍してくださーーーい!」ダダダ



京太郎「し、死ぬかと思った……本当に人生で一番の危機だった気がする」ハァハァ

京太郎「永水には縁がなかったんだな……もう諦めよう」

京太郎「折角だし同じ九州繋がりで新道寺に行って煌さんに飲ませるとするか……」



新道寺

姫子「なんしおっとね!部外者が勝手に入るのは」

京太郎「姫子さん可愛い」

姫子「え」

京太郎「姫子さんのしたまつげが可愛い」

姫子「その……」

京太郎「姫子さんの萌袖可愛い全てが可愛い」

姫子「///」

京太郎「入っていいですか?」

姫子「よかよ///」



京太郎「どうも!」

煌「む!貴方は部外者では!?」

京太郎「姫子さんの許可をしっかりと貰ってるのでご心配なく」

煌「そうなんですか、それなら歓迎しますよ!新しき友人……すばら!」

京太郎「早速ですがこれ、グイッといってみましょう!」

煌「え?」

京太郎「お願いします」ウルウル

煌「友人のお願いは断れません!飲まさせて頂きます!!」

京太郎「おぉおおお」パチパチ

煌「……」ゴクゴク

京太郎「どうですか?」

煌「ただの美味しい水ですね」

京太郎「なんかこう……内側から沸き立つものとかは?」

煌「まぁまぁ!そんなことより鶴田さんがあそこで羨ましそうにコッチのことを見てますよ!
  相手してあげてください!」グイッ

京太郎「うぉっと、なら姫子に校舎の案内してもらいます」

煌「親睦を深める……すばらです!」



京太郎「あの薬パチもんだったのか?」



煌「出ていきましたね……」

煌「っふ~~~……!」ガクガクガクガク

煌「もう立ってられません……」ペタリ

煌「身体が熱く……疼いて……」ハァハァ

煌「でも、出会ったばかりの友人に手を出すなんてきっと向こうも驚いてしまいます」ブンブン

煌「我慢です……!我慢……!」



京太郎「え!?福岡ってどんな料理にでも明太子ぶちこむんじゃないんですか!?」

姫子「どんな偏見ねそれ」

煌(精神を集中すれば……集中集中)

バッーーーン

京太郎「煌さんも一緒に回りませんか!?」

煌「ひゃ、ひゃい!?」

京太郎「一緒にいきましょう!」ギュッ

煌「んんっ!」

煌(ダメ……男性の匂いがするだけで身体が)バクンバクン

煌「……」ハァハァ

京太郎「煌さん?」

姫子「なんばしおっとね二人とも!早くいかんと時間なかよ」

京太郎「あ、いまいきまーす」

姫子「ここが食堂、レディースランチが上手かよ」

京太郎「へーそうなんですか」

姫子「……」チラッ

煌「……」ハァハァ

姫子「どがんしたんやろいつもは凄く元気なのに」ボソボソ

京太郎「さぁ……?わかんないです」ボソボソ

煌「……」ピトッ

京太郎「!?」ビクッ

姫子「なんでそがんに距離が近かと?もうくっついてるたい!」ムムム

京太郎「……さぁ?」アハハ

煌「ふっ……ふっ……」スリスリ

京太郎(まさか本当にあの薬が効いているのか!?)

京太郎「なんか具合が悪そうなんで保健室に連れていきますね」

姫子「なら私が案内ば……!」

煌「大丈夫です!私がナビゲーションします!!」

姫子「お、おぅ……」

煌「さぁ、須賀くん早くいきましょう!時間は有限ですよ!!」グイッ

京太郎「あっ、ちょっとそんなにひっぱらなぁぁぁーーー……」

姫子「……グスン」ポツーン

保健室

京太郎「誰もいないみたいですね」

煌「……」ドンッ

京太郎「うぉ!?」ドサッ

煌「ふふふ、もう我慢できません頂いちゃいますね」シュルシュルパサッ

京太郎「えっと……煌さん?」

煌「はぅぅ……駄目です!こんなはしたないこと!」ジタバタ

京太郎「煌さん?」

煌「私の理性が勝っているうちに何処かに移動してください!うぅーーー……」

京太郎(煌さんが苦しんでる……俺のせいだ)

京太郎「煌さん!」ギュッ

煌「うぅ……そんなことされたら」ハァハァ

京太郎「もう我慢しなくていいんです!俺が全部責任をとります!!」ギュー

煌「須賀くん……!須賀くん……!」ギュー

京太郎「貴女を一生愛します!だから俺と!!」

プツン

煌「あああぁぁぁあああ!!」ビリビリ

京太郎「きゃーーー!」

煌「そうですねイケるところまでイッちゃいましょう!!」ハァハァ

京太郎「や、優しくしてください」ビクビク

煌「すばらぁぁぁあああ!」



京太郎「さっきまでの威勢はどうしたんですか?」

煌「うぅ……///」

京太郎「ほら、早くブラジャーを外して見せてくださいよ」

煌「……///」プチッパサッ

京太郎「おもちは小さいですけど綺麗な色をしてますね」モミモミ

煌「す、すばらぁ……」

京太郎「好きですよ煌さん」チュッ


煌「あっ……あっ!あっー!中に……中に出してください!!」

京太郎「うっ」ドビュルルル

煌「すばらぁぁぁあああ……!」ビクンッビクンッ



とまぁ色々とあって

俺は煌さんと付き合うことになった

高校は違うので遠距離恋愛と言うことになるが同じ大学に入れるように勉強は頑張っている

薬のことについてはまだ黙っている……言ってもいいかもしれないがこの事を考えると嫌な思い出まで蘇ってしまう

煌「よーしよーし男の子は泣いちゃ駄目ですよ」ナデナデ

「……うん」ポロポロ

煌「いい子です!すばら!」

「すばら?」

煌「はい、すばらです!」

「すばら!」

煌「すばら!!」

付き合ってから気付いたことだが彼女はとても優しい

今だって道端で泣いていた知らない男の子を慰めている


煌「お待たせしました京太郎くん!」

京太郎「ん……で何だったんだ?」

煌「転んだだけらしいです!」

京太郎「そっか」

煌「はい!では、デートの続きといきましょう!」

彼女は優しくてとても明るい正直俺にはもったいなさすぎるぐらいの良くできた人だ

俺なんかが責任を取ると言う形で付き合って良かったんだろうかと考えることがあるが

煌「はやく行きましょう!京太郎くん!!」ニコニコ

彼女の笑顔を見ていたらどうでもよくなってしまう

京太郎「しっかりとエスコートさせて頂きますよお姫様」

煌「すばらです!」ニコニコ

この幸せを噛み締めよう

煌エンド