京太郎「俺、出会った頃はセーラのこと男子だと思ってたんですよね」

竜華「あー、だからめっちゃ気安かってんな」

怜「うちらはガースーがセーラの彼氏かと思ててんけどな」

竜華「そうそう、めっちゃスキンシップしとるし。抜け駆けされたもんかと」

セーラ「アホかお前ら」

京太郎「まぁ、男子特有の馴れ馴れしさってやつですね」

怜「ホモォ…」

京太郎「違いますよ!?というか普通にセーラ女子ですよね!?」

竜華「でも男の子やと思っとったんやろ?」

京太郎「まぁ、そっすね」

セーラ「別に俺はそっちでもええねんで?ぶっちゃけ女扱いされてもキモいし」

竜華「もう…セーラももう少し女の子としての自覚もたな」

怜「そーそー。この薄幸の病弱系儚げ美少女怜ちゃんほどとは言わんけどもうちょいなー」

セーラ「うっさいなー。ええやろ別に困るもんでもなし」

京太郎「まぁ、俺もセーラは多少ガサツというか、男っぽくていいと思いますけど」

「「えー」」

セーラ「せやせや、言うたれ京太郎」

京太郎「というかセーラが『えへへ、京太郎といっしょで嬉しいなっ♪』とかみょーちきりんな話し方されても困るでしょ」

セーラ「お前の中のそれ誰やねん…」

竜華「えー、よくないかなそれ。そういう女の子のセーラもおってええと思うねんけど」

怜「まぁ、そこらへんは当人達にまかせよかー」

セーラ「あほらし。俺にそんなん似合わへんやろ」

京太郎「だよなー」

怜「もしくは、謎のお姉さま須賀京子ちゃんでも」

京太郎「もっとねぇですよ」


カンッ♪