和「須賀くん、週末暇ですか?」

京太郎「えーと。一応空いてるけど。どうしたよいきなり」

和「明日、咲さんの携帯を買いに行こうと思うんです」

京太郎「そうですかい…あれ?俺必要か?」

和「ケータイショップのある街の方に行こうと思ってるんです」

京太郎「いいじゃん街。暇さえあれば本読んでそうな引きこもりガール咲ちゃんを外に連れ出しておくれ」

和「はぐれて迷子になるまでが咲さんのデフォルトですが」

京太郎「オーライまかせい」

京太郎「アイツのルーラ染みた迷子スキルはなんなんだか」


和「…須賀くん」

京太郎「あん?なんだよ」

和「なんで麻雀部にいるんですか?」

京太郎「…和が麻雀部をやめろとおっしゃる。私のハーレムに男は不要とおっしゃる」

和「い、いってませんよ!?違いますよ!?」

京太郎「じゃあ俺は裏賭博にでも身を置くとしよう。両親には世俗に見切りをつけたと…」

和「違いますって言ってますよね!?私が悪かったですからぁっ!!」

京太郎「で、なんすかさっきのは」

和「あの、言葉の通りというか」

和「須賀くん。あんまり麻雀を打ってませんよね」

京太郎「失礼な。ちゃんとネト麻とかしてるぞ」

和「でもそれは、麻雀部じゃなくてもできますよね?」

京太郎「…」

和「私が聞きたいのは、なんで雑用係という損を一手に引き受けてるのかということです」

京太郎「…」

和「…咲さんのためですか?」

京太郎「…まぁな」

和「幼馴染みだから、ですか」

京太郎「まさか。そんだけで引き受けてやるほど俺は優しくねぇよ」>>

和「…じゃあ、好きだからですか」

京太郎「知らん」

京太郎「まぁ、あいつ、コミュ症だろ?」

和「コミュ症って…」

京太郎「だいたいあってるってやつだ」

京太郎「そんなあいつがはじめて自分からやりたいって言ったんだ」

京太郎「それを聞いて、腰をあげないほど薄情でもないつもりだぜ?俺は」

和「…分かりました」

和「やっぱり幼馴染みってすごいですね」

京太郎「…別に、幼馴染みじゃないといけないって訳じゃないだろ」

京太郎「和が困ったら、とりあえず手を貸すよ」

京太郎「そんじゃな」



和「本当に、ずるいな」


カンッ!!