コツ コツ コツ カララララ
竜華「怜ー?起きとr……」



怜「…郎、ウチな、もうアカンみたいやわ……」

京太郎「そんなっ……!怜さん……」

怜「自分でも出来る限りのことはやっとったけど……それでも、な……」

京太郎「こんなところで……諦めるなんて、俺の知ってる怜さんじゃありません……っ!」

怜「そう言うけどな、京太郎。ウチの命、もうほんのちょっとしか残っとらんのやから……」



竜華(え……え……?ど、どういうことや……?今回、怜はただの検査入院やったはず……

    やのに……怜の命が……?何か、アカンもんでも見つかった言うんか!?)



京太郎「ですけど……!怜さんがいなくなってしまったら、俺、どうしたら……」

怜「京太郎やったら大丈夫や。もう最初の頃ほど下手やない。ウチが死んでも、後を任せられるから……」



竜華(そんな……怜が……怜がいなくなる……?そんなん……!)



京太郎「俺が……俺が何とかします!ですから、もう少し……」

怜「あっ、痛っ!うっ……これもう、ホンマにアカンわ……」



竜華「っ!!と、怜っ!!待って!アカンっ!」

怜「ふぇ?」

京太郎「へ?」

ドン! ボボボボボ!
怜「あ。あ~ぁ、死んでもうたぁ……」

京太郎「ちょぉっ!?」

怜「まあまあ、後2体や。頑張りぃ」

京太郎「いやいやいやいや、無理、無理ですって!」

竜華「あんたら、何やっとんの……?」

怜「ん~?DSのカー○ィやで。真・格○王への道やっとってん」

竜華「ほんならさっきの会話は……」

怜「さっきの会話?なんかおかしいとこあった?」

京太郎「あ、あ、あぁあ?!」

怜「あ~あ~。また失敗やなぁ」

京太郎「すいません……あ、竜華さん、こんにちは。えっと、どうしたんですか?」

竜華「……くんの…………」

京太郎「はい?」

竜華「京くんのアホー!」ダダダダダ

京太郎「ええぇぇ?!」

怜「あ、行ってもーた。なんか勘違いさせてもうたみたいやな」

京太郎「え、勘違いですか?……うわ、確かにガッツリ勘違いしそうな会話だったかも……」

怜「まあ、竜華にはまた今度謝ればええやろ。そ・れ・よ・り・も。ほれ、もっかいやんで~♪」

京太郎「うぇ、またですか……」

怜「おう、またや。あんたが言ってくれたんやろ?いくらでも付き合ってくれるって」

京太郎「分かりましたよ……どうぞお気の済むままに、お姫様」

怜「ええ心がけやで、京太郎♪」

カン!