豊音「もう、京太郎くんのバカ!」

京太郎「な、バカって言う方がバカなんですよ!」

 ケンケンガクガク!

洋榎「おいおい、どないしたんや」

京太郎「あ、愛宕先輩」

豊音「京太郎くんのバーカ!」←周りが見えていない

洋榎「なんや?あんたらが喧嘩するなんて珍しいな、何があったん?」

京太郎「それがですね、聞いてくださいよ」

豊音「京太郎くんが分からず屋なんだもん!」

京太郎「な、豊音の方が分からず屋だろ!」

洋榎「?」

豊音「私の方が京太郎くんの事、ずーっとずーーーっと好きなのに!」

京太郎「ふざけんな!俺の方が豊音の事をその倍は愛してるつーの!」

豊音「私なんか、地球上の誰よりも京太郎くんの事を好きだもん!」

京太郎「はぁ?俺なんて宇宙で一番豊音の事を愛してますけど?それが何か?」

豊音「ううっ!京太郎くんの意地悪っ!」

京太郎「豊音が素直じゃないだけだろ!」

「「洋榎さん(ちゃん)、どう思います(うかな)?」」

洋榎「……蹴られてまえ」ボソッ

京「はい?」豊「うん?」

洋榎「二人とも馬に蹴られて死んでしまええええええ!」ダッ

京太郎「え?洋榎さん!?」
豊音「洋榎ちゃん、どうしたの???」

京太郎「なんだったんだ?急に走り出しちゃって」

豊音「さあ?わかんないな~?」

京太郎「(なんか喉渇いたな)……お姫様、ティータイムに致しませんか?」

豊音「え、お、お姫様///」

京太郎「おいやですか?」キラッ

豊音「ううん…………行くよ///」ダキッ

京太郎「なあ、そんな思いっきり腕を組まれると歩き難いんだが」

豊音「やだやだ、離さないもん♪」

京太郎「やれやれ……まあ、豊音に抱きつかれるのは嬉しいけどさ」

豊音「//////」ボンッ







洋榎「……ううっ、ウチは泣いてなんかない。ウチは強い子やから、泣いてなんかないんや」グスッグスッ


終り