露天風呂。混浴風呂。阿知賀のみんなと行って、あわよくば誰か…なんてことを考えなかったわけじゃない。

ガラガラと戸を開く音が聞こえた時に、岩の影に隠れてしまったのは…理由は分からない。罪悪感、羞恥心、スケベ心?

もしあの時飛び出していたら、俺は、知らなくて済んだんだろうか。


湯気の向こうに二人の影。柔らかいシルエットは女性のもので、薄い靄の向こうでも、特徴的な色合いの髪。

そんな二人を判定できる極めつけは……やっぱり、声だろう。

「おねーちゃん! 見て、貸切だよ!」

「うん…すっごくあったかそうなお風呂…」

元気な声の妹と、落ち着いた声の姉。温泉に縁深い二人がここに来たことに、なんだか少し笑いそうになる。

しっかし…見えそうで、見えないってのがいいよな。心の瞳で未来を見てみようってなもんだ。

ここで二人の行動が分かれるのも面白い。妹のほうは髪まできっちり洗いだして、姉の方は軽く体を洗うと温泉へと体を沈ませる。

いや…距離的に細部は全然見えないんだけど。岩が遠すぎるぜ…

「ねー、おねーちゃん」

「ふあー…なあに…?」

キュッ、と。水栓の閉まる音が、酷く大きく温泉に響いく。

冷たい、冷たい音を立てて。

「――京太郎くんのこと、好きなんだよね」

固くて冷たい声が、温泉を叩くように響いて、消えた。

二人がどんな顔をしてるかなんて、俺からは窺うことはできない。ただ、笑いあっている雰囲気じゃない事だけは分かる。

出ることもできず、俺はただ岩の影から二人の会話を聞くだけしかできなくて。

張りつめる空気を変えることも、千切れそうな絆を結びとめることもできなくて。

「……」

「おねーちゃん、京太郎くんにジュースお酌したり、スリッパ整えたりしてたよね」

「…いつものクセだよ」

…俺も、そう思ってた。思おうとしてた。

昨日の晩に隣でジュースの瓶を傾けてくれたことも、浴衣の裾を押さえながらスリッパを足元に運んでくれたことも。

「嘘だよね。それ、おねーちゃんの仕事じゃないもん」

黒い髪を濡らしたままで伏せた顔。上げることなく紡がれる言葉は、なぜか、明るい色を帯びていて。

「なんだかおねーちゃん、積極的になったねー」

「……うん」

「あは、おねーちゃん」

「なに…?」

息が、止まる。

洗面器に並々注がれた水がひっくり返る。そうなると当然、入っていたものは、落ちるに決まってる。

そう――姉の真上から、冷水が音を立てて落ちるのは当然のことで。

「……なに積極的になってるの?」

「おねーちゃんはいつもみたいに、引きこもって何もしなくていいんだよ」

「指を咥えて見てればいいの。昔、麻雀教室の時だってそうだったんでしょ?」

「水でも被って反省してね…それじゃ、私、もう出るから」

唾を飲むことも、息を呑むこともできなくて。

ただ、妹のほうが迷いなく出口へと歩いていくのを、湯煙越しに見つめる事しかできなかった。

一人残された姉のほうも俯いて、前髪からはポタポタと水を落としている。

俺の中にはもう、岩から出るとか、そんな考えは全くなくて。ただここから出て行ってほしい、その思いだけが積もり積もっていく。

「……なにが」

不意に、嫌になるほどの静けさを破る声が聞こえた。

「自分に自信が無いから…そんなこと、するんだよね…」

「私には勝てないから、陰険で、馬鹿みたいなことして…」

「……つまんない子」

「でも…あんなのでも、妹だもん…」

ゆっくりと上がったその顔は。

「いいよ…アプローチでもなんでもすれば…」

「その後で、ゆっくり貰うから…くすっ」

湯煙の中で、確かに笑っていた。



カンッ